【知らないと損する】Cinema4D初心者がやるべきの初期設定8選【Redshiftも紹介】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!まずやるべきCinema4Dの初期設定を紹介!
やっておかないと後々後悔することもあるのでぜひ設定しましょう

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきます!

まずやるべきCinema4Dの初期設定

日本語設定

おそらくデフォルトは英語だと思うので、日本語化しましょう。


日本語化は一般設定(英語:Preferences)から簡単にできます。
Ctrl + E で一般設定を開いてください。

Interface → Languageのところの「∨」をクリックし
「Install Language...」をクリック。
言語一覧が表示されるので、Japaneseを選択しUpdateをクリックすると日本語化が始まります。

注意
「Install Language...」をクリック後、言語一覧が表示されるまで時間がかかることがあります。
フリーズしたかな?と思うぐらいかかる場合もあるので、気長に待ちましょう。







日本語化してるとなにやら英語がでてきますが、「はい」でOKです。
これは、次から日本語をデフォルトの言語にするけど良い?と聞かれているだけです。







日本語化が終わったらRestartをクリック。
再起動しないと日本語に切り替わりません。

飯塚
もちろん、英語のままでいい人はそのままでいいよ!

自動保存

Cinema4Dはかなり安定したソフトですが、それでも落ちることはあります。
念のためにプロジェクトを自動保存するようにしましょう。







編集メニューから一般設定を開いてください。
(もしくはショートカットキー Ctrl + Eでも開けます。)

ファイル → 自動保存
で「保存」にチェックを入れましょう。

間隔や履歴数、保存先の設定も可能。

飯塚
バックアップ先のフォルダを作ってもいいかもね!

カメラモード設定


一般設定で
ナビゲーション → カメラモード
を「オブジェクト」に変更しましょう。

これで選択したオブジェクトを中心にカメラが回るようになり、操作がしやすくなります。

飯塚
ただ、これは好みなので操作しにくいなぁと思ったら変えてもOK

新規オブジェクトのペースト先を子に

新規オブジェクトのペースト先を「子」にします。

今後ヌルの中にオブジェクトをペーストしたい時が多々あると思うんですが、デフォルトのままだと

ヌル選択 → ペースト

としてもヌルの外にペーストされてしまいます。







一般設定で
インターフェイス → オプション → 新規オブジェクトの挿入先
を「子」に設定

これでヌルの中にペーストされるようになります。






ぶちゃ様のツイートを参考いたしました。

再実行のショートカット設定

デフォルトだと

取り消し:Ctrl + Z
再実行:Ctrl + Y

になっています。
これも好みなんですが、再実行は「Ctrl + Shift + Z」の方が僕は慣れているんですよね。

飯塚
After Effectsなど他のアプリケーションではそうですし!
設定していきましょう!







ウインドウ → カスタマイズ
からコマンドをカスタマイズの画面を開いてください。
(Shift + F12でも開けます。)

名前フィルタから「再実行」を検索。
出てきた再実行の1つを選択し、右下の「ショートカット」を選択

そして、「Ctrl + Shift + Z」を押します
テキストを打ち込むのではなく、実際に押してください!

適用を押すと設定が完了しますが、おそらく
「次のコマンドはすでにショートカットキーが〜」
と表示されると思います。

これはもともと「Ctrl + Shift + Z」には別のショートカットキーが割り当てられているから表示されるんですね。
設定しなおすので、「はい」を押してOK

同様に
ビューを取消し:「Ctrl + Y」
ビューを再実行:「Ctrl + Shift + Y」
と設定してください。

飯塚
これで取消しと再実行をZにて行えるようになりました!

単位の設定


一般設定の
単位 → 表示する単位
から単位を設定します。

大きなモデルをよく扱う方は「m」に、小さなモデルをよく扱う方は「mm」などにするといいですね!

セーフフレーム


オプションからビュー設定を開きます。
(Shift + Vでも開けます。)

セーフフレームタブからセーフフレームにチェックをいれ、不透明度をお好みで調節しましょう。

セーフフレームとはレンダリング範囲を示すものですね。
デフォルトだと薄すぎるので僕は60%ぐらいにしています!

デフォルトシーンの保存

Cinema4Dのプロジェクトファイルを開いた時に、デフォルトで開くファイルの設定をしましょう。

一般設定の設定項目はどのプロジェクトファイルにも適用されますが、
先程の「ビュー設定」や、「プロジェクト設定(Ctrl + D)」はプロジェクトファイル毎にリセットされます。

なので例えば、
「さっきセーフフレームを設定したのに、別のプロジェクトを開いたらまた初期設定に戻ってしまった!」
なんてことが起きるんですね。







てなわけで毎回設定するのはめんどうなので、デフォルトシーンの保存をします。

ウインドウ → カスタマイズ → デフォルトシーンとして保存
をクリックすればOK







変な話、画像のようにモデルをたくさんおいた状態でデフォルトシーンの保存をすれば
毎回最初からこのモデルたちがある状態でスタートできます。

Redshiftの初期設定


Redshiftを導入する方も多いと思うので、Redshiftのおすすめ初期設定も解説!
別記事にまとめましたので、ご参考ください。
【Cinema4D】まずやっておきたいRedshiftの初期設定5選【使い方】

初心者におすすめしたいCinema4Dの記事

初期設定ができたらいよいよって感じですね!
Cinema4Dをがっつり触っていきましょう!

本ブログではCinema4Dの記事をたくさん書いているので、
その中でも初心者の方におすすめの記事を紹介します。

入れておきたいCinema4Dの無料プラグイン

まずおすすめしたCinema4Dの無料プラグインをまとめました。
入れておきたいCinema4Dのおすすめ無料プラグイン、スクリプト8選【フリー】

独学でCinema4Dをゼロからマスターするためのロードマップ

独学の方がCinema4Dをマスターするまでの道のりをまとめた記事です。
ちなみに僕はこの方法で学習していきました!
〜記事調整中〜

まとめ


  • Cinema4Dの初期設定を紹介

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にもCinema4Dのチップスをたくさん載せています。

Cinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です