【使い方】RizomUVとCinema4Dを連携する方法【おすすめUV展開ツール】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!RizomUVとCinema4Dを連携する方法について!

この記事はこんな人におすすめ
  • RizomUVとCinema4Dをスムーズに連携したい
  • RizomUVの「CINEMA 4D BRIDGE」の使い方が知りたい
RizomUVとCinema4Dの連携は、「CINEMA 4D BRIDGE」使えば簡単にできます。
ただし、R25では機能せず、今のところS24までしかできません。
飯塚
いろんな情報を見てたらR25でできる人もいるっぽいんですよね・・・
とりあえずもう少し調べてわかったら追記します!

という事でR25における「CINEMA 4D BRIDGE」を使わないやり方も解説します。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきましょう!

2022年5月22日 速報
RizomUV公式様のご好意により、本ブログ限定のクーポンコードを発行していただきました。
コードはizuka_20 全ての製品がなんと20%OFF!





プランにもよりますが、およそ4,000円はお得になるのでぜひご活用ください!

※クーポンは公式様との提携が終了次第、予告なく終了いたします。ぜひお早めに。

クーポンの使い方は以下の記事からどうぞ。 【20%0FFクーポン有】RizomUVを最も安く買う方法を解説【セール情報、値段、使い方】 »RizomUV公式サイト

RizomUVとCinema4Dを連携する方法

「CINEMA 4D BRIDGE」を使う

冒頭でも書きましたが、RizomUVとCinema4Dを連携するために
「CINEMA 4D BRIDGE」を使いましょう。








R19~22のバージョンをお使いの方は»コチラから。
「これが欲しいです!」の上に金額を入力する欄がありますが、こちらに「0」と入力すれば無料でダウンロード可能です。








R23~S24をお使いの方は»コチラから。
Code → Downroad ZIP
でダウンロードできます。








次に、ダウンロードした「res」フォルダと「RizomUV Exporter.pyp」を
Cinema4Dのプラグインフォルダに入れましょう。








Cinema4Dのプラグインフォルダに「RizomUV」というフォルダを作成し、そこに入れました。

プラグインフォルダの場所は
一般設定(Ctrl + E) → 一般設定フォルダを開く → plugins

これで準備はOKです。








まずはCinema4DとRizomUVを紐づける設定をします。

Cinema4Dを開き、
機能拡張 → RizomUV → Options
をクリック








するとこのような小さなウィンドウが表示されます。
ここで、「RizomUV Path」からRizomUVのパスを指定します。

「...」をクリックして、RizomUVのパスを指定してください。
RizomUVは以下のフォルダにあるはずです。

Windows:C: \ Program Files \ Rizom Lab \ RizomUV (バージョン)
Mac:アプリケーション








これで紐づけは完了です。
「Save」で保存しましょう。

その他の設定はお好みですが、上記のようにすれば問題ないと思います。








あとはRizomUVでUV展開したいオブジェクトを選択し、
機能拡張 → RizomUV → Export to RizomUV
をクリック








するとRizomUVが起動され、オブジェクトが表示されます!
RizomUVの方でUV展開をし保存すると、自動的にCinema4Dのほうでも反映されます。

objファイルでやりとりする

さて、「CINEMA 4D BRIDGE」を使った連携方法を解説しましたが、
これが可能なのはCinema4Dのバージョンが24までです。

R25をお使いの方はobjファイルでやりとりしましょう。








やり方は単純で、
Cinema4Dでobjファイルをエクスポート → RizomUVで読み込み
をするだけですね。

またCinema4Dに戻したい時は、
RizomUVで編集したobjファイルをCinema4Dで読み込めばOKです。

もちろん「CINEMA 4D BRIDGE」のほうがスムーズなんですが、
ぶっちゃけこのやり方でも支障は全くありません。
僕はR25を使っているのでこの方法で連携していますが、面倒と思った事は1度もないですね。

やはりRizomUVの機能が優秀すぎるので、それでおつりが返ってくるぐらいです!

飯塚
ということで「CINEMA 4D BRIDGE」という連携方法はあるけど、objでのやりとりでも何も問題なしという結論ですね!

RizomUVの完全ガイド

【20%0FFクーポン有】RizomUVとは?価格から使い方まで完全ガイド【おすすめUV展開ツール】 もっとRizomUVについて知りたい方のために、上記記事に全てをまとめました。
  • RizomUVとは何か
  • RizomUVの価格・安く買う方法
  • RizomUVのインストール・ライセンス認証方法
  • RizomUVとの使い方・おすすめチュートリアル
  • RizomUVと別ソフトとの連携方法
などなど。
お得情報もあるのでお見逃し無く!
※上記記事には本記事の内容も含まれます。

まとめ


  • RizomUVとCinema4Dの連携は「CINEMA 4D BRIDGE」を使う!
  • 単純にobjファイルでのやりとりでも連携可能!
  • → ぶっちゃけそれで十分に連携できます。(体験済み)
いかがだったでしょうか。
RizomUVは本当にUV展開が楽になるので便利ですよね。

これからも積極的に使っていきたいところです!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です