Element3Dでobjファイルの読み込み & 出力をする方法を解説【無料モデルも紹介】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Element3Dでobjファイルの読み込み & 出力をする方法!

この記事で学べる事
  • Element3Dでobjファイルを読み込む方法
  • Element3Dでobjファイルを出力する方法
  • 【おまけ】無料で3Dモデルが手に入るサイト
この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきましょう!

Element3Dでobjファイルを読み込む方法


平面レイヤーにElement3Dを適用 → Scene Setup
をクリック







File → Import → 3D Object
をクリック







もしくは「IMPORT」と書かれているボタンをクリックでもOK







読み込みたいobjを選びます







どう言う風に読み込むか聞かれる。
基本デフォルトのままで問題ないです。

「OK」をクリック

飯塚
強いて言うなら、Force Alignmentを「From Model」にすると、軸が底面にきて操作しやすいかも。







読み込まれました!ピカチュウかわいい。







objシーケンスを読み込む場合は
File → Import → 3D Sequence
をクリック

飯塚
この時は「IMPORT」と書かれているボタンじゃダメなのです。







連番ファイルの1番目を選んで、開く。







同様にどのように読み込むか聞かれます。
「OK」をクリック







無事読み込まれました。
Baked AnimationのStart Frameの数値をあげてアニメーションが動作するか確認しましょう。

飯塚
読み込み時のエラーは後ほど解説します!

Element3Dでobjファイルをエクスポートする方法


お次は出力方法

適当なテキスト押し出しモデルを作って見ました。
これを出力するには、Fileを「Shiftを押しながら」クリックします。







すると「Export as OBJ」と新たに出てくるので、こちらをクリック。

あとは保存したい場所にobjファイルを出力してください。

飯塚
普通の操作じゃ中々気がつきませんよね

起こりがちなエラーとその対処法

objを読み込んだ後、モデルがうつらない


objの設定によっては、とんでもなくサイズが小さくなってる可能性があります。
Transformからスケールを大きくしたり、Normalize Sizeにチェックを入れてみたりしてください。

テクスチャが貼られていない


これは頻繁に起こるエラー。
以下の3つを順番にお試しください。

  1. テクスチャのパスやファイル名に日本語や全角が入ってないか確認する
  2. テクスチャの拡張子がjpgかpngであることを確認する
  3. objファイルと同じフォルダにテクスチャを入れる

日本語や全角が入ってたり、拡張子がjpgかpng以外だったり、objと違うフォルダにテクスチャファイルがあると
エラーが起こるようです。

飯塚
修正して読み込んでみて!







一応テクスチャのパスを無理矢理Element3Dに覚えさせることもできます。
File → Relink Scene File
をクリック







「Add Path」をクリックしてテクスチャが入っているフォルダを選択してください。

これでテクスチャの反映をさせることが可能です。

無料で3Dモデルが手に入るサイト

»Sketchfab
無料でもクオリティが高いものが結構あります。

»The Model Resource
ゲーム系のモデルが豊富です。ポケモンとかマリオとか。

»turbosquid
基本有料ですが、PriceからFreeを選べば無料のモデルがたくさんでてきます。
クオリティめちゃ高いです。

»PolyHeaven
テクスチャやHDRIも無料で配布してくれています。神。

飯塚
objもあるからそのままElement3Dで使えますね。
レッツ、ブックマーク!

まとめ


  • obj読み込みは、File → Import
  • obj出力は、Shiftを押しながらFile → Export as OBJ
  • 無料モデルを活用しよう!
objの読み込み、出力方法がわかったでしょうか!

objも良いけど、公式が出しているElement3Dのモデルもかなりクオリティが高いのでおすすめ
【AfterEffects】Element3Dのモデルパック「Motion Design Pack 2」レビュー!最安値情報も【Video Copilot】 【Element3D】ビルのモデルパック!「Metropolitan 3D Buildings Pack」レビュー!【Video Copilot】

一応無料のもあります。
【Video Copilot】Element3Dのフリー3Dモデルを紹介!モデル追加の方法も解説【無料】 【Video Copilot】Element3Dのフリー3Dモデルを紹介!パート2【無料】

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です