現在開催中のセール・クーポン情報はこちら!

【どれを買うべき?】Element3Dのバンドル製品を徹底比較!おすすめは「3D Light Bundle」

記事内に広告を含む場合があります

こんにちわ!
3D・映像編集者 & オンライン講師のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Element3Dのバンドル製品の話!
バンドル製品とはいろんな製品がセットになったものの事ですね。

あなた
あなた

Element3Dを買おうと思っているけど、種類が多くてどれを買えばいいかわからない。。。

こんな人のためにこの記事をかきました。
タイトルにもあるとおり、僕は3D Light Bundleを1番おすすめします。

理由や他のバンドルとの比較など、まとめていきますね!

この記事を書いた人

デリュージョン飯塚

  • 3Dアーティスト・講師
  • 映像編集者
  • YouTuber
  • ブロガー・Web製作者

Twitter

3Dアート

IzukaEffects

ドラクエ

Game

お笑い

それではいきましょう!

MEMO

本記事の表記価格は為替レートによって多少変動します。

結論:3Dライトバンドルがおすすめ

引用元:Toolfarm.com

冒頭でも述べましたが、3D Light Bundleが1番おすすめです。

Element3Dを単体で買おうとしている人にも「ちょっとまった!」と言いたい。
3D Light Bundleに収録されている「Pro Shaders 2」「BackLight」はいずれ購入する製品だと思います。
どんな人でも確実に使うので。


この2つは汎用性が非常に高いです。

飯塚
飯塚

次で全Element3Dバンドル製品の比較を見ていきましょう!

Element3Dのバンドル製品を比較

主なElement3Dのバンドル製品は上記のとおり5つ。

比較表

収録内容をまとめた表がこちら
※価格は最安値のショップのものを表記。また、価格は為替によって多少前後します。

 ULTRA STUDIO
Bundle
Motion Design
Bundle
3D Light
Bundle
3D Shader
Bundle
3D Architecture
Bundle
Element3D
Pro Shader 2
BackLight--
Motion Design 2---
Metropolitan---
JetStrike----
Flight Kit----
MotionPulse
Black Box
----
Shockwave----
価格$664.95
(約89,800円)
$332.45
(約44,900円)
$$284.95
(約38,500円)
$237.45
(約32,100円)
$284.95
(約38,500円)
単品で買うより
これだけお得
約50,000円約20,000円約15,000円約8,000円約18,000円
比較表
※「単品で買うよりこれだけお得」は為替レートによって変わるので目安です。

収録数が多いほど、割引額は高くなります。
よって、単品でそれぞれを買うよりはお得にはなる。

とはいえ、買っても使わないものが多かったら意味がないですもんね!






それぞれの製品のレビュー記事もあるので、ぜひご参考ください。
Flight Kitだけまだ書けておらずすみません!

飯塚
それではバンドル製品に対する僕の感想を、1つ1つ書いていきます!

ULTRA STUDIO Bundle


ULTRA STUDIO Bundle
全部入りのモリモリパック。
それぞれ個別に買うよりも約50,000円はお得!なので長い目で見れば節約できますが、なかなか最初から手を出すのは怖いですよね笑

個人的にはいきなりこれを買うのはあまりおすすめしません。
お金もあるし今後Element3Dはバシバシ使う予定なのだ!という人は買っても良いかと思いますが!

飯塚
僕はなんだかんだ全ての製品を揃えたのですが、最初にこれを買っておけばよかった・・・とはあまりなってないです笑

Motion Design Bundle

Motion Design Bundle
Motion Design 2を買うつもりの方ならこれはおすすめ。
前述した「Pro Shaders 2」「BackLight」も収録されています。

ただ、ぶっちゃけそこまでMotion Design 2のモデルを使う機会はないかなぁ。

3D Light Bundle

3D Light Bundle
Element3Dと「Pro Shaders 2」「BackLight」がセットの製品ですね。
再度になりますが、これが僕の1番おすすめのバンドルです。

「Pro Shaders 2」「BackLight」は今後高確率で購入することになるかと。
マテリアルとライトはElement3Dをやる上で、必須中の必須なんですよ!
それぐらい汎用性が高く、どんな人でも使うものだと思います!

Element3Dを単体で購入して使ってると、
「あれ?マテリアルとHDRIライトがないと作業の幅が広がらないぞ?
Pro ShadersとBackLightも一緒に買っておけばよかった!汗」

とかなりの人がなると思います。というかなってる人をたくさん見ました笑

飯塚
ぜひレビュー記事をご参考ください!

3D Shader Bundle

3D Shader Bundle
Element3Dと「Pro Shaders 2」がセットの製品。
2番目におすすめなのはこれかな。

3D Light Bundleとの違いは、「BackLight」がないこと。
HDRI(環境マップ)にはそこまでこだわらないよ!という方はこっちでもいいかも。

・・・とは言っても3Dに詳しくない人だったら、そんなことわかんないですよね^^;笑
なので単純に3D Light Bundleはちょっと予算超えてるわ!って方はこっちを選びましょう!

3D Architecture Bundle

3D Architecture Bundle


Element3Dと「Pro Shaders 2」「Metropolitan Pack」がセットの製品。
こちらも明確に「Metropolitan Pack」がほしい!という方ならアリ。

最も安く買う方法


先ほどからリンクを載せていますが、Toolfarmというサイトからの購入がベスト。
以下、Element3D(単品)の価格表ですが

販売サイト(商品リンク)料金
フラッシュバックジャパン36,300 円
Video Copilot$199.95(約29,000円)
Toolfarm$189.95(約27,500円)
※クーポンでさらに5%OFF
Element3D価格表
※※価格は為替によって今後多少変動する可能性があります。

Toolfarmが最安値ですね。

フラッシュバックジャパンの20%OFFセール時を考慮しても1番安い。
もちろん、バンドル製品もToolfarmが1番安いという結果です。
ULTRA STUDIO Bundle
Motion Design Bundle
3D Light Bundle
3D Shader Bundle
3D Architecture Bundle

さらに、Toolfarmでは下記クーポンでもっとお安く購入できます。

2024年6月14日 速報

Toolfarmでは現在5%OFFクーポンが使用可能です!
もともと安いToolfarmでさらに安くなるのはありがたい。ぜひご活用ください。


クーポンコード:MYCART


チェックアウト or カートのページの右下にクーポンコードを打ち込む箇所があります。
ここにMYCARTと入力し、「APPLY」をクリック

「Saving」と表示されればクーポンコードの割引が適用されています。
※上記はMaxon Oneの購入例


※注意

  • クーポンは予告なく終了する可能性があります。ぜひ使えるうちにお早めにどうぞ。
  • クーポンはほとんどの製品で使えますが、中には使えない製品もありますのでご了承ください。(「aescripts社」等)
  • 公式サイトから購入する場合と製品に差はないのでご安心ください。
飯塚
飯塚

余談ですが、Toolfarmで購入するとセール情報やお得なクーポンがメールで届くようになるので、今後もかなり役に立ちますよ。

※もちろんいつでも購読解除可能です。

2024年6月14日 セール速報

年に一度のaescripts社製品のサマーセールが開催!

Week15/6 ~ 10
Week26/10 ~14
Week37/8 ~ 12
Week48/5 ~ 9
※日時は海外基準なので多少ズレる可能性あり

欲しいプラグイン・スクリプトがある場合は今が買い時です!

※詳細ページは開催期間に公開されます。

【余談】マテリアルを安く揃えたい方へ

「Pro Shaders 2」の10000円は高すぎる!という方は、本ブログで販売しているマテリアルパックもぜひご検討ください。
コスパは最強です。

2024年6月14日 速報

本ブログで販売中のElement3Dのマテリアルパック、「E3D-IzukaMaterialPack」は
期間限定セール中です。


2000円1500円


※セールは個数限定で行っています。
在庫がなくなり次第セールは終了いたしますので、ぜひお早めに。



»「E3D-IzukaMaterialPack」購入ページへ
※在庫がない場合は「現在購入できません」と表示されます。

Element3D完全ガイド

Element3Dについてもっと知りたい方はぜひ上記記事をご覧になってください。

  • 使い方
  • 作品例
  • Element3D用のモデル、マテリアルなどのレビュー
  • 価格・最も安く買う方法
  • インストール方法
  • おすすめのバンドル

などなど、Element3Dに関する全ての情報をまとめています。
※本記事の内容も含む。

Element3Dを何年も使いたおしている僕がわかりやすくまとめましたので、
ぜひ一度覗いてみてくださいね!

まとめ

  • 3D Light Bundleが1番おすすめ
  • なぜなら「Pro Shader 2」と「Back Light」は汎用性が抜群だから。
  • 安く買うならToolfarm1択

Element3Dのバンドル製品でどれを買えばいいのかわからなかった方、参考になったでしょうか!
ぜひ個別製品のレビュー記事も参考にしてくださいね!

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。

Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

それでは!デリュージョン飯塚でした。


2024年6月14日 追記
ここまで読んでいただいたお礼として、本ブログのオンラインショップ(講座)で使える
特別クーポンをお贈りいたします。

クーポンコード:blog10off
割引率:10%OFF

以下のショップで使う事が可能です。

»IzukaEffects-Online
クーポンは数量限定(5個)です。
先着人数に達した場合、「クーポンは有効ではありません」と表示されますのでご注意ください。
TurbulenceFD、World Creatorは提携商品のため使用不可となっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です