【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【After Effects】プラグイン「Lockdown」を最も安く買う方法を価格表と共に解説【セール情報も】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!After Effectsのプラグイン
Lockdownを最も安く買う方法について!
またセール情報についても解説します!








Lockdownは上記の値段が最安値です。

映像系のプラグイン、ソフトは購入場所によって価格が全然違ってくるので注意が必要。
今回の場合でも買う場所を間違えると、約7,000円は損してしまうのでご注意を!

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

速報
aescriptsがサマーセールを開催!
4つの週にわけて実施されます!

欲しいプラグイン・スクリプトを安く買えるチャンスです!
セールの詳細はコチラ

Lockdownを最も安く買う方法


aescriptsToolfarmでの購入が最安値です。

まず、Lockdownが購入できる場所は主にフラッシュバックジャパンaescriptsToolfarmの3択です。
価格を比較してみると、

Lockdownの価格表
販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 39,820円
aescripts $249.99(約33,500円)
Toolfarm $249.99(約33,500円)

料金を見るとaescriptsとToolfarmがお得ですね。

日本だと検索結果にフラッシュバックジャパンが1番上に出てくるかと思いますが、
ここは割高なので注意が必要です。

aescriptsとToolfarmのどちらが良いかは・・・好みですね笑
管理のしやすさに大差はないので、これまでどっちで買ってきたかで決めてもいいと思います。

飯塚
というわけで、Lockdownを最も安く買うなら、aescriptsかToolfarmで購入!

Lockdownのセール情報

セールはブラックフライデー(11月下旬〜12月初旬)にある可能性があります。
20%ほど安くなる場合もあるようです。

なので今すぐ必要ではない方は待ってもいいかもしれませんね!

近年、多くの有料講座やアプリ、ソフトがサブスクリプションモデルへ移行しています。
そういった事を考えると買い切りの内に買っておいた方がいいかもしれませんが。

飯塚
映像系ってほんとサブスク貧乏になりますよね^^;笑
僕は完全にサブスクの沼にハマってます。(抜け出さないと・・・)

まとめ


  • Lockdownはaescripts、Toolfarmが最安値!
  • セールは期待できない。
いかがだったでしょうか。
映像はほんとにお金がかかるので、安く買えるおさえられるところはおさえていきたいですよね。

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



2 COMMENTS

だいち

lockdownのセールですが、ブラックフライデーの時に187.49ドルで買えましたよー!
それが1番安かった記憶があります!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です