【AfterEffects】影をエフェクトで表現する5つやり方 ドロップシャドウやCC Slant【チュートリアル】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

 
 
本日は!AfterEffectsで影をエフェクトで表現する方法を5つ紹介します!


 
 
こちらのツイートを深掘りしていきましょう。
影は付けるだけでクオリティが倍増します

飯塚
3Dレイヤー化せずに影を付けると動作も軽いのでオススメ!
 
この記事で学べること
  • AfterEffectsを使った影を表現5つ
  • 映像のクオリティアップ!
この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

5つの影表現紹介


今回はこちらのテキストを例に影を付ける方法を紹介!
4つは無料、1つは有料
 

注意
英語版の画面で解説しますが、日本語版でもやり方は変わりません

方法:1 ドロップシャドウ


Effect → Perspective(日本語版:遠近) → Drop Shadow(日本語版:ドロップシャドウ)
任意のテキストレイヤーにエフェクトをかけます
 
 
定番のやり方ですよね
Distance(距離)やSoftness(柔らかさ)などをいじってお好みの影を表現しましょう

飯塚
最初はこれやるだけでも雰囲気がよくなるので非常におすすめ!

方法:2 CC Radial Blur


まず影を付けたいレイヤーを複製します
 
 

複製したレイヤーに
Effect → Generate(日本語版:描画) → Fill(日本語版:塗り)
を適用

色は黒にしてください
後ろに隠れているレイヤーなので、テキストに変化はまだ無し
 
 

Effect → Blur & Sharpen(日本語版:ブラー&シャープ) → CC Radial Blur
をさらに適用
まだテキストに変化は無し
 

Amountを負の値にすると、テキストに影ができます
ドロップシャドウとは違った表現ですよね
 
 

Centerを画面外部のかなり上に持っていき
Amountを正の値にしても面白い表現ができます
上から光が当たっているように見えますね
 
 

飯塚
設定次第でいろいろ応用が効くので試してみてください

方法:3 CC Slant


先ほどと同様にレイヤーを複製し、Fill(塗り)を適用
 
 

Effect → Distort(日本語版:ディストーション) → CC Slant
を複製したレイヤーに適用
 
 
Slantの値を上げると影が表現できます
 
 

飯塚
前方から光を当てたような影!

方法:4 3D回転


複製してFill(塗り)をかけるとこまでは同じ
 
 

複製したレイヤーの3Dボックスにチェック

飯塚
この項目が見当たらない場合はF4を押してみて!
 
 

複製したレイヤーのアンカーポイントをテキストの下部に持っていきます
 
 

X回転してあげると影が表現できます
 
 
飯塚
X回転を負の値にして影を手前に持ってきてもGOOD

方法:5 VFX Shadow(有料)


有料ですが、RedGiant社が販売している「VFX Shadow」も非常に使い勝手が良いです
ドロップシャドウと同じくレイヤー1つで完結するので複雑にならずにすみます
 
 
VFX ShadowはVFX SUITEというプラグイン集に含まれていて、少し高いですが購入する価値は十分有り
VFX SUITE

更に影のクオリティを上げるには「ライト」をのせる


どうせ影をつけるなら、更なるクオリティアップを目指しましょう!
より影を際立たせるには、ライトをのせると良いです!







例えば、このような立体的なテキスト。







方法:2 CC Radial Blurにて、テキストの下部に影をつけました。

影がついたことで立体感が増し、良い見た目になりましたが、
ここでライトをのせてみましょう。







右上にライトをのせることで影が際立ち、更にクオリティが上がりました。
割とポピュラーな方法ですが、スターウォーズの編集を手掛けた
Video Copilot社のアンドリューもこの技法を使っています。

そもそも影というものは光があるから生まれるものなので、クオリティがあがるのは至極当然のことですね!







ライトの色を変えてもまた雰囲気が変わりますね。
影をつけるときはライトもご一緒に!







ちなみに、ライト作成はOptical Flaresというエフェクトプラグインをおすすめします。
ちょっと高価ですが無限のライト表現が可能で、影との相性はバッチリ。
【AfterEffects】Optical Flaresと標準のレンズフレアの違いを解説!【プラグイン比較、使い方】【Video Copilot】






僕は毎回作るのがめんどくさいので、ライト素材をたくさんストックしています。
その都度エフェクトで作ると重いし、時間がかかるのが嫌なので笑

飯塚
一度作ったものは素材としてストックするクセをつけるといいですよ!







※ライト素材を作るのがめんどくさい!という人のために、
 僕が作ったライト素材集「IzukaLightPack」を配布します。
 全部作るのにわりと時間がかかりましたが、格安の500円で配布。
»ライト素材集「IzukaLightPack」商品ページヘ
MEMO
※おかげさまで販売個数が50個を超えました。特別感謝セールとして、500円 → 300円で販売中です。
セールは一定の販売個数に達しますと予告なく終了しますので、ぜひお早めに。

まとめ

今回は一部しか紹介していませんが、影を表現する方法はまだたくさんあります
そして、影を付けるだけでクオリティはグッとあがるはず!
とりあえず困ったらドロップシャドウ付けてみると良いです!
 
 
今回の方法を理解して応用してみてください!

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です