【重要度別】実際によく使うCinema4Dのキーボードショートカット50選

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!僕がよく使うCinema4Dのキーボードショートカットを厳選してご紹介!

この記事で学べる事
  • Cinema4Dのキーボードショートカットが知りたい人
  • Cinema4Dの作業を効率化したい人

単純に羅列するのではなく、重要度別にまとめました。
ショートカットは全て書くとキリがないので、僕が実際によく使うものを厳選しています。

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきましょう!

Cinema4Dのキーボードショートカット50選【重要度別】

重要度 内容
どのソフトでも共通 どんなソフトでもあるショートカット
A Cinema4Dを使う上で必須なショートカット
B 慣れて来たら覚えたいショートカット
C 最初は必須ではないが今後使うようになるショートカット

重要度別にショートカットを紹介します

注意
Macの方は
Ctrl → Command
Alt → Opiton
になります

どのソフトでも共通

操作 キーボードショートカット
プロジェクトを保存 Ctrl + S
コピー Ctrl + C
ペースト Ctrl + V
1つ前に戻る Ctrl + Z
1つ後に進む Ctrl + Y

重要度:A

操作 キーボードショートカット
移動ツール E
回転ツール R
スケールツール T
ライブ選択ツール 9
四角形選択ツール 0
カメラ移動(ビュー操作) Alt + 中ドラッグ
カメラ回転(ビュー操作) Alt + 左ドラッグ
カメラ拡大/縮小(ビュー操作) マウスホイール or Alt + 右ドラッグ
1つ前のビューに戻る Ctrl + Shift + Z
1つ後のビューに進む Ctrl + Shift + Y
画面分割 中クリック
全体表示 H
オブジェクト表示 O
モード切り替え Enter
スナップオン/オフ Shift + S
グループ化(ヌル作成) Alt + G
ポリゴンを編集可能に C
複製(マウス操作) Ctrl + 左ドラッグ(Crtl + 移動、回転など)
機能一覧表示 V

重要度:B

操作 キーボードショートカット
レンダリング設定 Ctrl + B
一般設定 Ctrl + E
プロジェクト設定 Ctrl + D
ビュー設定 Shift + V
表示設定 N → AやBなど
一定の角度で回転 Shift押しながら回転
選択範囲をポイント、エッジ、ポリゴンに変換 Ctrl + ポイント、エッジ、ポリゴンモードをクリック
形状を残しつつ、ポイント、エッジを削除 Ctrl + デリート
押し出し D
面内に押し出し I
ベベル B → S
機能検索 Shift + C
ループ選択 U → L
ナイフ K
ループカット K → L
親オブジェクトとして追加 Alt押しながら適用
(SDSや押し出しなど)
子オブジェクトとして追加 Shift押しながら適用
(デフォーマーなど)

重要度:C

操作 ショートカット
プレビュー Alt + B
縫い合わせ M → P
ポリゴン穴を閉じる M → D
SDSオン/オフ Q
別オブジェクトに分離 U → P
増分を保存 Ctrl + Alt + S
エッジ一括指定 Ctrl + Shift + ダブルクリック

【余談】ショートカットは綺麗にまとめられている

Cinema4Dのショートカットは綺麗にまとめられていると言うことを覚えておきましょう。
例えばモデリングのショートカットはMから始まり、選択系のショートカットはUから始まります。

今回紹介した以外にも、まだまだ膨大な数のショートカットがあるので全部丸暗記で覚えるのは大変です。
賢く覚えましょう!

プラグイン導入で更なる作業効率化!


更なる効率化を目指すにはプラグインの導入は必須。
以下の記事でおすすめのプラグインを紹介しているのでぜひご参考ください。
入れておきたいCinema4Dのおすすめ無料プラグイン、スクリプト8選【フリー】

まとめ


  • Cinema4Dのショートカットを重要度別に紹介
  • まずはAから覚えよう!
ショートカットは実際に手を動かしながら覚えるのが1番です。
毎日少しの時間でいいので触っていくと、勝手に手が覚えてくれますよ!

もちろん、いきなり全て覚える必要はないです。
まずはAのショートカットから身につけていきましょう!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にもCinema4Dのチップスをたくさん載せています。

Cinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です