【After Effects】フラクタルノイズのループ素材 作り方を解説【背景素材に活用】

こんにちわ!
映像編集者のファイアー飯塚と申します!

今回は!エフェクトのフラクタルノイズでループ素材を作る方法を解説します。

この記事で学べる事
  • フラクタルノイズでループ素材を作る方法
  • 別のやり方でループ素材を作る方法 おまけ

ループ素材は長尺にも使えて非常に便利なので覚えておくと良いです。

この記事を書いた人
ファイアー飯塚
  •     映像編集者
        (副業:15 ~ 20万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
ゲーム実況したりふざけた映像作ったり。
企業様の広告CMや結婚式ムービーを作成してます。

僕は現在After EffectsやPremiere Proを使って映像編集のフリーランスをしています。
ループ素材集の販売も実施中。

それではいきましょう!

フラクタルノイズでループ素材を作る方法 2つ


フラクタルノイズでループ素材を作る方法を2つ紹介します。

  • Evolution(展開)でループ
  • Offset Turbulence(乱気流のオフセット)でループ
それぞれ見ていきましょう!

Evolution(展開)でループ


こんな感じでフラクタルノイズのEvolution(展開)アニメーションでループできる素材を作ります。


結論から書くと、Evolution(展開)でループのやり方は以下の通り。

  • Evolution Options(展開のオプション)の項目を開く
  • Cycle Evolution(サイクル展開)にチェック
  • Cycle(in Revolutions)(サイクル(周期))の数値を設定

これでループさせることができます。

Cycle(in Revolutions)(サイクル(周期))の数値はループする回転数を指します。
例えば、「5」にすると、5回転ごとに同じ動きで展開してくれます。







作例として、10秒のループ素材を作ってみます。
10秒のコンポジションにフラクタルノイズを用意し、

0秒のところでEvolution(展開)0°でキーフレーム
10秒のところで5x+0°でキーフレーム

つまり、10秒で5回転のEvolution(展開)がされるようにしました。







その後、Cycle Evolution(サイクル展開)にチェック
Cycle(in Revolutions)(サイクル(周期))の数値を5に設定

これで10秒のループ素材が完成しました。
簡単ですね。

Offset Turbulence(乱気流のオフセット)でループ


お次はこんな感じでフラクタルノイズが横移動(または縦移動)してもループできる素材を作ります。
今回も10秒のループ素材を作ってみましょう!







まず「20秒」のコンポジションを準備。そこにフラクタルノイズの平面をセット。
Transform(トランスフォーム)の中にある、
Offset Turbulence(乱気流のオフセット)にエクスプレッション = [time*1000,value[1]] を設定

valueってなに?

valueとは「今設定しているパラメータを使いますよ」というエクスプレッション。
value[数値]の数値は次元を入力します。今回は2次元なので0を入れるとXの値、1を入れるとYの値になるというわけですね。







次に10秒のコンポジションを作成し、先ほどの20秒のコンポジションを入れてください。
そして、コンポジションのアウトポイントが終了時間ぴったりになるように移動。

0秒のところでOpacity(不透明度)= 100 でキーフレーム
10秒のところでOpacity(不透明度)= 0 でキーフレーム







さらに20秒のコンポジションを追加

今回は移動させずにそのまま
0秒のところでOpacity(不透明度)= 0 でキーフレーム
10秒のところでOpacity(不透明度)= 100 でキーフレーム

これで10秒のループ素材が完成!

飯塚
ずっと移動し続けるフラクタルノイズができましたね。
Evolution(展開)と組み合わせるとより良い物ができます。
試してみてね!
なぜこれでループになるの?
答えとしては「コンポジションの最初と終わりの状態が同じだから」です。
この方法はフラクタルノイズやMirのような複雑な形状の場合に使えます。

ループ素材を作る方法まとめ


»記事調整中
上記リンクでは別のやり方でループ素材を作る方法をまとめましたので、ぜひご参考ください。
Particular、Form、トランスフォームなどでループ素材を作る方法を載せています。

»記事調整中
ループ素材のaepファイルが欲しい方は、上記の記事からどうぞ。
無料特典で5個のループ素材 & aepプロジェクトを配布中です。

他人のaepファイルを見るとかなり勉強になりますよ。

飯塚
ループ素材は便利なので持っておくと何かと助かる。

まとめ


  • Evolution(展開)でループ素材作成
  • Offset Turblence(乱気流のオフセット)でループ素材作成
いかがだったでしょうか。
ループ素材は長尺にも使えて便利ですよね。
youtube動画やサムネイルで背景としてよく使ってます。

ぜひループ素材の作り方をマスターしましょう!

このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
副業やyoutube運営のコツなどの情報も随時更新しているので
ぜひまた遊びにきてくださいね。

それでは!飯塚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です