【AfterEffects】影をエフェクトで表現する5つやり方 ドロップシャドウやCC Slant【チュートリアル】

こんにちわ!
映像編集者のファイアー飯塚と申します!

 
 
本日は!AfterEffectsで影をエフェクトで表現する方法を5つ紹介します!
影と言えば「3D化してシャドウを落とす、受ける」がパッと浮かびそうですが、
今回はそれ意外で影を表現する方法を5つ教えます!
 
 
影と言うのは非常に重要
付けるだけでクオリティが倍増します
飯塚
3Dレイヤー化せずに影を付けると動作も軽いのでオススメ!
 
この記事で学べること
  • AfterEffectsを使った影を表現5つ
  • 映像のクオリティアップ!
この記事を書いた人
ファイアー飯塚
  •     映像編集者
        (副業:15万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
ゲーム実況したりふざけた映像作ったり。
企業様の広告CMや結婚式ムービーを作成してます。

5つの影表現紹介


今回はこちらのテキストを例に影を付ける方法を紹介!
4つは無料、1つは有料
 

注意
英語版の画面で解説しますが、日本語版でもやり方は変わりません

方法:1 ドロップシャドウ


Effect → Perspective(日本語版:遠近) → Drop Shadow(日本語版:ドロップシャドウ)
任意のテキストレイヤーにエフェクトをかけます
 
 
定番のやり方ですよね
Distance(距離)やSoftness(柔らかさ)などをいじってお好みの影を表現しましょう

飯塚
最初はこれやるだけでもクオリティがグッと上がるので非常におすすめ!

方法:2 CC Radial Blur


まず影を付けたいレイヤーを複製します
 
 

複製したレイヤーに
Effect → Generate(日本語版:描画) → Fill(日本語版:塗り)
を適用

色は黒にしてください
後ろに隠れているレイヤーなので、テキストに変化はまだ無し
 
 

Effect → Blur & Sharpen(日本語版:ブラー&シャープ) → CC Radial Blur
をさらに適用
まだテキストに変化は無し
 

Amountを負の値にすると、テキストに影ができます
ドロップシャドウとは違った表現ですよね
 
 

Centerを画面外部のかなり上に持っていき
Amountを正の値にしても面白い表現ができます
上から光が当たっているように見えますね
 
 

飯塚
設定次第でいろいろ応用が効くので試してみてください

方法:3 CC Slant


先ほどと同様にレイヤーを複製し、Fill(塗り)を適用
 
 

Effect → Distort(日本語版:ディストーション) → CC Slant
を複製したレイヤーに適用
 
 
Slantの値を上げると影が表現できます
 
 

飯塚
前方から光を当てたような影!

方法:4 3D回転


複製してFill(塗り)をかけるとこまでは同じ
 
 

複製したレイヤーの3Dボックスにチェック

飯塚
この項目が見当たらない場合はF4を押してみて!
 
 

複製したレイヤーのアンカーポイントをテキストの下部に持っていきます
 
 

X回転してあげると影が表現できます
 
 
飯塚
X回転を負の値にして影を手前に持ってきてもGOOD

方法:5 VFX Shadow(有料)


有料ですが、RedGiant社が販売している「VFX Shadow」も非常に使い勝手が良いです
ドロップシャドウと同じくレイヤー1つで完結するので複雑にならずにすみます
 
 
少し高いですが購入する価値は十分有り
参考 VFX Shadowフラッシュバックジャパン

まとめ

今回は一部しか紹介していませんが、影を表現する方法はまだたくさんあります
そして、影を付けるだけでクオリティはグッとあがるはず!
とりあえず困ったらドロップシャドウ付けてみると良いです!
 
 
今回の方法を理解して応用してみてください!
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です