【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【限定クーポン有】INSYDIUM Fusedを最も安く買う方法!セール情報も【Cinema4D,X-PARTICLES】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!INSYDIUM Fusedを最も安く買う方法について!
映像系のプラグインは購入場所によって値段がかなり変わってくるので、安く買える方法をおさえておきましょう!








INSYDIUM Fusedは上記の値段で購入が可能。
公式サイトから買うと、約10,000円は損してしまうのでご注意を!

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

INSYDIUM Fusedを最も安く買う方法



Toolfarmでの購入が最安値です。

まず、INSYDIUM Fusedの購入は公式HPToolfarmの2択になります。
永続ライセンスの価格表を比較してみると、

INSYDIUM Fusedの価格表(永続ライセンス)
販売サイト(商品リンク) 料金
公式サイト $972.4(約111,500円)
Toolfarm $940.50(約108,000円)

料金を見るとToolfarmがかなりお得ですね。

さらに!Toolfarmが発行してくれた下記の5%OFFクーポンを適用すると、
$893.47(約102,500円)で購入可能。

2022年9月30日 速報
Toolfarmでは現在5%OFFクーポンが使用可能です!
もともと安いToolfarmでさらに安くなるのはありがたい。ぜひご活用ください。
クーポンコード:MYCART



チェックアウト or カートのページの右下にクーポンコードを打ち込む箇所があります。
ここにMYCARTと入力し、APPLYをクリック








「Saving」と表示されればクーポンコードの割引が適用されます。

※注意
  • クーポンは予告なく終了する可能性があります。ぜひ使えるうちにお早めにどうぞ。
  • クーポンはほとんどの製品で使えますが、「aescripts社」の製品には使えませんのでご了承ください。
  • 公式サイトから購入する場合と製品に差はないのでご安心ください。
  • 公式サイトで買うよりも約10000円は安いという結果に。
    現状はこの買い方が1番安いですね。

    永続ライセンス以外の、サブスクリプションも同様にToolfarmでの購入が最安値です。

    飯塚
    Toolfarmはプラグインをかなり安く買えるので、プラグイン購入の際はおすすめです。

    X-PARTICLESを単体で買うことはできない?



    2022年1月現在、X-PARTICLESを単体で買うことはできません。

    本記事でも紹介している、INSYDIUM Fusedという全部入りパックに統合される形となりました。
    なので、現状はX-PARTICLESを使うならINSYDIUM Fusedの購入が必須になります。

    飯塚
    昔はX-PARTICLES単体で同じぐらいの値段したので、お買い得になったんですよね。

    セール情報

    セールは年に一度あるかないか、と言った感じです。
    時期はブラックフライデーの時期。11月後半から12月前半あたりですね。

    20~40%ぐらいは安くなる印象。

    ただ、毎年必ずあるといったわけではないので注意。
    特に2021年が40%OFFだったので、2022年はどのぐらい割引になるのか、そもそも開催されるのか、なんとも言えませんね。。。

    飯塚
    今必要ではない人は待ってもいいかも。
    ただ、Toolfarmのクーポンもいつ無くなるかわからないので、今のうちに買っててもいいかも。

    まとめ


    • INSYDIUM FusedはToolfarmが最安値!
    • 現状、X-PARTICLESは単体購入ができない
    いかがだったでしょうか。
    3Dってほんとにお金がかかるので、安く買えるおさえられるところはおさえていきたいですよね。

    クーポンコードはいつなくなるかわからないので、ぜひお早めに!

    それでは今回の記事は以上です。
    このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

    特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
    なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
    » 他の「Cinema4D」の記事を見る




    Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
    フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

    ※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
    【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

    それでは!デリュージョン飯塚でした。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です