【AfterEffects】レターボックスが作成できる無料プリセット「Aspect Ratio」をご紹介【Video Copilot】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

 
 
今回はレターボックスを作成できるプリセットをご紹介!
レターボックスつけるだけでなんとなく映画っぽくなるのでおすすめ!
 
我らがVideo Copilot様が無料で配布しているのでぜひゲットしましょう!
飯塚
使い方も解説するよ!

「Aspect Ratio」ダウンロード&インストール方法


Video Copilot Aspect Ratio Letterbox
上記リンクからVideo Copilotのページへ行き、「PROJECT FILE」をクリック
 
 

ダウンロードしたファイルを解答し「Video Copilot Presets」をクリック
 
 

すると色んな言語のフォルダがでてきます
残念ながら日本語はないので、Englishにしましょう
 
 

進んでいくと、たくさんのフォルダが現れると思います
実はさっきダウンロードしたのはVideo Copilotが作成しているプリセット集だったんですね
今回はレターボックスを作成するプリセットが欲しいので、「Aspect Ratio」を開きましょう
 
 

すると3つの.ffxファイルが入ってると思います
 
 

このファイルをAfterEffectsのプリセットフォルダに丸々コピーすればOKです
 
 
AfterEffectsのプリセットフォルダはインストール時の設定によってみなさん違いますが
Windows:C:\Users\ユーザー名\Documents\Adobe\After Effects 2020\User Presets
Mac:アプリケーション\Adobe After Effects 2020\Presets

おそらくこのあたりだと思います
 
わからない場合は
「After Effects 2020」
のようにお使いのバージョンで検索をかけてみてください

「Aspect Ratio」の使い方


色んな使い方があるとは思いますが、僕は真っ黒の平面レイヤーに適用しています
平面レイヤーを作成 色は真っ黒
 
 

エフェクト & プリセットウインドウの検索窓で
「aspect」と検索してください
すると先程入れたAspect Rarioがあるはず
2.4のやつを平面に適用してみましょう

MEMO
エフェクト & プリセットが表示されて無い方は「Ctrl + 5」で表示させよう
 
 

すると黒い平面の上下が切り取られちゃいます
ここでさらに黒い平面に「反転(invert)」エフェクトを適用
 
 

チャンネルをアルファ「Alpha」にして完成!
黒枠の大きさを変えたい時は
Aspect Ratio の値を変えればOKです
 
 
飯塚
2.3とかがちょうど良い気がするね

まとめ

いかがでしたでしょうか!
簡単にレターボックスが適用できるのは嬉しいですよね!
 
 

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です