【After Effects】タービュレントディスプレイスのループ素材 作り方を解説

こんにちわ!
映像編集者のファイアー飯塚と申します!

今回は!タービュレントディスプレイス(英語版:Turbulent Displace)を使ったループ素材の作り方を解説!

この記事で学べる事
  • タービュレントディスプレイスでループ素材 作り方を解説
  • ループ素材を作る方法まとめ

自分なりのループ素材をストックしておくと便利!

この記事を書いた人
ファイアー飯塚
  •     映像編集者
        (副業:15 ~ 20万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
ゲーム実況したりふざけた映像作ったり。
企業様の広告CMや結婚式ムービーを作成してます。

After EffectsやPremiere Proを使って映像編集のフリーランスをしています。
ループ素材集の販売も実施中。

それではいきましょう!

タービュレントディスプレイスでループ素材 作り方を解説


こんな感じでうねうね動かしてもループされるようにします!
結論から言うと、Cycle Evolution(サイクル展開)にチェックすればOK
非常に簡単です。







今回はフラクタルノイズのレイヤーにタービュレントディスプレイスをかけて実践します。
10秒でループするような素材を作っていきます。

Evolution Options(展開のオプション)を開き、 Cycle Evolution(サイクル展開)にチェック
Cycle(in Revolutions)(サイクル(周期))の数値を任意の値にしてください。

今回は5にしました。
これでEvolutionが5回転事にループするようになりました。







あとはEvolution(展開)にキーフレームをうつなり、エクスプレッションを設定するなりすればOK

10秒で5回転するように、
time*360*5/10
と設定しました。

以上です!
サイクル展開すればループできるエフェクトは結構ありますね。

飯塚
ちなみに今回の方法は以前解説したフラクタルノイズのループ素材とやり方が似てるので、そちらもぜひ
»【After Effects】フラクタルノイズのループ素材 作り方を解説【背景素材に活用】
エクスプレッションMEMO
time
→1秒で1進む

time*360
→1秒で360進む(つまり1秒で1回転)

time*360*5
→1秒で360×5進む(つまり1秒で5回転)

time*360*5/10
→10秒で360*5進む(つまり10秒で5回転)

ループ素材を作る方法まとめ


»After Effectsでループ素材を作る方法まとめ【ループ素材は超便利】
上記リンクでは別のやり方でループ素材を作る方法をまとめましたので、ぜひご参考ください。
フラクタルノイズ、Particular、トランスフォームなどでループ素材を作る方法を載せています。

»記事調整中
また、上記リンクの背景素材集では素材だけでなく
After Effectsのプロジェクトファイルも特典としてついてきますので
ぜひのぞいてみてくださいね。

飯塚
まずは無料版をDLしてループ素材の素晴らしさを体感してみて〜

まとめ


  • タービュレントディスプレイスでループ素材を作る方法を解説
  • Cycle Evolution(サイクル展開)にチェックすればOK
いかがだったでしょうか!
ループ素材は長尺に使えるのが最大の利点かと。
youtube動画やサムネイルで背景としてよく使ってます。

いちいち素材を作ってしまっている人は自分なりの素材をたくさん揃えておくと時短になりますよ!

このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
副業やyoutube運営のコツなどの情報も随時更新しているので
ぜひまた遊びにきてくださいね。

それでは!飯塚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です