【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【クーポン有】Topowireの使い方&レビュー!簡単にワイヤーを作成!【Cinema4Dおすすめプラグイン】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Cinema4Dでワイヤーを作成できるプラグイン!
Topowireをご紹介!

この記事はこんな人におすすめ
  • Cinema4Dでワイヤー表現をしたい
  • Topowireの使い方が知りたい
  • Topowireをできるだけ安く買いたい
TopowireはMerkさんという方が作ったプラグイン。
本記事では使い方、価格、そして最も安く買う方法まで解説します!

簡単にワイヤー表現ができる非常に便利なプラグインなのでおすすめです!

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

2022年9月30日 速報
現在セール中で40%OFF限定クーポンを発行中!
クーポンコードはc4d2023です!

Merk様が販売中のプラグイン全てに適用可能です!TopowirePoly Greebleなどなど)
全部入りのセット「Cinema4D - All Plugins Pack」なら$215(約29,000円)もお得になります!

購入時、「ディスカウントコード」の欄に入力すれば適用可能です。
クーポンは提携が終了次第、予告なく終了する恐れがあります。ぜひお早めに。

»Merk様のプラグイン一覧
2022年9月30日 速報
なんとMerkさんより本ブログ限定の20%OFF限定クーポンをいただきました!
クーポンコードはIZUKAです!

Merk様が販売中のプラグイン全てに適用可能です!TopowirePoly Greebleなどなど)
全部入りのセット「Cinema4D - All Plugins Pack」なら$110(約14,900円)もお得になります!



購入時、「ディスカウントコード」の欄に入力すれば適用可能。
クーポンは提携が終了次第、予告なく終了する恐れがあります。ぜひお早めに。

»Merk様のプラグイン一覧

Topowireとは?


Topowire(トポワイヤー)はCinema4Dでワイヤーを簡単に作る事ができるプラグインです。
冒頭でも書きましたが、Merkさんという方が作成されています。








単純にオブジェクトをワイヤー表現にしたり、








オブジェクト同士をワイヤーで結ぶ表現をする事も可能。








物理シミュレーションもワンクリックで行えます。








以前「VIDEO COPILOT LIVE! JAPAN 2019」という場所でプロの方の講義を受けたんですが、
そこでもTopowireは使われていましたね。

電線、Si-Fi表現には持ってこいです。

飯塚
とまぁかなり使い勝手がよいプラグインなんです!

Topowireの使い方

それではざっくりと使い方を解説します。




インストール方法は他のプラグインと同様で、
Cinema4Dのプラグインフォルダに「Topowire (バージョン名)」をコピペすればOKです。

その後、Cinema4Dを起動し、上部メニューの「機能拡張」から使用する事ができます!










Topowireの使い方はシンプルで、ジェネレータのようにオブジェクトの親に設定すればOK
子の形状に合わせてワイヤーを作成してくれます。

Topowireはデフォルトだとスプラインとして機能しています。

また、Redshiftタグがついていますが、これは自動的に追加されるものです。

飯塚
お使いのレンダラーに応じて自動でタグをつけてくれる機能があるんですよね!








Topowireのパラメータはこんな感じ。








「Point Count」を変えると、ワイヤーの本数を変える事ができます。
「Random Seed」で乱数値を変更可能。








「Show Objects」で元のオブジェクトを表示できます。
(今回で言うと球体)








「Max Distance」と「Min Distance」は一旦飛ばしてTransformの解説から。

「Curvature」はワイヤーのたるみだと思ってください。
値を減らすとたるみは増えます。

「Direction」は減らすとワイヤーがオブジェクトの中に収納されていきます。

「Position」を減らすとワイヤーの位置が下がっていきます。








「Show Advanced Settings」のチェックを入れると、より詳細な設定が可能に。
それぞれのパラメータをX,Y,Z軸で設定できるようになる感じですね。

まぁ最初はここはチェックなしのほうがわかりやすいかもしれません!








Generate → Thicknessのチェックを入れると、
ワイヤーがスプラインからポリゴンに変化します。

「Radius」を変える事でワイヤーの太さを変更可能。

また、「Scale」のグラフ調整で太さにばらつきを与える事も可能です。








「Generate Dynamic Spline」をクリックすると、
新たに「Topowire」というスプラインが作成され、物理シミュレーションが可能になります。

この状態で再生(F8)をするとシミュレーションが行われている事が確認できると思います。








ヘアタグ → ヘア衝突タグ
を付与したオブジェクトを用意すれば、ワイヤーにぶら下がった表現などもできますね!
(※今回でいうとヘア衝突タグをつけたフィギュアを再生中(F8)に移動させてぶら下げてみてください。)








また、オブジェクト同士をワイヤーで結びたい時は
全てをTopowireの子にすればOK!

ここで「Max Distance」と「Min Distance」をいじれば、
オブジェクト同士の「距離」によってワイヤーを結ぶか結ばないかを設定できます。
(例えば、Max Distanceにチェックを入れ、Max LIMITを下げていけば、距離があるオブジェクト同士は結ばなくなります。)

以上で使い方の解説は終了です!
かなり簡単ですよね!

飯塚
動作も軽くて使いやすいですよ。

チュートリアル動画


冒頭でも載せましたが、Merkさん公式によるチュートリアル動画です。







こちらも公式によるチュートリアル
Topowireを応用することでスライムのような表現を実現しています!







Merkさん作のプラグイン、SymexTrypogen一緒に使うチュートリアル動画。
工夫次第で色々な使い方ができそう!







シミュレーションを使ってワイヤーをぎゅっと束ねるチュートリアル。

他にも「Topowire Tutorial Cinema4D」なんかでYouTube検索したらたくさん出てくると思います!

価格と最も安く買う方法!20%OFFクーポン紹介中



Topowireの価格は$49.99(約6,700円)です。

ただし!冒頭でもちらっと載せましたが、
本ブログ限定のクーポンを使えばさらにお安く購入できます。

クーポン情報↓

2022年9月30日 速報
現在セール中で40%OFF限定クーポンを発行中!
クーポンコードはc4d2023です!

Merk様が販売中のプラグイン全てに適用可能です!TopowirePoly Greebleなどなど)
全部入りのセット「Cinema4D - All Plugins Pack」なら$215(約29,000円)もお得になります!

購入時、「ディスカウントコード」の欄に入力すれば適用可能です。
クーポンは提携が終了次第、予告なく終了する恐れがあります。ぜひお早めに。

»Merk様のプラグイン一覧
2022年9月30日 速報
なんとMerkさんより本ブログ限定の20%OFF限定クーポンをいただきました!
クーポンコードはIZUKAです!

Merk様が販売中のプラグイン全てに適用可能です!TopowirePoly Greebleなどなど)
全部入りのセット「Cinema4D - All Plugins Pack」なら$110(約14,900円)もお得になります!



購入時、「ディスカウントコード」の欄に入力すれば適用可能。
クーポンは提携が終了次第、予告なく終了する恐れがあります。ぜひお早めに。

»Merk様のプラグイン一覧

現状Topowireを最も安く買える方法はこれですね。

また、単体で買うよりセットで買うとさらにお得にはなります。








というのもTopowireを作ったMerkさんは
他にもたくさんCinema4Dプラグインを作っているんですよね。

どれもかなり便利なものが多く、サクサク動作するので非常に人気です。








そんなMerkさんが作ったプラグイン全部入りセット、
「Cinema4D - All Plugins Pack」
というものがあるんです。

これを買えば個々に全て買うよりも$200(約27,000円)もお得になります。
「Cinema4D - All Plugins Pack」にもクーポンは適用可能なのでかなりお安くなりますよ。

もちろん、Topowire単体でしか要らないよ!という方は単体購入でも全然問題ありません!

Merkさんのプラグイン集を見てみて、
「今後他にもいろいろ買いたくなりそうだな...」と少しでも思うのであれば、
損しないように「Cinema4D - All Plugins Pack」を買う事をおすすめします!

飯塚
本ブログではMerkさんの全てのプラグインをレビューしているので、ぜひご購入前の参考にしてみてください。
次章でリンクを載せます!

Merkさん作のプラグイン集

【40%OFFクーポン有】MerkさんのCinema4Dプラグイン10選!モデリング、スプライン作業におすすめ 上記記事でMerkさんが作ったプラグインを全て紹介しています。
  • Topowire
  • Symex
  • Snowgen
  • Snap To Floor
  • Respline
  • Poly Greeble
  • Toporizer
  • Trypogen
  • Topoformer
  • Line Object

「生産性を上げたい!」
「何かプラグインが欲しい!」
「簡単にモデリングできるツールが欲しい!」
という人はぜひ覗いてみてください!

Cinema4Dのおすすめプラグイン大全!

〜記事調整中〜

まとめ


  • Topowireワイヤーを簡単に作れるCinema4Dのプラグイン!
  • ジェネレータとして使用。簡単に使える。
  • 最も安く買う方法は本ブログ限定クーポンを使って購入!
いかがだったでしょうか。
シンプルでかつ、痒いところに手が届く素晴らしいプラグインです。

ワイヤー表現を全部手動でしていたらかなり時間がかかりますもんね。
Topowireを使えばとても時間短縮になりますよ!

クーポンコードもいつ使えなくなるかわからないので、
ぜひ使えるうちにどうぞー!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です