【AfterEffects】レターボックスが作成できる無料プリセット「Aspect Ratio」をご紹介【Video Copilot】

こんにちわ!

こんな感じのCG合成動画チャンネルを運営中のファイアー飯塚と申します!

 

 

今回はレターボックスを作成できるプリセットをご紹介!

レターボックスつけるだけでなんとなく映画っぽくなるのでおすすめ!

 

我らがVideo Copilot様が無料で配布しているのでぜひゲットしましょう!

飯塚
使い方も解説するよ!

「Aspect Ratio」ダウンロード&インストール方法

Video Copilot Aspect Ratio Letterbox

上記リンクからVideo Copilotのページへ行き、「PROJECT FILE」をクリック

 

 

ダウンロードしたファイルを解答し「Video Copilot Presets」をクリック

 

 

すると色んな言語のフォルダがでてきます

残念ながら日本語はないので、Englishにしましょう

 

 

進んでいくと、たくさんのフォルダが現れると思います

実はさっきダウンロードしたのはVideo Copilotが作成しているプリセット集だったんですね

今回はレターボックスを作成するプリセットが欲しいので、「Aspect Ratio」を開きましょう

 

 

すると3つの.ffxファイルが入ってると思います

 

 

このファイルをAfterEffectsのプリセットフォルダに丸々コピーすればOKです

 

 

AfterEffectsのプリセットフォルダはインストール時の設定によってみなさん違いますが

Windows:C:\Users\ユーザー名\Documents\Adobe\After Effects 2020\User Presets

Mac:アプリケーション\Adobe After Effects 2020\Presets

おそらくこのあたりだと思います

 

わからない場合は

「After Effects 2020」

のようにお使いのバージョンで検索をかけてみてください

「Aspect Ratio」の使い方

色んな使い方があるとは思いますが、僕は真っ黒の平面レイヤーに適用しています

平面レイヤーを作成 色は真っ黒

 

 

エフェクト & プリセットウインドウの検索窓で

「aspect」と検索してください

すると先程入れたAspect Rarioがあるはず

2.4のやつを平面に適用してみましょう

MEMO
エフェクト & プリセットが表示されて無い方は「Ctrl + 5」で表示させよう

 

 

すると黒い平面の上下が切り取られちゃいます

ここでさらに黒い平面に「反転(invert)」エフェクトを適用

 

 

チャンネルをアルファ「Alpha」にして完成!

黒枠の大きさを変えたい時は

Aspect Ratio の値を変えればOKです

 

 

飯塚
2.3とかがちょうど良い気がするね

まとめ

いかがでしたでしょうか!

簡単にレターボックスが適用できるのは嬉しいですよね!

 

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です