【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【Cinema4D】初心者向けRedshiftノード解説 – 「RS TriPlanar」の使い方

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!初心者向けRedshiftノード解説シリーズ!
本記事では「RS TriPlanar」ノードの解説します。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきます。

注意
本記事は超初心者向けの記事です。
全ての項目は解説せず、よく使う項目のみを抜粋して解説します。

「RS TriPlanar」ノードの解説

「RS TriPlanar」ノードとは?

「RS TriPlanar」ノードはX,Y,Z軸の3方向から投影するノードです。
"トライプラナー"と呼びます。

言葉だけじゃわかんないと思うので、実際に接続してみましょう。








Utilities → TriPlanar
を適用。








それを「RS Material」のDiffuse Colorに接続します。
マテリアルは球体モデルに適用しました。

するとモデルが真っ赤になりましたね。








ここでTriPlanarの「Same image on Each Axis」のチェックを外します。
すると何やら赤、青、緑の色が適用されました。








「RS TriPlanar」によって何が行われたかというと、それぞれの軸方向から色を投影したことになります。
"投影"と言う言葉がわかりにくいかもしれませんが、とりあえず色を変えていると思えばOKです。








Blend AmountやBlend Curveを調節すると
色の境界線を馴染ませることができます。








最初にチェックを外した「Same image on Each Axis」は何かというと、
「どの軸もImageXの色を投影する」といった設定です。

なのでチェックを入れるとImageXだけが有効になり、Y軸もZ軸も赤色を投影することになります。
よって全て同じ色になるんですね。

具体的な使い道

「RS TriPlanar」ノードが何者なのか、なんとなくわかったと思います。
じゃあいったいどんな時に使うのか。

それはずばり「継ぎ目を目立たせずにテクスチャを貼りたい時」です。








たとえばこの様なゾウのモデルに、








このようなテクスチャを適用させてみましょう。








Diffuse Colorに接続。
一見いい感じに見えますが、








逆側を見ると、継ぎ目が丸見えで良い状態とは言えません。
正しくUVマップを作成すれば防げる事ではありますが、割と難しいです。

こんな時にTriPlanarを使います。








「TextureノードのOut Color」を「RS TriPlanarのTexture > ImageX」に接続
「RS TriPlanarのOut Color」を「RS MaterialのDiffuse Color」に接続







そして、TriPlanarのBlendを調節します。








すると先程の継ぎ目は目立たなくなりました!
他の場所を見ても継ぎ目は見当たりません。

これはテクスチャを全軸方向から投影し、境界線をBlendでぼかしたことによる効果です。

飯塚
このようにテクスチャの継ぎ目が目立つなぁと思った時にぜひ使ってみてください!

初心者がまず覚えるべきRedshiftノード 10選

【日本語解説】初心者がまず覚えるべきRedshiftノード 10選【Cinema4D】 初心者がまず覚えるべきRedshiftを10個まとめました。
勉強中の方はぜひご参考ください。

【おしらせ】日本語でRedshiftの基礎をマスターできる講座をリリースしました。

おそらくこの記事を見ている人は、Redshiftを勉強中の方だと思います。

日本語のチュートリアルや記事が少なくて苦労していないでしょうか。
僕は英語がそこまで苦手ではないのですが、それでもやはり他言語での学習には骨が折れました。

【Cinema4D】Redshiftの使い方が学べるおすすめYouTubeチャンネル6選【初心者必見!】 もちろん、日本語のチュートリアル動画は探せばあります。(上記参照)
ただ、やはり数がとても少ない。

そして、どれもが「実践レベル」なんですよね。
実践動画は「基礎」を固めてからじゃないと、やってもあまり意味はありません。

無料のもので基礎を1から網羅しているものは、現状ほぼないです。
本ブログで全ての機能を網羅するのも難しいですしね。







そこで!日本語でRedshiftの基礎が一通り学べる講座
「Redshiftクルーズ」をリリースしました。








ライト、マテリアル、レンダリング方法などRedshiftの全てが詰まった講座で、
約70本、合計15時間の講義から成り、順番通りに受講するだけで習得が可能。

宣伝みたいになって申し訳ないですが、
「どの順番で学べば最も効率が良いか」をじっくりと精査して作成しましたので、
何から手をつけていいかわからない迷子状態から必ず解放できる自信があります。

飯塚
Redshiftの基礎学習はこれさえあればOK!

»Redshiftクルーズ
詳細は上記のURLからどうぞ!
講座は一部無料公開していますので、ぜひご体験ください!

2022年10月4日 速報
現在Redshiftクルーズでは、
8,000円OFFセールを実施中!
19,980円11,980円

お得に購入できるチャンスなのでぜひ!
詳しくは、以下のリンクをチェック!
»Redshiftクルーズ


※セールは人数限定で実施します。
※セールは終了すると元の価格に戻ります。ぜひお早めに。
飯塚
それぞれのノード記事でもこの内容は書いているんですが、Redshiftはとにかく基礎が大事です。
情報量も膨大で迷子になりやすいので、順番に見ていくだけで学べるRedshiftクルーズをぜひ!!

まとめ


  • 「RS TriPlanar」ノードの使い方を解説
  • Redshiftを今後本気でやるなら、まずは「基礎」を固めよう。

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です