【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

LFO Design全てのチャプターを紹介【Cinema4DのRedshiftオンライン講座】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!LFO Designの全てのチャプターを紹介!

この記事はこんな人におすすめ
  • LFO Designの講座内容が知りたい人
  • 購入を検討している人
  • Redshiftを勉強したい人
この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

LFO Designを購入したら見る事ができる動画を全て紹介します。
※2021年12月06時点の情報です。現在も講座はどんどん更新中

MEMO
【Cinema4D】Redshiftの基礎を学ぶなら「LFO Design」を強くおすすめする【チュートリアル】 LFO Designってなんだっけ?という方は、まずはこちらの記事からご覧ください。

LFO Designの全てのチャプターを紹介

それでは紹介していきます。
LFO Designでは購入後、講座のページにアクセスできるようになります。








こんな感じのページです。
右側にコンテンツがズラーっと並んでる感じですね。
これを順番に見ていくだけでRedshiftの基礎が身についていくのが魅力!

「見てみる」をクリックすれば講座が見れます。
「ダウンロードする」をクリックすれば、特典の素材やC4Dファイルをダウンロード可能です。






  • BEGINNERS CHAPTERS(ビギナー級)
  • INTERMEDIATE CHAPTERS(中級)
  • BONUS CHAPTERS(ボーナス)
講座はこちらの3つで構成されています。
それぞれ見ていきましょう!

BEGINNERS CHAPTERS



















レンダービュー設定 → 全てのライト → マテリアル解説 → 主要なノード → 最後に総まとめとしてリアルな「カニ」を作る

BEGINNERS CHAPTERSはこのような流れでしょうか。
ボリューミーですが、1つ1つの動画時間はほとんど10分以内なので、サクッと見れます。

INTERMEDIATE CHAPTERS





























INTERMEDIATE CHAPTERSでは、さらに追加でノードや1歩ふみこんだ設定を学んでいきます。
BEGINNERS CHAPTERSで学んだ事を生かしてシーンを簡単な作成したり、他のプラグインとの連携方法を学んだりします。

とはいえ、こちらも基礎の内容なので学習は必須ですね。

BONUS CHAPTERS



















BONUS CHAPTERSは今も随時更新中の講座です。
新情報が出たら更新される感じですかね。

Maxon Node、FumeFX、ACESワークフローなどなど
Gaea(地形作成ソフト)で作った地形ファイルや、VDBファイルのダウンロードも可能という太っ腹具合。

ここは全てみる必要はなく、必要な情報のみ見ていく感じで良いと思います。

【余談】Redshiftを自分1人で勉強するのは難しい

LFO Designで学べるのはRedshiftの「基礎」です。
これだけの量を全てこなして、やっとスタートラインに立てるといった感じでしょうか。

Redshiftを勉強することの大変さがよくわかる量ですよね。
自分1人でやろうとするとかなり難しそうです。。

LFO Designは順番通りにこなしていけば身に付いていくので、勉強中の方にはぜひおすすめしたい。

まとめ


  • LFO Designの全チャプターを紹介
  • 順番通りにこなして基礎を身につけよう!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です