【Cinema4D】初心者向けRedshiftノード解説 – 「RS Texture」の使い方

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!初心者向けRedshiftノード解説シリーズ!
本記事では「RS Texture」ノードの解説します。

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきます。

注意
本記事は超初心者向けの記事です。
全ての項目は解説せず、よく使う項目のみを抜粋して解説します。

「RS Texture」ノードの解説

「RS Texture」ノードとは?



「RS Texture」ノードとはいわゆるフッテージを読み込んで使うノードです。
Nodes → Texturesの中にあります。








General → Path
から画像や動画ファイルのパスを指定し読み込みます。

MEMO
ノード編集のウィンドウに、画像や動画を直接ドラッグ&ドロップでもOK
飯塚
それでは具体的な使い道を見ていきましょう

具体的な使い方



上記のようにMaterialのDiffuse Colorに接続して、画像をモデルに表示させたり、








上記のような傷のテクスチャを読み込み、








MaterialのBump Imputに接続して凹凸を作ったりするのに用います。

飯塚
こちらのほうが主流かもしれません








テクスチャのサイズを変えたい時は「Remap」のScaleで調節しましょう!








また、テクスチャの白黒度合いを変えたい時は、「Rs Ramp」ノードを介入させてリマップすることもよくやりますね!

初心者がまず覚えるべきRedshiftノード 10選

【日本語解説】初心者がまず覚えるべきRedshiftノード 10選【Cinema4D】 初心者がまず覚えるべきRedshiftを10個まとめました。
勉強中の方はぜひご参考ください。

まとめ


  • 「RS Texture」ノードの使い方を解説
  • Redshiftを今後本気でやるなら、まずは「基礎」を固めよう。
画像や動画を扱うノードの紹介でした。
いろんなチュートリアルで頻繁にでてくるのでおさえておきましょう!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にもCinema4Dのチップスをたくさん載せています。

Cinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です