各SHOPで年に1度のブラックフライデー開催中!セール・クーポンまとめはこちら

Colosoの講座「鮮やかな色彩とテクスチャリングで完成する3Dアートワーク」をレビュー【チュートリアル】【PR】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Coloso(コロソ)で受講できるオンライン講座
「鮮やかな色彩とテクスチャリングで完成する3Dアートワーク」のレビューを行います!

この記事はこんな人におすすめ
  • Colosoの講座「鮮やかな色彩とテクスチャリングで完成する3Dアートワーク」の受講を検討中
  • Marvelous designermi → ZBrush → Cinema4Dのワークフローが学びたい
  • Cinema4Dでアニメーションを勉強したい

どういったところが良かったのか?
実際に受講した感想をリアルに書いていきますね。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

2022年12月8日 速報
現在Colosoでは、
最大10,000円OFFの新規会員登録クーポンや、LINE友達追加2,000円クーポンを配布するイベントを開催中!

かなりお得に購入できるチャンスなため、ぜひご活用ください!(期間限定なので、ぜひお早めに)
詳しくは、以下のリンクをチェック!

»Coloso公式サイト

※この記事は株式会社Day1Company様のPR記事であり、
キャプチャー画像の掲載については事前に許可を得ています。

鮮やかな色彩とテクスチャリングで完成する3Dアートワークとは

詳しくは講座紹介ページに全て書いてあるのですが、
一応ここでもざっと紹介しておきます。

概要


独創的な世界観で、国内外から注目を浴びる
3Dアーティストの山地康太。
段階別の3Dアートワークの制作プロセスと、
それをワークフローに
どのように取り入れるのか、
山地康太ならではのノウハウをお教えします。

本講座は、CINEMA4Dだけでなく
全4つのプログラムでの
ディテール作成を通した、
より繊細な質感表現を学べるのが特徴です。
Marvelous Designerで服を、DAZ Studioで
3D人物モデルを制作し、
Zbrushで小物のモデリング等の
細かい作業を行った後、
CINEMA4Dでマテリアル・配置・
レンダリングまで行い、
まるで実写のような作品を完成。
各プログラムの基本の操作方法を
理解していれば、
よりスムーズにスキルを
身に付けることができます。

まずリファレンス収集やスケッチの仕方、
配色やライティング方法といった
基礎知識を解説。
そして、キャラクターを作り、ポーズの付け方、
衣類や小物の作り方を学んだ後、
背景要素を追加し、
3Dアートワークを完成させます。
また、キャラクターに動きを付け、
簡単なアニメーション制作についても学べます。

プログラムを駆使して、
思い描いたアイデアを
リアルな3D作品で表現するノウハウを、
Colosoで体験してください!

※公式より引用

アニメーションの基礎から応用までガッツリと学べます!

講師は山地康太さんという方です!

価格

基本価格は35,000円です。

ただ、Colosoは最初は安く販売し、時間が経つにつれて価格が上昇していくシステムなので、
早めに買えば安く買えます。

飯塚
これはこの講座に限らず全ての講座で言える事ですね!
【セール・クーポン情報まとめ】Coloso(コロソ)の講座を最も安く買う方法を解説【PR】 価格についてはこちらで詳しく解説しているので、
気になった方はぜひご参考ください。
飯塚
損しないように、お得に購入しましょう!

具体的に学べる事

  • Marvelous Designerの使い方
  • DAZ Studioの使い方
  • ZBrushを使ったアートワーク
  • Cinema4Dを使ったアートワーク
  • Cinema4Dを使ったアニメーション
ざっくり書くとこんな感じ。

具体的に作る作品は講座紹介ページ
少し下にスクロールした箇所に書いてあります。

飯塚
より詳細な講座内容を次章で深堀りします!

講座内容

この講座は以下のセクションから成り立っています。

  • Section 01. イントロダクション
  • Section 02. キャラクターを作る
  • Section 03. キャラクターと背景を組み合わせてアートワークを作る
  • Section 04. キャラクターにアニメーションをつける

Section 01. イントロダクション

このセクションでは講師の自己紹介と、
今回の講座でどういったものをつくるか?という解説をされていました。








セクションの講座時間はこんな感じ。

Section 02. キャラクターを作る

このセクションではキャラクターのアートワークを作成していきます。








上記画像の作品ですね(講座紹介ページより。)

  1. Marvelous Designerで衣服作成
  2. DAZ 3Dでポージング
  3. ZBrushで調整
  4. C4Dでライティング・レンダリング
流れとしては、こんな感じ。
一連のワークフローを学べるのが素晴らしいです。

特にMarvelous Designerは日本語チュートリアルがなかなかないので貴重。
とてもわかりやすかった。








セクションの講座時間はこんな感じ。

Section 03. キャラクターと背景を組み合わせてアートワークを作る

このセクションではキャラクター×背景のアートワークを作成していきます。








上記画像の作品ですね(講座紹介ページより。)

セクション02と同様の流れで作成していきますが、
より複雑なシーンになるので応用編と言った感じ。

それぞれのツールをさらに深掘りした内容を学べます。








セクションの講座時間はこんな感じ。

Section 04. キャラクターにアニメーションをつける

このセクションではキャラクターアニメーションを作成していきます。








上記画像の作品ですね(講座紹介ページより。)

アニメーションに焦点を当てた章なので、モデリングは行いません。
Mixamoというかなり便利なアニメーションツールの使い方を教えてくれます。(無料)

アニメーションをレンダリングする際のコツも、
たくさん作ってこられてきたからこその話で貴重でした。








セクションの講座時間はこんな感じ。

実際に受講してみた感想・レビュー

ここからは実際に受講した僕が感想・レビューを書きます。

一連のワークフローが学べる



本講座では
Marvelous Designer → Zbrush → Cinema4D
といったワークフローでアートワークを作成していきます。

この一連のワークフローが学べるのはかなりよかったです。

特に、Marvelous Designerはなかなかチュートリアルが少ないことと、
他のツールとの連携を学ぶ方法も今のところ少ないです。

そう言った点で貴重な講座でした。

飯塚
Marvelous Designerの使い方も重要なところだけを
ピックアップして解説してくれる点も効率的でよかった。

効率化のコツが万歳



全編を通して、随所に「効率化のコツ」を解説してくれる点がよかったです。

「マテリアルの効率化のコツ」
「アニメーションレンダリングの際に時間が無駄にならないコツ」
などなど。

仕事は時間が命みたいなところがありますから、
この講座を見るだけで時短がうまくなりそう。

山地さんは仕事ができる男で、
とにかく効率化してるんだなーと感じました。

完全初心者には少し難しいかも



本講座はCinema4DやZBrushの機能や操作方法をじっくり解説する講座ではなく、
一連のワークフローを学べる講座となっています。

なので、本講座を受講する際は、ある程度Cinema4DやZBrushは触れるようになっておいたほうがいいかも。
全問用語と操作方法ぐらいはおさえて受講するのが良いです。

飯塚
逆に、操作方法までおさえてて、これから作品を作っていきたい!
と考えている人にはかなりピッタリの講座。ぜひぜひおすすめしたい。

3Dアーティストのためのチップスがありがたい



本講座では3Dアーティストのお役立ち情報・チップスをたくさん話してくれます。

・リファレンスにおすすめなツール
・ファイル管理におすすめなツール
・素材集めにおすすめなサイト・使い方
などなど。

海外のサイト・ツールも多いので、普段なかなか目にしないものばかり。
あなたの3D制作がより良くなるでしょう!

まとめ


  • 鮮やかな色彩とテクスチャリングで完成する3Dアートワークのレビュー!
いかがだったでしょうか。
ぜひぜひ講座紹介ページをじっくりと見て、どんな事ができるようになるのか?
をご参考ください。

みなさんもぜひご検討くださいね。
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です