Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【日本語チュートリアル】World CreatorとCinema4Dで砂漠地形を作る【使い方 連携】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!World CreatorとCinema4Dを使って砂漠地形を作るチュートリアル記事!
World Creatorの具体的な使い方を実戦で学びましょう!

この記事はこんな人におすすめ
  • World Creatorを勉強中の人
  • World Creatorの使い方が知りたい人
  • World CreatorとCinema4Dの連携が知りたい人


作るのはこちら。
この記事を読めば、World Creatorの使い方の流れが理解できます。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

僕は、数ある地形ソフトの中からWorld Creatorを愛用中!

それではいきましょう!


参考チュートリアル動画
2022年6月28日 速報
World Creator公式のご好意により、本ブログ限定のクーポンコードを発行していただきました。
コードはIZUKA 全ての製品が5%OFF!
日本円で1500~2000円ほどお安くなります。

※クーポンは数量限定です。一定の販売個数に達すると予告なく終了しますので、ぜひお早めに。
クーポン配布は終了しました。現在、公式様に再配布の申請中です。

クーポンの使い方は以下の記事からどうぞ。 【限定クーポン有】World Creatorを最も安く買う方法を価格表と共に解説 »World Creator公式サイト
2022年6月28日 速報
World Creatorが年に1度のブラックフライデーセールを実施中。
なんと全ての製品が30%OFF!この機会にぜひ。

※本ブログ限定の5%OFFクーポンコード、「IZUKA」とも併用できます。

World CreatorとCinema4Dで砂漠地形を作る

使うソフト
  • World Creator
  • Cinema4D
  • Photoshop
  • Redshiftレンダラー
  • 以上のソフトを使って作成していきます。
    PhotoshopとRedshiftレンダラーについては別のものでも代用可能です。

    流れは以下の通り。

  • World Creatorで砂漠地形作成
  • World Creatorでテクスチャ用マップを作成
  • 書き出し → Photoshopで調整
  • Cinema4Dで作成
  • それでは作っていきましょう!

    World Creatorで地形作成



    さて、早速World Creatorを起動したらまずやってほしいのが、保存!

    World Creatorはかなり安定したソフトなので、落ちる事はほぼないと思いますが、
    備えあれば憂いなし。プロジェクトを保存しておきましょう。

    Ctrl + Sをクリック








    するとどのようにプロジェクトを保存するのか聞かれます。
    「Folder Structure」がおすすめです。こちらをクリック。








    ①:プロジェクトのパス
    ②:プロジェクトネーム
    を入力し、Saveをクリック。

    これでプロジェクトの保存が完了しました。








    まずは地形サイズを大きくしましょう。

    BASE → TERRAIN SIZE
    デフォルトでは2048ずつになっていると思うので、4096をクリック








    次に砂漠地形を作成していきます。

    BASE → CUSTOM BASE PROPERTIES
    の「Custom Base Shape」にチェックし、「Edit Shape」をクリック








    すると地形作成モードになります。
    ポイントをつかんで盛り上げてお好きな地形を作りましょう。








    Selection Toolで真ん中の「Circleモード」を選び、
    「Radius」をあげると複数のポイントを同時に掴むことができます。








    こんな感じの地形にしました!
    これは後からでも変更可能なので、なんとなくでOKです。

    この状態だと砂漠には見えないので、フィルターをかけていきます。








    FILTERS → FILTER LAYERS
    の「Add Layer」をクリック








    Filters:「Add」をクリック








    すると地形の形状を良い感じに変えてくれるフィルター一覧が表示されます。

    まず、Ridged → Small Sharp Ridges
    を選択し、

    「ADD & CLOSE」をクリック








    するとこのような形状に。
    「Ridge」とは海嶺のことですね。

    まぁとりあえずこれを使うと、
    「高さが抑えられ、形状がギュッと引き締められる」
    ぐらいに思っておいてOKです。

    それではフィルターをもう少し追加します。
    「Add」をクリック








    BscErosion → Wind
    を適用します。








    そして、FILTER PROPERTIES → Length
    の値を11ぐらいに上げると、地形がかなり砂漠っぽくなりましたね。

    ただ、この「Wind」は地形全体にかけてしまうとメリハリがなく味気ないので、
    地形の凹面のみにかけましょう。








    Cavity → Concave
    をクリック。

    これでよりメリハリが付き、リアルな砂漠地形となりました。








    さらに新たな「Wind」フィルターを追加し、Directionを310あたりに。
    先程とは逆向きにWindをかけ、調節した感じです。

    かなりリアルな砂漠地形になってきましたね!








    最後にまたCustom Base Shapeで地形を調整しました。
    いくつかポイントをつかんで盛り上げ、凸部分を増やした感じですね!

    このようにフィルターをかけた後でも地形の調節ができるのが強い。

    これで砂漠地形の作成については終了です!

    飯塚
    次はテクスチャ用のマップを作っていきます。

    World Creatorでテクスチャ用マップを作成



    ハケのようなアイコンをクリックしテクスチャタブに移動。
    「Add Layer」をクリック








    WorldCreatorをクリック。

    飯塚
    何も出てこない場合はDownload Assetsをクリックし、アセットのダウンロードを行ってください!








    「Mud_01」を選択し、「Add & Close」をクリック
    飯塚
    ちなみ何を選択してもOKです。
    ここではCinema4Dで使う「マット」のためにテクスチャを使っているので、実際にこの色になるわけではありません!
    何を言っているかわからない人は、とりあえず進めていったらわかると思います!








    するとこんな感じに。
    さらに追加するのでAddをクリック。








    同じ容量で「Sand_02」を追加しました。
    全体が砂漠っぽくなりましたね!

    ただ、この砂漠っぽさは地形が低いところのみに適用したいです。
    なので、下にスクロールしていった先にある、「Slope Select」にチェック。








    そして、Slope Rangeを0 ~ 34ぐらいにします。
    これで低い場所のみを砂漠っぽくにできました。

    Slope Rangeの定義は
    「選択中のテクスチャを、地形の角度△△度 ~ ◯◯度の場所のみに適用させる」
    というもの。

    今回は0 ~ 34にしたので、割と平坦な場所のみにSand_02が適用された形になります。

    低い場所のみに適用させたい時は、Height Selectでも良いんですが、
    個人的にはよりリアルになる「Slope Select」の方が好きですね!








    最後にSlope Smoothnessの値を0.54ぐらいに上げます。
    これによりテクスチャの境界がなじみます。

    以上で設定は終了!

    飯塚
    お次は「書き出し」をします!

    書き出し → Photoshopで調整



    右上の書き出しアイコンをクリックします。
    そして、「SURFACE」をクリック。

    地形の書き出し設定が表示されるので、設定していきます。

    まず、
    Select Format → OBJに。
    その名の通りOBJファイルで書き出すようにするということですね!

    次に、
    Quads → チェック
    三角ポリゴンではなく、四角ポリゴンで書き出すということです。
    ポリゴン数が抑えられるので推奨。

    そして、
    Select Resolution → Halfに変更

    これでOK!
    Exportをクリックして、任意の場所にOBJファイルを書き出してください!








    お次はテクスチャマップを書き出していきます。
    TEXTUREタブをクリック。

    ここで、Cinema4Dではかなり高解像度にテクスチャを読み込めるので、設定をしましょう。








    Surfaceアイコン → BASE → PRECISION
    を「1/4m」に変更します。

    これで、かなり大きな16000×16000のテクスチャを書き出すことができます。








    あとは先程の書き出し画面に戻り、デフォルトのままExportをクリック。
    tgaファイルを任意の場所に書き出してください。








    これは、割と時間がかかるので、ゆっくり待っておきましょう。








    書き出したtgaファイルをPhotoshopで開くとこんな感じ。
    これをマットとして利用したいので、白黒に変えます!








    tgaファイルのレイヤーを選択した状態で、
    選択範囲 → 色域指定
    をクリック。








    デフォルトのままOKをクリック








    すると色別に選択がされますので、この状態で右下の「マスクを追加」ボタンをクリック








    はい、すると赤の部分が抜けましたね。








    レイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルを呼び出します。

    そして、カラーオーバーレイにチェックを入れ、
    色を白に設定し、OKをクリック。

    これで真っ白なレイヤーができました。








    あとは新たにレイヤーを作成 → 塗りつぶしで真っ黒に → そのレイヤーを下層に
    これで白黒マップができました!!

    これを任意のファイルで書き出して終了です!
    今回はPNGで書き出しました。

    飯塚
    OBJファイルと白黒マップという材料が揃ったので、Cinema4Dで砂漠を作っていきます!

    Cinema4Dで作成



    Cinema4Dを開き、先程書き出したOBJファイルを読み込みます。

    飯塚
    読み込みは、ドラッグ&ドロップでもOKですし、プロジェクトをマージ(Ctrl + Shift + O)でもOK!








    かなり精巧な地形が確認できますね!
    ただ、よく見ると少しギザギザ感があります。








    なので、まず適用されているPhong角度を180度にします。








    また、スムージングデフォーマを15%ほどかけます。
    これでギザギザがかなり緩和されました。
    また、動作も軽くなったはずです!








    RedshiftのDome Lightを作成し、プレビューしてみるとこんな感じ。
    飯塚
    もちろんライトはノーマルのものでも、OctaneでもなんでもOK!








    少しまぶしすぎたので、Redshiftカメラを作成し、F値を上げました。

    それではマテリアルを設定していきましょう!
    地形にRedshiftマテリアルを適用してください。

    流れとしては、Material Blenderを使って作っていきます。
    Material Blenderのマットにフォトショップで作った白黒マップを使用!

    【Cinema4D】初心者向けRedshiftノード解説 – 「RS Material Blender」の使い方 Material Blenderってそもそもよくわからないよって方はこちらを!








    このようにMaterial Blenderに2つのRS Materialを接続。
    名前は「さばく」と「岩」にしました!








    ここで、先程フォトショップで作った白黒マップを適用!
    Layer1のBlendカラーに接続します。

    そして試しに「さばく」のほうのマテリアルのDiffuseカラーを変えると、うまい具合に砂漠部分だけ色が変わりましたね。

    飯塚
    このように、Photoshopで作った白黒マップは、Material Blenderのマットとして使うのです!

    あとは「さばく」と「岩」のそれぞれでマテリアルを作っていけばOK
    ここから先はお好みで作っていただければ良いのですが、Redshiftを使ったやり方を一応紹介します!

    まず「さばく」のほうから作りましょう!








    いわゆるPBRテクスチャを使ってRedshiftマテリアルを作っていきます。

    今回はPoliigon.comでダウンロードしたテクスチャを使いましょう。

    飯塚
    Poliigon.comは有料でテクスチャ素材がダウンロードできるサイト。
    ここの良いところはサブスク以外に、買い切りで購入できるところ!
    サブスク貧乏になるのが嫌なので、いつも僕はこのサイトで揃えています。










    「Cliff Desert 004」と「Ground Sand Desert Rippled 001」を使っていきます。








    ダウンロードしたらこのようなファイルが手に入ります。
    大体使うのはカラーとノーマルぐらいですね!








    カラーとノーマルの設定をしました。
    また、「さばく」マテリアルのリフレクションは0にしています。
    また、少し暗いと感じたのでRedshift Sun & Sky Rigを追加しています。








    同様に「岩」のマテリアルも作成。
    飯塚
    この辺はRedshiftの知識になるので、ざっくりと解説しています。
    もし、Redshift自体があまり使えない・・・という方は以下の記事をぜひ。








    あとはお好みでRedshift EnvironmentやVDBなどを用いて調節すれば完成!

    World Creatorをマスターしよう!



    本ブログでは、World Creatorに関する記事を随時更新中です。
    安く買う方法、使い方などなど。日本語の解説記事は全てここで網羅させます!

    ぜひご参考くださいね。
    World Creatorの他の記事を見る

    まとめ


    • World CreatorとCinema4Dで砂漠を作る方法を解説!
    • World CreatorでOBJファイルと白黒マップを作ればOK!
    いかがだったでしょうか。
    World CreatorとCinema4Dを連携させる方法が理解できていれば幸いです。

    Redshift部分の解説がよくわからなかった方は、まずRedshiftの基礎を勉強する必要があります。

    【Cinema4D】Redshiftの基礎を学ぶなら「LFO Design」を強くおすすめする【チュートリアル】 僕は上記のLFO Designを受講しました。
    かなりおすすめの講座なので興味があればぜひ!

    それでは今回の記事は以上です。
    このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

    特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
    なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
    » 他の「Cinema4D」の記事を見る




    Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
    フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

    ※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
    【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

    それでは!デリュージョン飯塚でした。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です