AfterEffectsが重い?高速化させる方法5選

こんにちわ!

こんな感じのCG合成動画チャンネルを運営中のファイアー飯塚と申します!

 

 

今回はAfterEffectsを高速化させる方法を5つ紹介します!!

飯塚
重いとモチベーション下がりますよね
MEMO
画面はMac OSのものですが、Windowsでも高速化可能です

AfterEffectsを高速化させる方法5選

① メモリの割当量を変える

PCメモリをよりAfterEffectsで使ってもらうように設定します

編集環境設定/メモリ(Windows)

After Effects/環境設定/メモリ(Mac OS)

 

 

① = 使用中のPCに搭載されているメモリ量

② = 他のアプリケーションに使用するメモリ量

③ = AfterEffectsに使用するメモリ量

 

です

 

 

②を下げることで、AfterEffectsに使用できるメモリ量を増やせます

AfterEffectsを使用中に他のソフトをほとんど使わない人は②を下げる事を推奨

② キャッシュ削除

ディスクキャッシュを空にするをクリック

これでOK

 

 

キャッシュとは?
キャッシュは一時保存データです。どこかのサイトへ訪問後、2度目移行の訪問の方がサクサク動くケースがよく有ります。
それは初めての訪問の際に、画像データなどをキャッシュとして一時的に保存しているのです。
普通使わないキャッシュは削除されていきますが、AfterEffectsの場合削除されずに残ってしまいます。
また、削除してもデータが消えるという訳ではないのでご安心ください。

③ 未使用アイテムの削除

プロジェクトパネル → 検索マーク横の「▼」をクリック

 

 

未使用を選択

 

 

ずらっと使っていないアイテムが表示されます

今後も使わないのであれば削除しましょう

 

 

飯塚
間違って編集中のコンポジションを削除しないように注意!

④ コンポジションをムービーに

「背景」というコンポは重いエフェクトをばしばし入れています

こういった激重コンポはムービーにしましょう

 

 

通常のレンダリングの要領でムービーとして書き出します

重いエフェクトを毎回読み込むから重いのであり、ムービーにすればかなり軽くなります

 

 

飯塚
まだ編集が必要なコンポジションはレンダリングしないように!
使いまわしているエフェクトや背景をムービーにする事をおすすめします

⑤ プロキシを作成

先ほどムービーにすれば軽いと言いましたが、それでも解像度が高いと重い物もあります

その時はプロキシを作成しましょう

 

 

プロキシって?
プロキシファイルとは、重い元の動画の代理として使うことが可能な、より軽いファイルの事。
プロキシファイルは元の動画よりも解像度やビットレートが低いのが一般的です。
もちろん書き出し時には元の動画を使うのでご安心ください。

プロジェクトパネルから

重い動画を右クリック → プロキシ作成

を選択

 

 

プロキシの保存場所を聞かれる

任意の場所、名前で保存

 

 

 

レンダリングの画面に移るので、レンダリングを行う

するとプロキシ化したムービーの横にボタンが現れます

 

 

こちらをオンオフする事でプロキシと元のムービーを切替可能

飯塚
4K素材の編集をする時なんかはプロキシ作成すると良い!

まとめ

AfterEffectsを高速化する方法を5つ紹介しました!

そもそも重いエフェクトを使わないようにする、AfterEffects以外のアプリケーションを閉じるなども試してください!

 

 

それでも重い状況が続く場合は、PC自体の性能を見直してみるしかないかもしれません

 

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です