【AfterEffects】観客を3Dスペースにたくさん敷き詰める方法【エクスプレッション】

こんにちわ!

こんな感じのCG合成動画チャンネルを運営中のファイアー飯塚と申します!

 

 

今回は3Dスペースに観客をたくさん敷き詰める方法を紹介します!

カメラと組み合わせるとよりクオリティの高い映像が作れます!

3Dスペースに観客を敷き詰めるやり方

動画例

今回はこんな映像を作ります

観客がわらわらいて面白い

 

それではやっていきます

 

MEMO
コンポジションサイズ 1280×720

手順:1  観客コンポを作る

適当に4人ぐらい観客を用意しましょう

透過しておいてください!サイズは後で調整するのでお好みで!今回は1280×720

 

 

それぞれがぴょんぴょん跳ねてるとそれっぽいので

動きをつけます

この辺はお好みで

手順:2  wiggleで敷き詰める

さて本題の3Dスペースに敷き詰める方法です

 

 

新規コンポジションを作成

任意の動画サイズ、時間でOK

 

 

先ほど作った観客コンポを入れる

 

 

新規Nullを作成し、Nullと観客コンポの3DスイッチをON

 

 

エフェクト = Expression Controll(エクスプレッション制御) = Slider Control(スライダー制御)

をNullに3つ適用します

 

 

名前をX,Y,Zに変更

 

 

この時、鍵ボタンをクリックしておくと後々使いやすいです

 

 

観客コンポに以下のエクスプレッションを適用

X = wiggle(0,thisComp.layer("Null 1").effect("X")("Slider"))[0];

Y = wiggle(0,thisComp.layer("Null 1").effect("Y")("Slider"))[1];

Z = wiggle(0,thisComp.layer("Null 1").effect("Z")("Slider"))[2];

[X,Y,Z]

 

※AfterEffects日本語版を使っている方はこちら

X = wiggle(0,thisComp.layer("Null 1").effect("X")("スライダー"))[0];

Y = wiggle(0,thisComp.layer("Null 1").effect("Y")("スライダー"))[1];

Z = wiggle(0,thisComp.layer("Null 1").effect("Z")("スライダー"))[2];

[X,Y,Z]

 

 

後々、サイズ変更など容易になるので

観客コンポの親をNullにします

 

 

観客コンポをめっちゃ複製

90個ぐらい!

 

 

Nullに設定したスライダーの値を増加させると・・・

観客がわらわらと増えます

 

 

以上です!

 

 

カメラや背景を配置し、うまい映像を作りましょう!

まとめ

エクスプレッションを使って3Dスペースに観客を敷き詰める方法を解説しました!

有料プラグインを使えばより単純にできそうですが、無料でも全然いけますね!

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です