【無料版あり】1000種類以上!Motion SquaredのRedshiftマテリアルパックをレビュー【使い方・Cinema4D】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!1000種類以上のRedshiftマテリアルが収録されている、Motion Squaredの
「Redshift Material Packs Bundle for Cinema 4D」
をレビュー!

この記事はこんな人におすすめ
  • Redshiftのマテリアルが欲しい人
  • Redshiftを最近インストールした人
  • 作業の効率化をしたい人

Redshiftマテリアルの設定って、最初はかなり難しいですよね。
なので最初のうちはマテリアルパックを活用するのがオススメです。

「Redshiftインストールしたのはいいけど、マテリアル全然作れないー!」
という状態から解放されます。

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

実際に購入した僕が内容をレビューしていきますね!

それではいきましょう!

Motion SquaredのRedshiftマテリアルパックレビュー

1000種類以上のRedshiftマテリアルが収録


「Redshift Material Packs Bundle for Cinema 4D」の魅力的な所は、1000種類という膨大な数のマテリアルが収録されている点。
収録内容は以下のとおり

全種類個別でも販売中ですが、個別で買うより全部入りセットの「Redshift Material Packs Bundle for Cinema 4D」を買う方がお得です。






テクスチャは全て4K素材ですので、非常に精巧な質感を加えることができます。







全てRedshiftマテリアルとして適用されますので、もちろん後からノード編集も可能です。
今後使いこなせるようになったら、自分好みに手を加えてみましょう。

飯塚
僕自身、そのまま使用することもあれば、調整をすることもあります。

コンテンツブラウザ・アセットブラウザから適用可能

先ほども少しお見せしましたが、マテリアルはコンテンツブラウザ、アセットブラウザから簡単に適用可能です。
使いたい時にいつでも使えます。

飯塚
のちほど使い方は説明します。

料金が安い


1000種類以上のマテリアルが収録されているのにもかかわらず、料金が安いです。
通常は350$(約38400円)で、セール中なら149$(約16400円)

16400円で時短できると考えたらかなり安い。
セールでは半額以上安くなるので、もしもセール中なら早めに買っておくことをおすすめします。

インストール方法・使い方

インストール方法と使い方については、購入時に同梱されている
「How To Instal.mp4」
を見ればわかるのですが、一応ここでも書いておきます。


まずダウンロードしたフォルダから「.lib4d」形式のファイルを以下のフォルダにコピー

フォルダパス
C:\Program Files\Maxon Cinema 4D R24\library\browser
R24の部分はお使いのバージョンによって異なります。

次に、テクスチャのパスをCinema4Dで設定します。
マテリアルではテクスチャの画像ファイルを使用するので、その画像ファイルが入っているフォルダをCinema4Dに教えてあげないといけないのです。







一般設定(Ctrl + E) → ファイル → ファイルアセット → フォルダを追加
から、マテリアルのテクスチャが入ったフォルダを指定します。

テクスチャのフォルダはダウンロードしたフォルダの中に「Textures」というフォルダがあるのですぐわかると思います。

これで準備はOK







コンテンツブラウザを開いて、「プリセット」を開くとマテリアルがインストールされているかと思います。







S24から登場したアセットブラウザへ登録する場合は
右クリック → アセットに変換







デフォルトのままで「OK」をクリックすればアセットブラウザへインストールが始まります。







インストールが無事終わったら、アセットブラウザ → Converted
のフォルダを確認してください。







あとは任意のモデルにドラッグ&ドロップで適用するだけ!
簡単ですね!

まずは無料版から


割安のマテリアルとはいえ、いきなり購入するのは気が引けるかもしれませんので
まずは無料版から試してみてはいかがでしょうか。







「Redshift Material Packs Bundle for Cinema 4D」
上記リンクにアクセスし、下の方にスクロールしていくと「DOWNLOAD SAMPLE PACK」とありますので、そちらからダウンロードできます。

まとめ


いかがだったでしょうか。
とりあえずRedshiftをインストールしたら、とりあえず買っておきたい製品の1つですね。

割と使いこなせるようになった今でも、重宝しております。
ぱぱっとマテリアルを適用できて便利です。

今回紹介した「Redshift Material Packs Bundle for Cinema 4D」に車のマテリアルを追加した、The Redshift Suiteもおすすめなのでぜひ覗いてみてください。

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にもCinema4Dのチップスをたくさん載せています。

Cinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です