【AfterEffects】初心者が買うべきおすすめの有料プラグイン5選

こんにちわ!

こんな感じのCG合成動画チャンネルを運営中のファイアー飯塚と申します!

 

 

本日は!初心者がまず買うべき有料プラグインをご紹介します!

飯塚
プラグインの種類は多いから迷いますよね
人気な物を5つ紹介します!

おすすめ有料プラグイン5選

結論から書くとこの5つです!

  • Trapcode Particular
  • Optical Flares
  • flow
  • Neat Video
  • Reel Smart Motion Blur

 

それぞれ簡単に解説していきます!

注意
料金は購入サイトによって違うので「約」をつけています

Trapcode Particular (約6万円)

流体物理エンジンを搭載するAfter Effects専用の3Dパーティクル生成プラグイン

 

 

もはや持ってない人はいないのではないか!

めちゃくちゃ有名な粒子生成のプラグインです

値段は6万円弱と正直めちゃくちゃ高いですが、表現の幅がえげつなく増えるのでまず買うべきです

 

 

標準エフェクトのCC Particle SystemsやCC Particle Worldと何が違うんだ?って最初思っていました

使ってみると全然違います

 

 

粒子のサイズ調整や不透明度調整、追従させる粒子の設定や物理エンジン搭載の有無など機能面でParticularは圧勝です

値段が高いのでそのくらいしてもらわないと困るって話ですけどね!

まじで買っておいて損はないプラグイン!

 

飯塚
まず最初に買うべき!

Optical Flares (約2万円)

光学レンズをシミュレートする “レンズフレア作成プラグイン

 

標準エフェクト「レンズフレア」の強化版のようなプラグイン

 

 

こちらも標準エフェクトのフレアと何が違うんだ?って思っていました

使ってみると全然違います Part2

 

 

まず自由度が違う

色んな要素を組み合わせて光を作成可能

プリセットもたくさんあるので便利

 

 

さらにOptical Flaresは3D配置ができたり、輝度が高い部分だけ光らせたりと汎用性が高いです

こちらも2万円弱と高いですがぜひ入れて欲しいプラグイン

 

飯塚
Optical Flaresを買うとチュートリアル動画が4つ付いてくるよ!

Flow (約5千円)

Flowは、アニメーションカーブを活用したワークフローを高速化するAfter Effectsエクステンションです

 

Flowはアニメーションカーブの適用を効率化させるプラグイン

 

 

モーショングラフィックスでアニメーションカーブを毎回作っていませんか?

Flowがあれば自作したアニメーションカーブを保存できるのでワンクリックで使い回す事ができるようになります

また、Flowには汎用性の高い25種類のプリセットもあわせて収録!

 

 

飯塚
お値段も5千円と高くないのでおすすめ

Neat Video (約2万円)

ブロックノイズやグレイン、ダストやスクラッチなどを完全除去!ディティールを保ちノイズだけを除去するノイズリダクションプラグイン

 

ノイズを除去してくれるプラグイン

標準エフェクトでもノイズ除去はあるのですが、Neat Videoはそれよりも遥かに精度が良いです

全体のディティールを損なわずノイズだけ削除してくれるので便利

 

 

飯塚
最後の仕上げはNeat Videoで決まり

Reel Smart Motion Blur (約2万円)

ReelSmart Motion Blur (RSMB) は、撮影済みの実写映像や、3DCGアニメーションの動きのある部分に、自然なモーションブラーを後付けする映像アプリケーション用のプラグインです。

 

RSMBは業界必須のモーションブラープラグイン

高速で自然なブラーをかける事ができます

 

 

特に3DCGの合成の際に大活躍するのではないでしょうか

 

 

モーションブラーは使用頻度も高い

ぜひ購入を検討してみてください

飯塚
購入者で不満の声を聞いた事がありません!

まとめ

  • Trapcode Particular
  • Optical Flares
  • flow
  • Neat Video
  • Reel Smart Motion Blur

 

5つ厳選してあげてみました

 

 

どれもこれも結構高いですが、買って損は絶対ありません!

まだ何もプラグインを購入した事がない方はぜひ検討してみてください

 

 

全部一気に買うのはきついと思うので、この中からさらに1つだけ選ぶとしたら・・・

Particularですね!

表現の幅が本当に増えます

 

 

それではまた別の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です