【アニメーション】Element3Dで文字テキストをバラバラにする方法【Video Copilot】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Element3Dで文字テキストをバラバラにする方法について!

この記事で学べる事
  • Multi-Object
  • Mesh View
  • Aux Channels

文字テキストをバラバラにするやり方は
Element3Dだと結構簡単にできるので覚えましょう!

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきましょう!

Element3Dで文字テキストをバラバラにする方法


  • Multi-Object
  • Mesh View & Aux Channels
2つの方法でバラバラにする方法を解説します。
飯塚
実際に作っていきますね。

Multi-Object

まずはMulti-objectを使ったやり方から。
こちらが一般的な方法かと。







TEXTというテキストレイヤーを作りElement3Dで押し出しました。

まずこの時点でこのやり方がわからない人は、以下の記事の「Model Browser & 上部メニュー」の章をご参考ください。
モデルの配置方法を解説しています。
【使い方】Element3Dの「Scene Setup」の項目を全て解説【Video Copilot】






Particle Look → Multi-Object → Enable Multi-Object
にチェックを入れます。







すると新たなパラメータがずらっと出てきます。
これらをいじるとバラバラに動かすことができます。

Enable Multi-Objectにチェックを入れることで、モデルをバラバラに動かす準備ができたということです。







例えば「Rotation Random Multi」をいじると、文字それぞれがランダムに回転。
Displaceで文字それぞれが離れていきます。

Size それぞれのモデルのサイズ
Rotation それぞれのモデルの回転
Displace それぞれのモデルの間隔変更
Scatter XYZ 特定の軸上にモデルをランダムに分散
Positon Noise Evolution、Amount、Scaleの値によってランダム配置が可能。
AmountとScaleを設定して、Evolutionにtimeエクスプレッションをかけるとうねうね動きます。

主要なパラメータをざっくり解説。






試しに作ってみました。
Multi-Objectsだけでこんな感じのアニメーションができます。

Mesh View & Aux Channels

先程のMulti-Objectsの設定では、「特定の1文字だけを動かす」という事はできません。

てなわけで「テキストを文字単位で手動で動かしたい!」という人はMesh View & Aux Channelsを活用しましょう。
ちょっと力づくの方法ですがいろんなとこで使える方法です。







Element3Dのエフェクトから「Scene Setup」をクリックし、シーンセットアップのウィンドウに移動。
そして、Scene → Mesh Viewをオンにします。







すると、Sceneのレイヤーに変化が!
これで1文字1文字バラバラに動かせるようになりました。
詳しく書くと、モデルをメッシュの区切りで扱えるようにしたと言うことです。

今回は
Path 0 → T
Path 1 → E
Path 2 → X
Path 3 → T

という風になっています。







そして、文字単位でAfter Effectsのエフェクト上で動かすために
Path 0 ~ 3それぞれにAuxilinary Animationを適用していきます。

Path 0を選択 → Auxilinary Animation → Aux Transform → Channel 1
に設定。

同様に
Path 1 → Channel 2
Path 2 → Channel 3
Path 3 → Channel 4

とします。
Scene Setupでの設定は以上です。OKを押して戻ります。







Group1 → Aux Channels → Channel 1
を開きます。
すると、PositionやScaleやRotationが確認できますね。

CH1.Position Xの値を変更すると、Tだけが動きました!

先ほど設定したChannelにモデルのトランスフォームが割り当てられるんですね。
モデルを個別に動かしたい時に便利な方法です。

Channnel 2 ~ 4でそれぞれの文字が動かせるようになっています!

飯塚
Mesh ViewとAux Channnelsを駆使すれば文字テキストを文字単位で動かせるね。

その他Element3Dを学びたい人のための記事


本ブログでは他にもElement3Dに関する記事をいくつか書いていますので
ぜひご参考ください。

Element3Dでできること、できないこと

【Video Copilot】Element3Dで「できること」「できないこと」を徹底レビュー【作品例】

インストール方法

【限定クーポン配布】Element3Dのインストール方法を解説!【画像付き】

アンインストール方法

【ファイルを消すだけ】Element3Dのアンインストール方法を解説【Video Copilot】

おすすめチュートリアル

Element3Dの使い方が学べるおすすめのチュートリアル12選【無料ですぐ学べる】 【AfterEffects】Element3Dで良い感じのリフレクションを作成する方法! 【AfterEffects】Element3Dで好きなイラストをテクスチャに入れる方法!Element3Dの面白い使い方

フリーモデル紹介

Element3Dのモデルは基本有料ですが、
無料のモデルをダウンロードできる場所をまとめました。
【Video Copilot】Element3Dのフリー3Dモデルを紹介!モデル追加の方法も解説【無料】

Element3D、モデル&マテリアルパックを安く買う方法

【限定クーポン有】Element3Dのセールはいつ?最も安く買う方法まとめ

まとめ


  • Multi-Objectで文字テキストをバラバラにできる。
  • Mesh View & Aux Channelsで文字テキストを文字単位で手動で動かせる
Multi-Objectは一気にランダムにアニメーションできるので手っ取り早くて便利。
Mesh View & Aux Channelsは手動で細かくアニメーションさせたい時に便利。

臨機応変に使っていきましょう!

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です