【副業】動画編集で月収10万円を達成するために行ってきた全手順【営業方法、仕事の進め方】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

僕は現在、独学で動画編集やWeb制作をおこない副業収入を得ています。
今回は、「動画編集で月収10万円を達成するために行ってきた全手順」を完全解説します。

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

はじめに

副業で稼ぎたい人

仕事の取り方がわからない・・・
映像は結構作れるようになったのに・・・
こんなお悩みの方、いませんか? 
実際に僕もどこから仕事をとっていいのかさっぱりだった時期があります。

クラウドソーシングにいけばポツポツと仕事があるのですが、
単価はかなり低いのでずっと続けるのは違うなぁと思ってました。

副業で稼ぎたい人も、フリーランスを目指す人も鬼門となるのが「営業」
営業しろと周りは言うけど、そもそもどこに営業すればいいのかわからないし、
やり方もわからない。

「仕事の進め方」も自分で全て考えなければいけないので、かなり大変です。

「お金を稼ぐ」となると技術だけではどうしようもないのですね。
「営業力」「仕事力」という部分がとても、とても重要になります。

そこで、この記事では仕事の取り方がわからず稼げていないあなたに、僕が動画編集で月収10万円を達成するために行ってきた全手順を公開。
実際にやってきた「営業方法」や「仕事の進め方」を伝授します。

本記事の内容は以下の通り。

記事の内容
  1. ポートフォリオ作成
  2. サービス紹介動画を作る
    - 「ブロック思考」で構成を考える
    - セールスライティングの「◯◯の法則」に沿って制作
    - おすすめのナレーションソフト(無料)とその使い方
  3. 営業する
    - クラウドソーシングは卒業しよう。
    - 営業先はズバリ「◯◯」
    - 営業先の探し方
    - 営業のメール文のポイント
    - 特典:営業メール文の例
  4. 仕事を進める
    - 受注してからの流れ
    - ミーティングで伝えるべき内容

上記に加えて、下記の特典もあります。

特典
  1. 僕が実際に送った営業メール全文
  2. やるべきことリスト(チェック表)
  3. 記事の内容について、質問サポート
  4. 案件に使える便利な背景素材50個プレゼント【5000円相当】

本記事の内容を読み、やるべきことリストを順番通りこなしていけば
月10万円は狙える位置までいけるでしょう。


本記事の最後にお配りする、やるべきことリストはこんな感じ。
章ごとにまとめています。

教材でありがちな、読み終わった後に「結局何すればいいんだっけ・・・?」という状態にはさせません。
明日からやるべきことが明確にわかるような記事となっています。

飯塚
この記事を読めば「何すればいいかわからない」から脱出できます

注意点

独学の人向けの記事である点

この記事は、副業やフリーランスで稼ぎたい人など「独学の人向けの記事」であると言うこと。

僕自身が映像会社に所属をしたことがないため、今後企業に所属して映像をやっていきたい!
と言う人には刺さらない内容です。

あなた

動画編集が本職じゃない人の記事は信用できる?
こういった意見もあるでしょう。
しかし、「独学でやってきたからこそ提供できるものがある」と自負しています。

独学で稼ぎたい人には、その人なりの戦い方があるのです。
そして、その戦い方を知っているのは、同じく独学で稼いできた人。

映像の制作会社に属している人や、そこからフリーになった人はそもそも仕事の取り方が変わってきます。
前一緒に仕事をした人や、コネでの紹介だったり。

僕たち独学組では再現できない方法ですよね。
今回の記事は、独学の僕が実際にやってきた方法ですので再現性はかなり高いかと。

編集ソフトの講座ではない点

いわゆる編集ソフトの技術を教える講座ではありません。
第2章でサービス紹介動画の作り方とありますが、編集ソフトの使い方は解説していない点はご了承ください。

この記事は「営業方法(営業先、営業先の探し方など)」や「仕事の進め方」を主として解説しています。

飯塚
ある程度編集できるようになったけど、どうやって仕事をとればいいかわからない・・・
と言う人向けの記事ですね。

この記事は有料記事です

この記事は僕が培ってきた事の集大成でもあるため、有料記事とさせていただきます。
料金は5,000円(税込)

今後、コンテンツを追加していくに当たって値上げの可能性はありますが、現在はこの価格です。
案件1つで回収できる金額だと思いますので、本気で稼ぎたい方はぜひご検討ください。

スキルを身につけた後、結局どうすれば案件が取れるのかまでをサポートしているものは少ないです。
営業のフェーズまでサポートしている教材やスクールはあるものの、いずれも少なくとも数万円以上かかるものばかり。

飯塚
営業先の探し方は多分僕しかやってない方法で、たくさんの営業先を一気に獲得できる方法です。

お手軽なお値段で案件獲得までスタートダッシュしましょう!

MEMO
質問サポート付きのため、数量限定で販売しております。
ぜひお早めに。

全額返金保証

内容にご納得いただけなかった場合、7日以内でしたら全額返金いたします。

購入時のメールアドレスと返金の件を記載の上、
izuka.studio@gmail.comまでお問い合わせください。

一部無料公開

記事の質が気になる方もいらっしゃると思いますので、
前半の一部を無料公開します。

実際に読んでみて「有益そうだな」と思ったら、購入をご検討いだたけたら幸いです!

動画編集で月収10万円を達成するために行ってきた全手順

それでは解説していきます。

内容としては、
「下準備をしっかりし、営業して案件をもらって稼ぐ。」
まとめるとたったこれだけですが、その営業先が目からウロコだと思います。

記事の内容
  1. ポートフォリオ作成
  2. サービス紹介動画を作る
    - 「ブロック思考」で構成を考える
    - セールスライティングの「◯◯の法則」に沿って制作
    - おすすめのナレーションソフト(無料)とその使い方
  3. 営業する
    - クラウドソーシングは卒業しよう。
    - 営業先はズバリ「◯◯」
    - 営業先の探し方
    - 営業のメール文のポイント
    - 特典:営業メール文の例
  4. 仕事を進める
    - 受注してからの流れ
    - ミーティングで伝えるべき内容
1~4が、実際に僕が月収10万円を達成するためにやってきた手順です。

特に第3章の「営業する」が1番気になっているところではないでしょうか
「営業先」「メール文のポイント」についてじっくり解説しますね。
「営業先」については僕のWeb制作経験からの発見でした。

飯塚
この章では特典として、実際に僕が送っているメール文をのせます!
コピペしてもらってかまいません。

「4.仕事を進める」の章についても非常に重要。
特にまだ社会人経験のない方にとって、確実におさえなくてはいけないポイントを語ります。

メモはとらずに気軽に全部読む → やるべきことリストをこなす → わからないところが出たら読み返す
読み方としてはこのような感じがベスト。

飯塚
章は4つしかありませんが、全て内容は濃いものとなっております。
ではいきましょう!

ポートフォリオ作成


まず最初はポートフォリオの作成から。
ポートフォリオ、つまりは作品集ですね。

これから営業をして、仕事をもらって月収10万円を達成していくわけですが、
営業先に「僕はこんな動画を作れますよ!」とアピールする材料を作るわけです。

「ほう、この人はこういう作品も作れるのか。だったら今回の仕事も任せられそうだな。」
と案件の発注者が思うようなポートフォリオ作りを心がけましょう。

飯塚
ポートフォリオは「信頼度」構築のために必須!

作品数は3つでOK

案件を取るために最低限必要な作品数は3つでOK

もちろん、たくさんあるに越した事はないんですが、
ポートフォリオ作りに時間をかけまくっても
しょうがないと思うので、3つでいいです。

動画は「サービス紹介動画」を作りましょう。
今回の記事はサービス紹介動画を作って稼いでいく主旨なので。

飯塚
具体的な作り方については「サービス紹介動画を作る」で解説します!

作品はオリジナルの物にしよう

作品はオリジナルの物推奨
動画講座でみんなが作るような作品をポートフォリオに入れるのはやめたほうがいい。

「この講座内で作る動画はそのままポートフォリオとして使えます!」
的な講座よく見るんですが、作品として出すのはおすすめしません。

「みんなおんなじようなポートフォリオを持ってくる。そういうポートフォリオを見た瞬間即切りしちゃう」
と、発注者側がよくおっしゃってるんですよね。

飯塚
作品はオリジナルのものにしましょう。

詳細をしっかりと書く(重要)

詳細はしっかりと書きましょう。
個人的に最重要ポイント。

何を言ってるかというと、ただ作品を載せるだけじゃなくて、
その作品を作った経緯まで書きましょうと言う事です。


»ポートフォリオ例
例えば、上記リンクの僕のポートフォリオですが
「ミッション」、「コメント」をしっかりと記載しています。

・この動画を作った経緯は何か?
・どのような事を心がけて作ったか?
・料金や制作の流れは?

などなど、この辺の詳細をしっかり書く事をおすすめします。

お仕事をいただいた方に、なぜ僕を選んでくれたのですか?と質問すると
「作品の解説がしっかりとされてて、仕事を任せても大丈夫と信頼感があったから」
とよく言っていただけます。

ポートフォリオは自分の技術だけでなく、こういった仕事力を見せつけられるものだと覚えておきましょう。

飯塚
発注者も人間。信頼がある方が当たり前ですが選ばれやすいです。

「制作の流れ」を具体的に書く

»映像制作の流れ
上記のような、受注後の制作の流れがわかるページを設けましょう。
ここまでする必要があるか?と思うかもしれませんが、経験上絶対あったほうがいいです。

仕事がとれない人の1番の原因は「信頼度の低さ」です。
「全然仕事がとれないからもっと映像の技術をあげなきゃ!」と思う人が多いかもですが、ぶっちゃけ技術力は最低限あれば大丈夫なんです。(映像会社に就職したい場合、もちろん話は別!)

「信頼度」をあげるには、仕事力をアピールできるページが必要不可欠。

テレビCMのようにめちゃくちゃクオリティの高い動画が欲しいのは大企業ぐらい。
【独学で月収20万】動画編集の副業は未経験でも問題ない理由は◯◯ 上記記事でも話していますが、僕たち独学組が狙うターゲットは「中小企業」や「個人事業主」です。

「この人はちゃんと仕事をしてくれそうだな。」
「今までもキチンと仕事をしてきてそうだな。」
と思わせるには制作の流れのページはもってこい。

飯塚
僕のやつを丸パクリしてもいいですよ!今すぐ作りましょう!

おすすめのポートフォリオサイト

おすすめはYouTube。

概要欄に詳細を書けるし、チャンネルごとポートフォリオとして機能します。
制作の流れは概要欄に都度コピペするか、専用の動画を出せばOK

今後、仕事をする上で動画の共有が必須になってくるためどのみち作る事にはなると思います。
現状YouTubeが手取り早くてベストですね。

僕はWordpressでホームページ形式のポートフォリオを採用していますが、
これはWeb制作のポートフォリオとしても機能させるためです。(あのポートフォリオページは僕が一から全部作りました笑)

YouTube以外だとインスタとかTwitterとか。
おしゃれなものだとArtStation.comとかでしょうか。

ともかく制作物と詳細が書ければ何でもOK!

飯塚
迷ったらとりあえずYouTubeで問題なし!

ポートフォリオの例

以下、僕が営業の際に使うポートフォリオのリンクです。
»ポートフォリオ

もちろん、こういうウェブサイトを作れよ!と言っているわけではないです。
内容をぜひ参考にしてくださいね。

第1章のまとめ
  • ポートフォリオは「信頼度」を構築するためのもの
  • 技術だけでなく、仕事力も見せつける!
  • 今回はサービス紹介動画を3つ載せよう

サービス紹介動画を作る

実際にポートフォリオに載せる「サービス紹介動画」の作り方を解説しましょう。
映像を作る時に手が止まってしまう人が出ないために、作る際の「考え方」を詳しく解説します。

作成手順を一言で言うなら「ブロック思考で心理学要素を取り入れる」です。
映像技術にあまり自信がない人でも、"視聴者の心に刺さる動画"を作成できれば稼げます。

飯塚
心理学はホームページ制作やLPでかなり勉強&実践をしてきました。
それではいきましょう!

「ブロック思考」で構成を考える

ここから先は有料です
ここまでご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

下記リンクより購入可能です。
»【有料記事】動画編集で月収10万円を達成するために行ってきた全手順【営業方法、仕事の進め方】
購入後は記事URLと閲覧用パスワードがメールで届きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です