【AfterEffects】虹を標準エフェクトで簡単に作る方法!アーチ状にする応用編も

こんにちわ!
映像編集者のファイアー飯塚と申します!

 
 
今回は
「虹」をAfterEffectsで作る方法を教えます!
標準エフェクトで簡単に作れるのでぜひ参考にしてください!
注意
英語版のAfterEffectsを使って解説します
日本語版でも操作は同じです

関連記事
【AfterEffects】英語版と日本語版どっちを使うのがおすすめ?英語版で起動する方法も解説

虹の作り方


まずは平面レイヤーを作成
 
 

Generate(描画) → Gradient Ramp(グラデーション)
を平面レイヤーに適用
 
 

平面にグラデーションが追加されました!
 
 

Color Correction(色調補正) → Colorama(コロラマ)
を同じく平面レイヤーに適用
 
 

すると、平面が虹色になります!
これで完成です!

応用編〜アーチ状の虹を作る〜

アーチ状の虹を作っていきましょう
 

まず、ColoramaのOutput Cycle → Cycle Repetitionを4.8ぐらいに増やします
色の繰り替えしが多くなるはずです
 
 

次に
Transition(トランジション) → Linear Wipe(リニアワイプ)
を先ほどのレイヤーに適用
 
 
画像のように60%ほど適用して、角度を0にしてください
するとレイヤーの下部分がカットされます
 
 

次にこれをアーチ状に曲げます
Distort(ディストーション) → CC Bend it
を適用
 
Startを中央に、Endを右端に配置します(大体でOK)
Render PrisetはMirrorに設定します
 
 

Bendの量を増やすとアーチ状の虹が完成です!
 

まとめ

いかがでしたでしょうか!
簡単に虹を作る方法を紹介しました
 
 
イラストなどにぜひ活用してください
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です