Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【Cinema4D】TurbulenceFDを日本語版にする方法【どこで購入してもできます】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Cinema4DのTurbulenceFDを日本語版にする方法を解説!

TurbulenceFDは購入場所や使用環境によって、英語表記になることがあります。
フォルダを少しいじれば簡単に日本語にできますので、ぜひご参考ください。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

TurbulenceFDを日本語版にする方法

日本語化するには、TurbulenceFDフォルダ内の「string_jp」以外の言語フォルダを移動させればOK








まず、Cinema4Dのプラグインフォルダの中にある、「TurbulenceFD」というフォルダに入ります。
パスは以下の通り。

Windows:C: \ Program Files \ Maxon Cinema 4D (バージョン)\ plugins \ TurbulenceFD
Mac:アプリケーション \ MAXON \ CINEMA 4D (バージョン) \ plugins \ TurbulenceFD








「res」というフォルダをクリック








そこに、「strings_◯◯」というフォルダがいくつかあると思います。
これは言語情報が入ったフォルダなんですね。

日本語の情報が入っているのは「string_jp」です。
なので、それ以外のフォルダを削除すれば、TurbulenceFDを日本語化することができます。

今回でいうと「string_en」「string_us」ですね。








「string_en」「string_us」をフォルダ内から取り除きました。
一応元に戻せるように、どこかに移動させて補完してもいいかもしれませんね!








Cinema4Dを起動して、日本語化できていることを確認してください!
以上です!お疲れ様でした。

飯塚
ちなみに「Cinema4D自体」は英語版でも問題ありません。

どこで購入しても日本語化できる?

できます。
購入場所はフラッシュバックジャパン公式サイトToolfarm本ブログのショップページなどありますが、どこで購入しても日本語化できるのでご安心ください。

フラッシュバックジャパンでは「日本語版」と書いているので、
「フラッシュバックジャパンで買ったものしか日本語版にできないのでは?」
と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

TurbulenceFDのことをもっと知りたいなら



Turbulence FDを完全解説!使い方 価格 レビューまとめ【Cinema4Dで炎や煙を作るならコレ】 TurbulenceFDについてもっと知りたい方は上記記事をご覧ください!

  • TurbulenceFDとは何か
  • セール・価格・最も安く買う方法
  • インストール方法
  • 日本語版にする方法
  • 使い方
  • 炎の作り方
  • キャッシュをVDBに変換する方法
  • Redshiftで使う方法
  • チュートリアル
記事の内容はこんな感じ。
※本記事の内容も含まれています。

まとめ


  • TurbulenceFDを日本語版にする方法を解説
  • 「string_jp」以外を削除すればOK
  • どこで購入しても日本語化は可能

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です