【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

Turbulence FDを完全解説!使い方 価格 レビューまとめ【Cinema4Dで炎や煙を作るならコレ】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Cinema4Dで煙や炎を簡単に作れるプラグイン!TurbulenceFDについて!
使い方、セール情報、VDB変換、最も安く買う方法、作品例など、TurbulenceFDの全てを完全解説!

この記事はこんな人におすすめ
  • TurbulenceFDの購入を検討している人
  • 使い方が知りたい人
  • Cinema4Dで煙や炎を作りたいと思っている人
この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

TurbulenceFDは流体シミュレーションを行って煙や炎を作るプラグインですが、
動作が軽く、設定も少なめなので非常に使いやすいです。
日本語版にできる点もいいですね。

詳しく知りたい方のために情報をまとめました!
TurbulenceFDはこの記事を見れば全てわかります!

それではいきましょう!

TurbulenceFDとは?

Cinema4DのTurbulenceFDとは?できること、作品例を紹介【煙、炎が作れるプラグイン】 TurbulenceFDとはそもそもなんなのか?をまとめました。
名前ぐらいは聞いたことあるけど、イマイチ何者なのかわからない・・・という方はぜひご参考ください。

セール・価格・最も安く買う方法

【Cinema4D】TurbulenceFDのセールはある?公認の販売店が解説 TurbulenceFDのセール情報はこちら。
ただ中身をネタバレするとセールはもう何年も行われてないです。。

【最安値で販売中】TurbulenceFDを最も安く買う方法を価格表と共に解説【セール情報も】 セールはないですが、安く買う方法ならあります!
上記記事をご参考ください。

インストール方法

【R25】TurbulenceFDのインストール方法、ライセンス認証方法を解説!【Cinema4D】 TurbulenceFDのインストール方法。
ライセンスの認証方法についても解説しています。

日本語版にする方法

【Cinema4D】TurbulenceFDを日本語版にする方法【どこで購入してもできます】 TurbulenceFDは海外のソフトですが日本語版で使えます。
かなりありがたい。。

使い方

炎を作ってみる

【Cinema4D】TurbulenceFDの基本的な使い方を解説【炎を作ってみる】 細かい設定はなしで、簡単な使い方を解説しています。

キャッシュをVDBに変換する方法

【Cinema4D】TurbulenceFDのキャッシュをVDBに変換する方法!bcf2vdbが無い場合の解決法も TurbulenceFDで作った炎や煙はVDBファイルとして書き出しが可能です。
かなり軽くなるのでおすすめ。

Redshiftで使う方法

【Cinema4D】TurbulenceFDをRedshiftレンダラーで使う方法を解説【使い方】 TurbulenceFDはもちろん外部レンダラーで使用可能。
上記でRedshiftの使い方をまとめました。

チュートリアル

【Cinema4D】TurbulenceFDのおすすめチュートリアルを紹介【日本語、英語】 TurbulenceFDのおすすめチュートリアルまとめです。
チュートリアル数は豊富なので勉強はしやすいと思います。

まとめ


  • TurbulenceFDはとっても使いやすいのでおすすめ!!
長年色々なプラグインを触ってきましたが、中でもTurbulenceFDはかなり好きですね。
興味がある方はぜひご検討ください!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です