【Cinema4D】初心者向けRedshiftノード解説 – 「RS Material」の使い方

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!初心者向けRedshiftノード解説シリーズ!
本記事では「RS Material」ノードの解説します。

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきます。

注意
本記事は超初心者向けの記事です。
全ての項目は解説せず、よく使う項目のみを抜粋して解説します。ご了承ください。

「RS Material」ノードの解説

概要



「RS Material」は
Nodes → Materials
の中にあるノードです。

Redshiftマテリアルを作成すると、最初から「Output」に接続されています。



タブメニューはこんな感じ。
今回は、この中で初心者の方にまずは覚えてもらいたい項目について解説します。

Base Properties

「Base Properties」はモデルの質感を決める基本となるパラメータです。



「Base Properties」のタブを選択すると、なにやらズラーっと項目が出てきます。
全部覚えるの大変・・・・と思うかもしれませんが、








メニューを閉じて見ると案外4つだけだったります。
まず覚えてほしいものを抜粋して解説します。








まず「Diffuse」
モデルの「色」を決めるものだと思ってください。








「Color」の色を変えるとモデルの色が変わります。








お次は「Reflection」
「反射」についての設定ができるパラメータです。








「Weight」で反射の強さを変更できます。








「Roughness」で表面粗さの調節が可能です。
読み方は"ラフネス"、つまり"ラフさ"と言う事。







「Roughness」 = 0


「Roughness」 = 0.169

値が大きいほどモデルの表面が粗くなります。
すなわち反射がぼやけていく感覚ですね。0.2ぐらいでも結構ぼやけます。

金属のようなピッカピカのものは「Roughness」の値が小さくなります。

残りのパラメータは屈折率だったり、双方向反射率分布関数だったり最初は難しいと思うので割愛します。
とりあえずは今回解説したところだけおさえておきましょう


パラメータが多すぎて、初心者のうちは何をどう設定していいのかわからないと思います。
なので、最初は「Preset」を活用しましょう。



「Preset」には「Glass(ガラス)」「Gold(金)」「Paper(紙)」などがあります。
各パラメータが設定された状態で保存されていますので、便利です。


Overall

「Overall」では不透明度や発光の調節ができます。








「Opacity」では不透明度の調節が可能。
不透明度は「色」で調節します。黒に近づくほどモデルが透明になっていきます。








「Emission」では発光の設定ができます。
色を設定し、「Emission Weight」をあげればモデルが発光していきます。

「Multi-SSS」、「Coating」他

「RS Material」ノードには他にも「Multi-SSS」や「Coating」タブなどがありますが、個別で解説したほうが良いところなのでここでは割愛します。

飯塚
更新をお待ちください!

実際の使い方

実際の使用例をざっくりと紹介。
「RS Material」に限らずですが、Redshiftではノードでつないで使う方が断然に多いです。








例えばこのような「RS Noise」を








ノードで「Refl Roughness」につないで「Roughness」に不均一性を持たせるやり方や、








「RS Noise」を「Diffuse Color」に繋いでモデルの色にムラを持たせたり。

基本はこういった使い方をしますね。

飯塚
この辺は実践していく上で身につけていくしかない!

初心者がまず覚えるべきRedshiftノード 10選

【日本語解説】初心者がまず覚えるべきRedshiftノード 10選【Cinema4D】 初心者がまず覚えるべきRedshiftを10個まとめました。
勉強中の方はぜひご参考ください。

【余談】Redshiftをマスターしたいなら

おそらくこの記事を見ている人は、Redshiftを勉強中の方だと思います。

そこでですが、今後本気でRedshiftをマスターしたいなら、
個人的には有料の教材を買うことをおすすめします。

【Cinema4D】Redshiftの使い方が学べるおすすめYouTubeチャンネル5選【初心者必見!】 上記記事のように、無料でもチュートリアル動画は探せばあります。
ただ、どれもが「実践レベル」なんですよね。
実践動画は「基礎」を固めてからじゃないと、やってもあまり意味はありません。

そして、無料のもので基礎を1から網羅しているものは、現状ほぼないです。
本記事で全ての機能を網羅するのも難しいですしね。

【Cinema4D】Redshiftの基礎を学ぶなら「LFO Design」を強くおすすめする【チュートリアル】 ちなみに僕はまず「LFO Design」という講座を受講し基礎を固めました。
上記記事で解説しているので、ぜひご参考ください。

飯塚
何事も、まずはとにかく「基礎」!
「基礎」を固めればどんなチュートリアル動画にも挑めるようになりますよ。
速報
LFO Designが「ULTIMATE Edition(アルティメットエディション)」の20%OFFセールを実施中です。
クーポンコードはultimate
$379$297

日本円で約10,000円お安く買えるチャンスです。
セールは終了すると次いつ始まるか分かりません。この機会にぜひ!

まとめ


  • 「RS Material」ノードの使い方を解説
  • Redshiftを今後本気でやるなら、まずは「基礎」を固めよう。

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にもCinema4Dのチップスをたくさん載せています。

Cinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です