【After Effects】レンダリングが遅いなら「BG Renderer MAX」【設定と使い方を解説】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!レンダリング速度を改善する「BG Renderer MAX」を紹介。

この記事はこんな人におすすめ
  • レンダリングが遅いと感じている
  • BG Renderer MAXの使い方が知りたい
  • BG Renderer MAXを安く買う方法
この「BG Renderer MAX」を使うとレンダリング速度が3倍ぐらい早くなります。

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

詳しい使い方を解説しますね。

それではいきましょう!

MEMO
英語表記ですが、「BG Renderer MAX」公式ヘルプに詳しい使い方が掲載されています。

「BG Renderer MAX」とは


「BG Renderer MAX」はバックグラウンドで高速レンダリングを実現するAfter Effectsのエクステンションです。
PCや環境にもよりますが、レンダリング速度は3倍ぐらいにはなります。

また、mp4書き出しができるようになったりと、色々便利なツールです。

飯塚
それでは使い方を見ていきましょう。

「BG Renderer MAX」の使い方

Render Settings(レンダー設定)


BG Renderer MAXのパネルはこんな感じ。
「BG Render」というボタンを押すと、レンダリングが開始されます。

基本的には
レンダーキューに追加 → 「BG Render」ボタンクリックでレンダリング開始
という使い方になると思います。

その前に設定をしましょう。
歯車のマークをクリック。







Render Settingsタブから見ていきましょう。







「Render folder」は保存先を示します。

As in render queue レンダーキューで設定した場所
Project folder aepプロジェクトがある場所
Custom 任意の場所

この辺はお好みで。







「What to render」は何をレンダリングするのかを示します。

Only render queue 現在レンダーキューにあるコンポジションのみレンダリング
Add to RQ and render 「アクティブなコンポジション」または「プロジェクトパネルで選択したコンポジション」をレンダーキューに追加してレンダリング
Only active or selected 「Add to RQ and render」と同じ設定ですが、追加の際にレンダーキューを全て削除してから追加します。

2番目と3番目がややこしいですが、レンダーキューを全部削除してから追加するのかの違いです。
混乱しないためにも今レンダーキューにあるコンポジションのみをレンダリングする、
「Only render queue」を推奨します。







「Render queue handling」と「Post-Render actions order」
についてはデフォルトのままでOKです。

飯塚
レンダリング終了時の処理や、レンダリング後アクション(メールで通知したりできる機能の事)の順序を設定できる場所です。

「Play render sound」はレンダリング完成時に音を鳴らすかどうかの設定。
ここはどちらでもOKです笑







お次は「Multiprocessing」
ここにチェックを入れないと、レンダリングが遅い問題は解決できないのでチェック必須。

チェックをいれたら、上部に「同時に処理するレンダリングスレッドの数」の設定欄がでてきます。
ここを「2 ~ 4」にしましょう。
僕は割とスペックの高いPCを使っているので「4」にしていますが、最初から高くしすぎるとフリーズの恐れがあるので
まずは2から試していいと思います。







「Sequence file format」はシーケンスのファイル形式を示します。
JPGやPNGなどありますが、僕は「As in render queue」にして、レンダーキューの設定と同じにしています。

「Sequence handling」はシーケンス処理の設定ですが、デフォルトでOKです。







音声ファイルがあり、mp4で書き出したい場合は
「Keep audio」と「Compile video file」にチェックを入れましょう。

「Compile video file」は「普通のレンダリングをした後に、追加でmp4のような別ファイルも作りますか?」と聞かれている箇所。
なのでここにチェックを入れると、シーケンスとmp4ファイルの2つが作成されることになりますね。

Render presetで「H.264」を選べばmp4ファイルで書き出せます。

mp4ファイルを特定のフォルダに入れたい場合は「Save compiled video a custom folder」にチェック。
チェックを入れなかったらシーケンスと同じ場所に保存されます。

シーケンスのほうは不要だよ、と言う方は「Remove sequence files after compile」にチェックを入れましょう。

Post Render(レンダリング後のアクション)


Post Renderタブではレンダリング後のアクションを設定できます。
終了通知をメールで送ったりできる感じですね。

僕は使ったことないですが、レンダリング中に席を外したい方には使えるのかなと。

僕の設定を紹介【具体例】


設定項目が多くてややこしかったかもしれないので、具体例として僕の設定を紹介するとこんな感じです。

mp4で書き出すことが多いので、「Keep audio」と「Compile video file」にはチェックを入れてますね。
もちろん映像のみの時はチェックを外します。

飯塚
ぜひご参考ください。

レンダリング速度比較


こちらの動画のレンダリング時間を比較しました。
エフェクトを割と使っており、そこそこ重たいコンポジションです。
飯塚
ちなみにこれは、僕が運営しているお笑いチャンネルの動画です
レンダリング方法 レンダリング時間
通常のレンダリング 8分55秒
BG Renderer MAX 3分15秒

比較結果はこちら。
BG Renderer MAXを使うと約3倍ぐらいは早くなっていますね。
重たいコンポジションや長めの動画だと、さらに効果を実感できると思います。







Hiden LAB / 河原秀樹 様のチャンネルでも、RenderGardenというものを加えて同様の比較を行っています。
やはり3倍ぐらいは早くなっているようですね。

使用上の注意

BG Renderer MAXでレンダリング中は他のソフトを落としておきましょう。
バックグラウンドでレンダリングできるという強みはありますが、他のソフトを操作していると効果が薄れますし、落ちてしまうかもしれません。

飯塚
レンダリング中は何もしないように!

最も安く買う方法


BG Renderer MAXはToolfarmか、aescriptsで買うのが1番安いです

購入サイトはフラッシュバックジャパン、aescriptsToolfarmの3択になるかと思いますが

販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 10,120 円
aescripts 69.99 $(約7,690 円)
Toolfarm 69.99 $(約7,690 円)

料金を見るとaescriptsとToolfarmがお得
フラッシュバックジャパンはたまにセールをやっていますが、それを考慮してもaescriptsやToolfarmの方が安いので
セールを待つ必要もありません。

aescriptsとToolfarmのどちらが良いかは・・・好みですね笑
管理のしやすさに大差はないので、これまでどっちで買ってきたかで決めてもいいと思います。

飯塚
Toolfarmはプラグインを買う場合かなり安いので、プラグイン購入の際はおすすめです。

まとめ


  • BG Renderer MAXでレンダリングが遅い問題を解決!
  • 買うならaescriptsとToolfarmが安くておすすめ。
»BG Renderer MAX

レンダリングが遅いと時間を無駄にしてしまいますよね。
そんなに高くないプラグインなので、ぜひ検討してみてください。

僕は買ってよかったと思っています!
レンダリングの待ち時間が減ったし、mp4ファイルで書き出せるのもありがたいですし。

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です