【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【R25】TurbulenceFDのインストール方法、ライセンス認証方法を解説!【Cinema4D】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!TurbulenceFDのインストール方法について解説!

この記事で学べる事
  • TurbulenceFDのインストール方法
  • ライセンスの認証方法
この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

インストール方法は非常に簡単で、専用のインストーラーを実行していけばOKです。
画像付きで解説しますね!

それではいきましょう!

TurbulenceFDのインストール方法

WindowsとMacの場合で多少異なります。

Windowsの場合



»Jawset
まずは公式サイトにログインをし、
「INSTALL」ページからTurbulenceFDのインストーラーをダウンロードします。

飯塚
Windowsのマークが書いてある方を選ぼう(上)








インストーラーを実行すると、このような画面が現れます。
「Next」をクリック








利用規約が表示されます。
「I Agree」をクリック。








TurbulenceFDをインストールする場所を聞かれます。
基本、そのままでOKです。
「Next」をクリック。








どのバージョンのCinema4Dにインストールするかを聞かれます。
こちらもそのままでOK。
「Install」をクリック。インストールが開始されます。








しばらく経つとインストールは完了します。
「Finish」をクリック。

Macの場合



»Jawset
まずは公式サイトにログインをし、
「INSTALL」ページからTurbulenceFDのインストーラーをダウンロードします。

「TurbulenceFD_C4D_(バージョン名).pkg」みたいなファイル名がダウンロードできるはずです。

飯塚
Macのマークが書いてある方を選ぼう(上)








ダウンロードしたインストーラーを起動すると、このような画面が表示されます。
「続ける」をクリック








利用規約が表示されます。
「続ける」をクリック。








「同意する」をクリック








インストール先を聞かれます。
特に変更はしなくて大丈夫です。

「インストール」をクリック








しばらく経つと、インストール完了の画面になります。
「閉じる」をクリック








ただ、この時点ではアプリケーションにTurbulenceFDのフォルダができただけで、使えない状況です。
Cinema4Dを起動し、プラグインのパスを指定する必要があります。

Cinema4Dを開き
一般設定(Ctrl + E) → プラグインの箇所にTurbulenceFDフォルダのパスを書き込んでください。








TurbulenceFDフォルダのパスは以下の方法で取得できます。
アプリケーション内にあるTurbulenceFDフォルダを右クリック → Altを押しっぱなしにする → "TurbulenceFD"のパス名をコピーをクリック

その後、Cinema4Dを再起動するとTurbulenceFDのインストールが完了しているはずです。

ライセンスの認証方法



インストールが終わったらライセンスの認証を行いましょう。
Cinema4Dを立ち上げ、適当なオブジェクトに「TurbulenceFD Emitter」タグをつけます。

飯塚
タグの付け方は
オブジェクトを右クリック → TurbulenceFDタグ → TurbulenceFD Emitterタグ
です。








すると、認証画面が現れます。
「Online Activation」「Manual Web Activation」「Licence Key」の3つの方法でライセンスは認証できます。

1番上の「Online Activation」が手っ取り早いので、こちらにチェック。
※多分最初から「Online Activation」にチェックは入ってると思います。

購入時のメールアドレスとパスワードを打ち込んで、「OK」をクリックすれば完了です。

飯塚
簡単ですね!

TurbulenceFDのことをもっと知りたいなら



Turbulence FDを完全解説!使い方 価格 レビューまとめ【Cinema4Dで炎や煙を作るならコレ】 TurbulenceFDについてもっと知りたい方は上記記事をご覧ください!

  • TurbulenceFDとは何か
  • セール・価格・最も安く買う方法
  • インストール方法
  • 日本語版にする方法
  • 使い方
  • 炎の作り方
  • キャッシュをVDBに変換する方法
  • Redshiftで使う方法
  • チュートリアル
記事の内容はこんな感じ。
※本記事の内容も含まれています。

まとめ


  • TurbulenceFDのインストールは専用のインストーラーから!
  • ライセンス認証はCinema4D内で行う。
いかがだったでしょうか。
TurbulenceFDは非常に高速で便利なプラグインなので、ぜひご活用ください!

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です