【効率化】Element3Dのマテリアルをプリセット保存する方法【After Effects】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Element3Dのマテリアルを保存する方法を解説!

この記事はこんな人におすすめ
  • Element3Dマテリアルの保存方法を知りたい
  • 毎回マテリアルを作ってしまう
  • マテリアルをたくさんストックしておきたい
この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

保存方法は非常に簡単なので、たくさん保存して使い回しましょう。

それではいきます!

Element3Dのマテリアルを保存する方法


マテリアルを保存するには、Element3Dの編集画面に入り、
マテリアルを右クリック → Save as Material Preset
をクリック。







保存場所を選択し、名前を変更して、OKをクリック。
以上で保存が可能です。

飯塚
簡単ですね!







保存したマテリアルは、ドラッグ&ドロップでいつでもモデルに適用可能。
別のプロジェクトでも使い回すことができます。

毎回同じ物を作っていては効率が悪すぎるので
マテリアルは作ったら保存するくせをつけましょう。

ストックがたくさんあればかなり効率化できます。






【Element3D】約300種類のマテリアルパック!「Pro Shaders 2」徹底レビュー!【Video Copilot】 個人的に、マテリアルは有料のもので一気に揃えるのもあり。
有名どころでいくと、300種類以上のマテリアルを収録した「Pro Shader2」がおすすめ。
お値段は10000円ですが、公式が販売しているのでクオリティは高いです。






【100種類で2000円】コスパ最強の「Element3Dマテリアルパック」をリリース 10000円は高すぎる!という方は、本ブログで販売しているマテリアルパックもぜひご検討ください。
コスパは最強です。

期間限定セール中!
本ブログで販売中のElement3Dのマテリアルパック、「E3D-IzukaMaterialPack」は
期間限定セール中です。

2000円1500円

※セールは一定の販売個数に達しますと予告なく終了します。
この機会にぜひ。
»「E3D-IzukaMaterialPack」購入ページへ

飯塚
たくさん持っておくとマテリアルで困ることはなくなりますね。
映像の幅が広がりますよ!

覚えておきたい「Video Copilot」フォルダ


マテリアルのファイルは.emfファイルとして「Video Copilot」フォルダに保存されます。
このフォルダはElement3Dを使う上で、よくアクセスするフォルダなので場所を覚えておきましょう。

Windows : C:\Users\(ユーザー名)\Documents
Mac : Users/(ユーザー名)/Documents

基本的に上記のようなドキュメントフォルダにあると思います。
「Video Copilot」フォルダの「Materials」フォルダに、先ほど保存したマテリアルフォルダがあるはずです。

飯塚
ちなみにモデルは「Models」フォルダにあるよ

まとめ


  • Element3Dのマテリアル保存は「右クリック → Save as Material Preset」
  • 今後も使いまわせるように、作ったら保存するクセをつけよう
  • 有料のマテリアルで一気に揃えるのもあり
いかがだったでしょうか。
無事にマテリアルを保存できていたら幸いです。

Element3Dマテリアルはたくさん持っておくと確実に時短に繋がります。
ぜひストックすることをおすすめします!

【保存版】Element3D情報まとめ 使い方・レビュー・最安値情報など【20記事以上】 本ブログでは他にもたくさんElement3Dに関する記事を書いていますので、
ぜひまた遊びに来てくださいね。

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です