Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【限定クーポン有】Neat Videoを最も安く買う方法を解説!【価格】【ノイズ除去】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Neat Videoを最も安く買う方法を解説!

結論、
Home版 → 公式サイト
Pro版 → Toolfarm
バンドル製品 → 公式サイト
からの購入が最安値です。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

映像系のプラグインって購入場所で全然値段が違うから注意が必要ですよね・・・。

Neat Videoを最も安く買う方法は?

それでは最も安く買う方法を解説していきます。


Neat VideoにはHome版とPro版が存在し、料金が異なります。

冒頭でも書きましたが、それぞれ
Home版 → 公式サイト
Pro版 → Toolfarm
からの購入が最安値です。

主な購入サイトのフラッシュバックジャパン、公式HPToolfarmを比較してみます。
※例として、After Effects版の料金を記載。

Neat Videoの料金表
販売サイト(商品リンク) Home版 Pro版
フラッシュバックジャパン - 18,700円
公式サイト $74.90
約8,600円
$129.90
約14,900円
Toolfarm - $123.40(クーポン使用で$117.23)
約14,200円(クーポン使用で約13,500円)

料金を見るとToolfarmがお得。
Home版の場合、そもそも公式サイトでしか販売いないので、ここが最安値です。

Pro版の場合、フラッシュバックジャパンはたまにセールをやっていますが、それを考慮してもToolfarmの方が安いので
セールを待つ必要もありません。

さらにToolfarmでは表に記載の通りクーポンが利用可能。
下記のクーポンを適用すると5%OFFで購入可能。
現状はこの買い方が1番安いですね。

2022年6月28日 速報
Toolfarmでは現在5%OFFクーポンが使用可能です!
もともと安いToolfarmでさらに安くなるのはありがたい。ぜひご活用ください。
クーポンコード:MYCART



チェックアウト or カートのページの右下にクーポンコードを打ち込む箇所があります。
ここにMYCARTと入力し、APPLYをクリック








「Saving」と表示されればクーポンコードの割引が適用されます。

※注意
  • クーポンは予告なく終了する可能性があります。ぜひ使えるうちにお早めにどうぞ。
  • クーポンはほとんどの製品で使えますが、「aescripts社」の製品には使えませんのでご了承ください。
  • 公式サイトから購入する場合と製品に差はないのでご安心ください。
  • 今回はAfter Effects版にて比較をおこないましたが、他のソフトの場合でも同じ結果です!

    飯塚
    Toolfarmはプラグインをかなり安く買えるので、プラグイン購入の際はおすすめです。
    バンドル製品は公式サイトしか売っていない。


    「After Effects & Premiere Pro」「Final Cut Pro & Premiere Pro」など
    2つのソフトで使えるようになるバンドル製品は公式サイトしか売っていないので注意です。

    Home版とPro版どっちがおすすめ?

    個人的にはPro版一択。
    Homeだとサイズに制限がある & 商用利用ができないため!


    HomeとProの違い
    最大サイズ 1920x1080 上限無し
    2つ以上のGPUを同時に使用する機能 ×
    商用利用 ×
    公式サイトの価格 $74.90 $129.90

    「1920x1080までしか扱わないよ!」
    「商用利用に興味はなく、個人制作でしか使わないよ!」
    という方はHomeでも良いかも。

    まとめ


    いかがだったでしょうか。
    映像編集って何かとお金がかかるので、節約できるところは節約することが賢いやり方です!
    ぜひクーポンを活用してお安くお買い求めください!

    それでは今回の記事は以上です。
    このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
    映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



    Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
    フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

    ※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
    【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

    それでは!デリュージョン飯塚でした。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です