【AfterEffects】初心者にもおすすめの無料プラグイン「FX Console」の使い方や導入方法を解説!

こんにちわ!
映像編集者のファイアー飯塚と申します!

 
 
本日は我らが神会社のVIDEO COPILOTの神プラグイン
「FX Console」を紹介します!
 
 
これが無料はすごいぜ!
まだ入れてない人はぜひ参考に!
参考 FX ConsoleVIDEO COPILOT  
飯塚
VIDEO COPILOT・・・流石だ
【レポ】VIDEO COPILOT LIVE! JAPAN 2019に行ってきたよ【感想】

FX Consoleとは


エフェクトの検索ツールの決定版
とでも言いましょうか!
 
 
とにかくFX Consoleを使えばエフェクトの適用が5倍は早くなります
 
 
普通エフェクトを適用する時は

エフェクト → 色調補正 → トーンカーブ

のようにメニューから選ぶか、エフェクトプリセットから検索して適用すると思います
 
 
しかしFxConsoleを使えば Ctrl + spaceで検索ウインドウを呼び出せ、素早くエフェクトを適用できます
これがすごく便利
 
 
他にも透過付きスクリーンショット、エフェクトのショートカットの制作、エフェクトプリセット作成などの機能があります

飯塚
僕は基本検索ウインドウの呼び出しにしか使わないけどね!

導入方法

参考 FX ConsoleVIDEO COPILOT 上記リンクにアクセス
 
 

FX Consoleのダウンロードリンクをクリック
WindowsとMacでリンクが異なるので注意
 
 

解凍してインストーラを起動
Nextをクリック
 
 

FX ConsoleをインストールするAfterEffectsのバージョンを選びます
基本なにもいじらずNextでOK
 
 

Nextをクリック
 
 

この画面が表示されれば無事インストール完了です
 
 
飯塚
もちろん無料です!

使い方


エフェクトを適用したいレイヤーを選択し
Ctrl + space
を押すと検索ウインドウが表示されます

MEMO
歯車マークからショートカットの変更ができます
 
 

検索し、エンターを押すとエフェクトが適用される
 
 
エフェクトをかけるまでの工程が減るので大幅な効率アップが見込めますね!

日本語版だと不具合が生じる?

参考 日本語AEでFX Consoleが落ちる問題AEP Project この神プラグインFX Consoleですが、日本語版AfterEffectsではうまく動作しない事が多々あるようです
FX Consoleに限らず、海外製のプラグインは日本語版と親和性がとれないものが結構あります
 
 
今後もAfterEffectsをしっかり学習したい人は英語版での使用をおすすめします
【AfterEffects】英語版と日本語版どっちを使うのがおすすめ?英語版で起動する方法も解説

まとめ

神プラグインFX Consoleの紹介でした
もはやAfterEffects利用者には必須プラグインと言えるのでぜひインストールしましょう
 
 
それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です