【使い方】World Creatorの基本操作とまず覚えておきたいショートカットを解説

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!World Creatorの基本操作とまず覚えておきたいショートカットについて!

この記事はこんな人におすすめ
  • World Creatorを買ったばかりの人
  • World Creatorの購入を検討している人
  • World Creatorの基礎を学びたい人
World Creatorのことをまだ何もわからない方向けの記事となっています!
本記事を読めばとりあえずの操作方法が理解できます!

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

僕は色々な地形ソフトを試した結果、World Creatorに辿り着きました。
まずこれだけおさえておきたい!という基礎を厳選してお送ります!

それではいきましょう!

2022年5月22日 速報
World Creator公式のご好意により、本ブログ限定のクーポンコードを発行していただきました。
コードはIZUKA 全ての製品が5%OFF!
日本円で1500~2000円ほどお安くなります。

※クーポンは数量限定です。一定の販売個数に達すると予告なく終了しますので、ぜひお早めに。
クーポン配布は終了しました。現在、公式様に再配布の申請中です。

クーポンの使い方は以下の記事からどうぞ。 【限定クーポン有】World Creatorを最も安く買う方法を価格表と共に解説 »World Creator公式サイト
2022年5月22日 速報
World Creatorが年に1度のブラックフライデーセールを実施中。
なんと全ての製品が30%OFF!この機会にぜひ。

※本ブログ限定の5%OFFクーポンコード、「IZUKA」とも併用できます。

World Creatorの基本操作


World Creatorの基本操作
カメラ平行移動 ホイール押し込み
カメラズーム ホイール
カメラ回転 (Alt+)右クリックしたままカーソル移動

基本操作はこれだけ覚えていれば問題ありません。

他にもカメラ移動がW、A、S、Dのキーでできたり、
カメラの平行移動がQ、Eのキーでできたりするのですが、
正直キーボード操作はめんどうなので、使ったことがほぼない^^;

上記表のマウス操作だけで完結するので、僕はこちらを推奨します。

飯塚
カメラ回転はAltを押したままにすると、挙動が変わります。(回転の中心が変わる。)
カメラが地形から遠い時はAlt押したまま回転、地形に近い時はAlt無しでの回転がおすすめです!

World Creatorでまず覚えておきたいショートカット。

まず覚えておきたいショートカット
地形のフォーカス F
ヒートマップ表示/非表示 F1
測定ツールの表示/非表示 F2
フィルターの表示/非表示 F4
海面の表示/非表示 F8
標高の表示/非表示 F9

他にもさまざまありますが、とりあえずこれだけ覚えていればOK。

地形のフォーカス F

地形のフォーカスは、カメラの位置を初期状態に戻すという操作です。








例えば上記のようにカメラを近づけすぎたので、初期状態に戻したいとき。
Fを押すと








最初のカメラの位置に戻ります。

ヒートマップの表示/非表示 F1

ヒートマップはフィルターやテクスチャ適用時などに用います。

飯塚
フィルターというのは、地形の見た目を変えるエフェクトのようなもの!








例えばこちらの地形に、








「Erosion Deep」というフィルターをかけるとこんな感じの見た目になります。

なにやらゴツゴツしましたよね。
フィルターというのは何も設定しなければ、地形全体に適用されます。

ただ、設定次第では特定の場所のみに適用することができるんです。








例えば、「Cavity」というところを変えれば、凸部分や凹部分のみに適用できたり。








Height Selectにチェックを入れて設定すると、特定の標高の場所のみ(画像でいうと、標高100~840mの場所のみ)に適用できたり、

フィルターは好きな場所に適用できるんですね。
ただ、フィルターがどこに適用されているのか、これを実際に確認できなければ使いにくいです。








そんな時にヒートマップを表示させます。
すると、フィルターが適用される場所が赤く塗りつぶされ、視覚的に把握できるというわけです。

飯塚
実際にフィルターを好きな場所に使う機会がきたら、ヒートマップを表示して確認してみてください!

測定ツールの表示/非表示 F2



測定ツールは左上の情報のこと。
最大、最低の標高がわかったり、カーソル部分の情報が取得できます。

邪魔にならないときは常に表示しておきましょう。

フィルターの表示/非表示 F4



先程解説したフィルターの表示/非表示ができます。

海面の表示/非表示 F8



ビュー上に海面を表示させることができます。

標高が0以下の地形を作る時に使うと便利です。

標高の表示/非表示 F9



いわゆる標高地形図のような表示にできます。
学校の地図帳とかで見たことありますよね。

地形の高さが一目でわかるので、便利。

基本操作がわかったら、いざ実戦!

ある程度の基本操作がわかったら実戦にうつりましょう!
実際に手を動かして作品を作った方が身に付きますからね。

【日本語あり】Cinema4D使いにおすすめのWorld Creatorチュートリアル5選【使い方】 こちらにWorld Creatorのおすすめチュートリアルまとめました。
ぜひチャレンジしてみてください!

World Creatorをマスターしよう!



本ブログでは、World Creatorに関する記事を随時更新中です。
安く買う方法、使い方などなど。日本語の解説記事は全てここで網羅させます!

ぜひご参考くださいね。
World Creatorの他の記事を見る

まとめ


  • World Creatorの基本操作やショートカットを紹介
  • 基本操作はマウスで完結できる!
  • ショートカットは使いながら覚えていきましょう!
いかがだったでしょうか。
World Creatorには、今回紹介した意外にもたくさんのショートカットが存在します。








基本は画面右にボタンがあり、そこにカーソルを合わせるとショートカットも表示されるので、よく使うものは適宜覚えていきましょう!

本記事ではとりあえず頻繁に使うものだけをピックアップしました。
ぜひWorld Creatorを触りながら実際の挙動をご確認くださいね!

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です