【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【Cinema4D】TurbulenceFDをRedshiftレンダラーで使う方法を解説【使い方】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!TurbulenceFDをRedshiftで使う方法を解説します!

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

TurbulenceFDをRedshiftで使う方法

  • TurbulenceFD コンテナにRedshift Volumeマテリアルを適用
  • RedshiftライトのVolumeの値を上げる
Redshiftで使うためにやることはざっくりとこんな感じです!








まずはTurbulenceFDで任意のシミュレーションをし、キャッシュをとってください。

※この時点でよくわからない方は、まず以下の記事からご覧ください!
【Cinema4D】TurbulenceFDの基本的な使い方を解説【炎を作ってみる】







この時点でRedshiftレンダービューを起動しても、何もうつりません。








Redshift → Materials
からVolumeマテリアルをクリック








VolumeマテリアルTurbulenceFD コンテナに適用します。

まだこの時点でもレンダービューには何もうつりません。
Volumeマテリアルの設定を行う必要があります。








Volumeマテリアルの編集画面で、RS Volumeをクリックすると、
「Scatter」「Absorption」「Emission」の3つの設定項目があると思います。

「Scatter」と「Emission」のChannnelに、TurbulenceFDでシミュレートした項目を設定すれば、Redshiftのレンダービューに表示されます。

Scatter シミュレーションした項目を通常表示させるもの
Emission シミュレーションした項目を発光表示させるもの









Scatter → Channel
の右にある「∨」をクリックし、TurbulenceFD → density(煙)をクリック
※TurbulenceFDで煙をシミュレーションしていない場合は別の項目を選びましょう








Emission → Channel
の右にある「∨」をクリックし、TurbulenceFD → temperature(熱)をクリック
※TurbulenceFDで熱をシミュレーションしていない場合は別の項目を選びましょう。

するとレンダービューに表示されましたね!








次にプロジェクト内に配置したRedshiftライトの
Details → Volume
の値を1にしましょう。

これでVolumeがライトの影響を受けることになりました!
ちなみにこれをしないと、Scatterで設定した項目は表示されません。
Emissionはライトがなくても表示されます。

飯塚
今回はDomeライトで設定したけど、もちろんAreaやPointでも同じです!








あとはScatterやEmissionの項目をいじって好みの姿にしていくだけです。
設定のコツなどはまた別の記事にまとめようかなと思います!

Volumeの設定は「TurbulenceFD Redshift」とかでyoutube検索すると、良いチュートリアルが結構出てきますよ!







また、そもそもRedshift Volumeを理解していないと設定が難しいので、Redshift自体の勉強も必須ですね!

TurbulenceFDのことをもっと知りたいなら



Turbulence FDを完全解説!使い方 価格 レビューまとめ【Cinema4Dで炎や煙を作るならコレ】 TurbulenceFDについてもっと知りたい方は上記記事をご覧ください!

  • TurbulenceFDとは何か
  • セール・価格・最も安く買う方法
  • インストール方法
  • 日本語版にする方法
  • 使い方
  • 炎の作り方
  • キャッシュをVDBに変換する方法
  • Redshiftで使う方法
  • チュートリアル
記事の内容はこんな感じ。
※本記事の内容も含まれています。

まとめ


  • TurbulenceFDをRedshiftで使う方法を解説

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です