【どれを買うべき?】Element3Dのバンドル製品を徹底比較!おすすめは「3D Light Bundle」

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Element3Dのバンドル製品の話!
バンドル製品とはいろんな製品がセットになったものの事ですね。

あなた

Element3Dを買おうと思っているけど、種類が多くてどれを買えばいいかわからない。。。

こんな人のためにこの記事をかきました。
タイトルにもあるとおり、僕は3D Light Bundleを1番おすすめします。

理由や他のバンドルとの比較など、まとめていきますね!

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきましょう!

結論:3Dライトバンドルがおすすめ

引用元:Toolfarm.com

冒頭でも述べましたが、3D Light Bundleが1番おすすめです。

Element3Dを単体で買おうとしている人にも「ちょっとまった!」と言いたい。
3D Light Bundleに収録されている「Pro Shaders 2」「BackLight」はどんな人でも確実に使うので。

【Element3D】約300種類のマテリアルパック!「Pro Shaders 2」徹底レビュー!【Video Copilot】 【Element3D】「BackLight」レビュー! HDRI(環境マップ)を揃えよう【Video Copilot】 この2つは汎用性が非常に高いです。

飯塚
次で全Element3Dバンドル製品の比較を見ていきましょう!

Element3Dのバンドル製品を比較

主なElement3Dのバンドル製品は上記のとおり5つ。

比較表

収録内容をまとめた表がこちら

ULTRA STUDIO
Bundle
Motion Design
Bundle
3D Light
Bundle
3D Shader
Bundle
3D Architecture
Bundle
Element3D
Pro Shader 2
BackLight - -
Motion Design 2 - - -
Metropolitan - - -
JetStrike - - - -
Flight Kit - - - -
MotionPulse
Black Box
- - - -
Shockwave - - - -
価格 $664.95
(約73,000円)
$332.45
(約36,500円)
$299.95
(約32,900円)
$249.95
($27,400円)
$299.95
(約32,900円)
単品で買うより
これだけお得
約40,000円 約16,000円 約11,000円 約5,000円 約13,500円

収録数が多いほど、割引額は高くなります。
よって、単品でそれぞれを買うよりはお得にはなる。

とはいえ、買っても使わないものが多かったら意味がないですもんね!






【保存版】Element3D情報まとめ 使い方・レビュー・最安値情報など【20記事以上】 【Element3D】約300種類のマテリアルパック!「Pro Shaders 2」徹底レビュー!【Video Copilot】 【Element3D】「BackLight」レビュー! HDRI(環境マップ)を揃えよう【Video Copilot】 【Element3D】ビルのモデルパック!「Metropolitan 3D Buildings Pack」レビュー!【Video Copilot】 【AfterEffects】Element3Dのモデルパック「Motion Design Pack 2」レビュー!最安値情報も【Video Copilot】 【Element3D】飛行機のモデル集「JetStrike Model Pack」徹底レビュー!【Video Copilot】 【Video Copilot】2000種類の効果音!「MotionPulse Black Box」レビュー 【Video Copilot】爆破系素材集!Shockwaveを徹底レビュー!安く買う方法や作品例も それぞれの製品のレビュー記事もあるので、ぜひご参考ください。
Flight Kitだけまだ書けておらずすみません!

飯塚
それではバンドル製品に対する僕の感想を、1つ1つ書いていきます!

ULTRA STUDIO Bundle


全部入りのモリモリパック。
それぞれ個別に買うよりも40000円もお得!なので長い目で見れば節約できますが、なかなか最初から手を出すのは怖いですよね笑

個人的にはいきなりこれを買うのはあまりおすすめしません。
お金もあるし今後Element3Dはバシバシ使う予定なのだ!という人は買っても良いかと思いますが!

飯塚
僕はなんだかんだ全ての製品を揃えたのですが、最初にこれを買っておけばよかった・・・とはあまりなってないです笑

Motion Design Bundle

引用元:Toolfarm.com

Motion Design 2を買うつもりの方ならこれはおすすめ。
前述した「Pro Shaders 2」「BackLight」も収録されています。

ただ、ぶっちゃけそこまでMotion Design 2のモデルを使う機会はないかなぁ。

3D Light Bundle

引用元:Toolfarm.com

Element3Dと「Pro Shaders 2」「BackLight」がセットの製品ですね。
再度になりますが、これが僕の1番おすすめのバンドルです。

「Pro Shaders 2」「BackLight」は今後高確率で購入することになると思います。
特に、「Pro Shaders 2」は、今後ほぼ100%買うことになると言っても過言ではないはず。

それぐらい汎用性が高く、どんな人でも使うものだと思います!

飯塚
ぜひレビュー記事をご参考ください!

3D Shader Bundle

引用元:Toolfarm.com

Element3Dと「Pro Shaders 2」がセットの製品。
2番目におすすめなのはこれかな。

3D Light Bundleとの違いは、「BackLight」がないこと。
HDRI(環境マップ)にはそこまでこだわらないよ!という方はこっちでもいいかも。

・・・とは言っても3Dに詳しくない人だったら、そんなことわかんないですよね^^;笑
なので単純に3D Light Bundleはちょっと予算超えてるわ!って方はこっちを選びましょう!

3D Architecture Bundle

引用元:Toolfarm.com

Element3Dと「Pro Shaders 2」「Metropolitan Pack」がセットの製品。

こちらも明確に「Metropolitan Pack」がほしい!という方ならアリ。

最も安く買う方法


先ほどからリンクを載せていますが、Toolfarmというサイトからの購入がベスト。

以下、Element3D(単品)の価格表ですが

販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 28,600 円
Video Copilot 199.95 $(約22,165
Toolfarm 189.95 $(約21,056 円)

 

フラッシュバックジャパンの25%OFFセール時を考慮しても1番安い。
もちろん、バンドル製品もToolfarmが1番安いという結果です。

速報
Toolfarm様より5%OFFクーポンを発行していただきました!
もともと安いToolfarmでさらに安くなるのはありがたい。ぜひご活用ください。
クーポンコード:HIGHFIVE



チェックアウト or カートのページの右下にクーポンコードを打ち込む箇所があります。
ここにHIGHFIVEと入力し、APPLYをクリック








「Saving」と表示されればクーポンコードの割引が適用されます。

※注意
  • クーポンコードは数量限定です。一定の販売数に達しますと、予告なく終了するとの事。ぜひお早めに。
  • クーポンはほとんどの製品で使えますが、「aescripts社」の製品には使えませんのでご了承ください。
  • 飯塚
    Toolfarmは他の製品も割安です。
    クーポンを使えばさらにお買い得になるのでぜひご活用ください!

    まとめ


    • 3D Light Bundleが1番おすすめ
    • なぜなら「Pro Shader 2」と「Back Light」は汎用性が抜群だから。
    • 安く買うならToolfarm1択
    Element3Dのバンドル製品でどれを買えばいいのかわからなかった方、参考になったでしょうか!
    ぜひ個別製品のレビュー記事も参考にしてくださいね!

    それでは今回の記事は以上です。
    このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
    映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



    Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
    フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

    ※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
    【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

    それでは!デリュージョン飯塚でした。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です