各SHOPで年に1度のブラックフライデー開催中!セール・クーポンまとめはこちら

【Cinema4D】TurbulenceFDの基本的な使い方を解説【炎を作ってみる】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!TurbulenceFDの基本的な使い方を解説!

この記事のターゲット
  • TurbulenceFDを買う前にどんな感じか知りたい人
  • TurbulenceFDを買ったけど使い方がイマイチわからない人
  • Cinema4Dで炎を作りたい
この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

詳細に全てのパラメータを解説するのではなく、ざっくりとどのような感じで使うかを解説します!

それではいきましょう!
※TurbulenceFDの日本語版を用いて解説します。

TurbulenceFDの基本的な使い方

流れ

  1. 「TurbulenceFD コンテナ」を用意する
  2. コンテナ内に任意のオブジェクトを配置
  3. オブジェクトに「TurbulenceFD オブジェクト」タグを付与
  4. それぞれの設定をいじる
  5. 納得がいったらキャッシュを行う
使い方の流れとしては、ざっくりとこんな感じです。

炎を作ってみる

例としてTurbulenceFDで炎を作ってみましょう。








機能拡張 → TurbulenceFD → TurbulenceFD コンテナ
をクリック








このコンテナ内でシミュレーションを計算することになります。








コンテナ内に平面オブジェクトを配置








配置した平面オブジェクトを右クリックし、
TurbulenceFDタグ → TurbulenceFDオブジェクト
をクリック。








タグが付与できました。これで準備は完了です。
あとは設定をいじっていきましょう。








TurbulenceFDオブジェクトタグをクリックし、
チャンネル → 熱の値
を1にします。

これで平面から熱を発生させられるようになりました。








次に、TurbulenceFD コンテナのビューポートプレビュ内の設定をします。

チャンネル → 熱
シェーダ → 炎シェーダ
とします。

プレビュー時のカラーを設定した感じですね。
炎シェーダにしたので、炎のような見た目になります。








ここで一旦プレビューでシミュレーションしてみましょう。
機能拡張 → TurbulenceFD → シミュレーションウィンドウ
をクリック








すると、シミュレーションウィンドウ(赤枠)が表示されます。

黄色枠のように、「GPUを使う (お使いのGPU名)」「インタラクティブ」とし、
「開始」を押してください。








すると平面オブジェクトから炎が発生します。
炎の見た目をよりリアルにしましょう。








コンテナ → シミュレーション → 渦度から
渦度 → 10にします。

これで炎が直線ではなくうねるようになります。








つづいて同じくコンテナ → シミュレーション → タービュランスから
タービュランス強度 → 10
最大サイズ → 10
にします。

よりコンテナ内で動きがでるようになりました。
これでほぼほぼ完成です。








炎の大きさが強すぎるという場合は、

コンテナ → シミュレーション → 熱から
冷却を上げれば炎は弱まります。

飯塚
文字通り、熱を冷却するんですね。








炎の白い部分が多すぎると感じた場合は、コンテナ → レンダリング → 炎シェーダ → マッピング
をクリックし、グラフの頂点を下げれば調節できます。

今回は少しだけ下げてみました。
これで完成です!








最後にキャッシュを行いましょう。
これまではシミュレーションをしていただけだったので、キャッシュで確定させる必要があります。

シミュレーションウィンドウをキャッシュに変えて、開始をクリックすればOK。
これで炎の動きが確定。

以上です!

TurbulenceFDのチュートリアル

今回はTurbulenceFDの基礎中の基礎しか触れませんでした。
さらにマスターしていきたい方はぜひチュートリアル動画に取り組みましょう。

【Cinema4D】TurbulenceFDのおすすめチュートリアルを紹介【日本語、英語】 上記記事でおすすめのチュートリアルをまとめたのでぜひご参考ください。
飯塚
TurbulenceFDのチュートリアルはYouTubeに結構転がってます!

TurbulenceFDのことをもっと知りたいなら



Turbulence FDを完全解説!使い方 価格 レビューまとめ【Cinema4Dで炎や煙を作るならコレ】 TurbulenceFDについてもっと知りたい方は上記記事をご覧ください!

  • TurbulenceFDとは何か
  • セール・価格・最も安く買う方法
  • インストール方法
  • 日本語版にする方法
  • 使い方
  • 炎の作り方
  • キャッシュをVDBに変換する方法
  • Redshiftで使う方法
  • チュートリアル
記事の内容はこんな感じ。
※本記事の内容も含まれています。

まとめ


  • TurbulenceFDの使い方を解説

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です