【AfterEffects】初心者におすすめな有料プラグイン5選【1位はAE Juice】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

本日は!初心者がまず買うべき有料プラグインをご紹介します!

飯塚
プラグインの種類は多いから迷いますよね
人気な物を5つ紹介します!

初心者がまず買うべき有料プラグイン5選

結論から書くとこの5つです!

  • AE Juice
  • Trapcode Particular
  • Optical Flares
  • flow
  • Element3D

それぞれ簡単に解説していきます!
そして1番初心者が使いやすい & 有能なプラグインはAE Juiceですかね

注意
料金は購入サイトによって違うので「約」をつけています

AE Juice (無料版有り)


AE Juice 公式HP
数千ものアニメーションが入ったパック。
AE Juiceはいつでもどこでも簡単に適用できます。

長年映像を作っていますが、作成済みのアニメーションを使いまわせると作業がとても楽になります。
アニメーションを少し紹介します。


無料で試せるStarter Pack
それぞれのパックのアニメーションをちょっとずつ使えます
まずはこのパックで体験することをおすすめします


1番人気のLiquid Elements
シンプルな2Dアニメーションがこれでもかと入っています


トランジションに使えるアニメーションが入ったパックです
これをワンクリックで適用できるのはいいですね

アニメーションは自分で作って保存するのもいいですが、時間かかっちゃいますもんね。
こちらの記事にまとめていますので、ぜひご参考ください。
【クーポン有】コスパ最強の拡張機能「AE Juice」をレビュー!【合計5000以上のアニメーション】

飯塚
無料版でも十分にアニメーションをゲットできるのでおすすめ。

Trapcode Particular (約6万円)

流体物理エンジンを搭載するAfter Effects専用の3Dパーティクル生成プラグイン

Trapcode Suite販売ページ
RED GIANT社の製品、Trapcode Suiteというプラグインパックに含まれている、Trapcode Particular
もはや持ってない人はいないのではないか!
めちゃくちゃ有名な粒子生成のプラグインです
値段は6万円弱と正直めちゃくちゃ高いですが、表現の幅がえげつなく増えるのでまず買うべきです

標準エフェクトのCC Particle SystemsやCC Particle Worldと何が違うんだ?って最初思っていました
使ってみると全然違います

粒子のサイズ調整や不透明度調整、追従させる粒子の設定や物理エンジン搭載の有無など機能面でParticularは圧勝です
値段が高いのでそのくらいしてもらわないと困るって話ですけどね!
まじで買っておいて損はないプラグイン!

以下の記事のように、煙なんかも一発で作れちゃいます。
【AfterEffects】Trapcode Particularで煙を作ってみよう!【チュートリアル】【RedGiant】

飯塚
慣れるまでは難しいですが、使いこなせると幅が広がります。

RED GIANT社製品が全部入ったRED GIANT COMPLETEもおすすめです。
年間約72,000円ですが個別に買うよりもかなりお得なので僕はこちらを利用しています。
RED GIANT COMPLETE

Optical Flares (約1万3千円)

光学レンズをシミュレートする “レンズフレア作成プラグイン

Optical Flares販売ページ
標準エフェクト「レンズフレア」の強化版のようなプラグイン

こちらも標準エフェクトのフレアと何が違うんだ?って思っていました
使ってみると全然違います Part2


まず自由度が違う
色んな要素を組み合わせて光を作成可能
プリセットもたくさんあるので便利

さらにOptical Flaresは3D配置ができたり、輝度が高い部分だけ光らせたりと汎用性が高いです
こちらも2万円弱と高いですがぜひ入れて欲しいプラグイン

飯塚
Optical Flaresを買うとチュートリアル動画が4つ付いてくるよ!

Flow (約4千円)

Flowは、アニメーションカーブを活用したワークフローを高速化するAfter Effectsエクステンションです

Flow販売ページ
Flowはアニメーションカーブの適用を効率化させるプラグイン


モーショングラフィックスでアニメーションカーブを毎回作っていませんか?
Flowがあれば自作したアニメーションカーブを保存できるのでワンクリックで使い回す事ができるようになります
また、Flowには汎用性の高い25種類のプリセットもあわせて収録!

飯塚
お値段も約3500円と高くないのでおすすめ

Element3D (約2.1万円)


3DCGソフトかと見間違う超リアルな3DCGイメージの生成とアニメーションを After Effects で作成する!そんな理想を実現させたのが、この Video Copilot 社の After Effects プラグイン、Element 3D です。

Element3D販売ページ

After Effects上で3Dを扱えるプラグイン。
3D使っとけばムービーに「すごい感」がでるのでおすすめ

このソフトのいいところは普通の3Dソフトと比べて圧倒的に軽いところ。
さらに高機能でかなり使いやすいソフトとなっています。
ただし、モデリングはできないので注意

Element3Dについてもっと知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。
【Video Copilot】Element3Dで「できること」「できないこと」を徹底レビュー【作品例】 Element3Dの使い方が学べるおすすめのチュートリアル12選【無料ですぐ学べる】

飯塚
いつかElement3D初心者講座を出したいなぁ

プラグインを安く買うには?


Toolfarmでの購入が1番安くておすすめです。


  1. フラッシュバックジャパンで購入
  2. 公式サイトで購入
  3. Toolfarmで購入

プラグインを購入しようとすると、大体この3択になるんじゃないかなと思いますが、
単純に値段が1番安いのがToolfarmなのです。

販売サイト 料金
フラッシュバックジャパン 28,600 円
Video Copilot 199.95 $(約22,165
Toolfarm 189.95 $(約21,056 円)

例えばElement3D。
上記の表はElement3Dの料金表なのですが、Toolfarmが1番安いですよね。


よく出てくるフラッシュバックジャパンは、実は結構割高なので注意したほうがいいです。
たまにセールとかありますが、それでもToolfarmのほうが安い場合が多い。


僕は割高なことに気がつかず結構無駄金を費やしてしまいました涙
何かとお金がかかる映像編集ですので、費用は安くおさえていきましょう!


飯塚
Toolfarmで揃えると結構節約になります。以下のコードでさらにお得にお買い物しましょう!
※Toolfarm Japanというサイトもありますが、こちらは料金が高めなのでご注意!
速報
Toolfarm様より5%OFFクーポンを発行していただきました!
もともと安いToolfarmでさらに安くなるのはありがたい。ぜひご活用ください。
クーポンコード:HIGHFIVE



チェックアウト or カートのページの右下にクーポンコードを打ち込む箇所があります。
ここにHIGHFIVEと入力し、APPLYをクリック








「Saving」と表示されればクーポンコードの割引が適用されます。

※注意
  • クーポンコードは数量限定です。一定の販売数に達しますと、予告なく終了するとの事。ぜひお早めに。
  • クーポンはほとんどの製品で使えますが、「aescripts社」の製品には使えませんのでご了承ください。
  • ※ただし、今回紹介した中で「AE Juice」だけは、公式HPから買ったほうが安いです。

    まとめ

    • AE Juice
    • Trapcode Particular
    • Optical Flares
    • flow
    • Element3D

    5つ厳選してあげてみました

    どれもこれも結構高いですが、買って損は絶対ありません!
    まだ何もプラグインを購入した事がない方はぜひ検討してみてください

    全部一気に買うのはきついと思うので、この中からさらに1つだけ選ぶとしたら・・・
    AE Juiceですね!
    初心者の方は、まずは完成済みのアニメーションをたくさん持っておくだけで表現の幅が増えますよ。

    それでは今回の記事は以上です。
    このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
    映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



    Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
    フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

    ※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
    【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

    それでは!デリュージョン飯塚でした。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です