現在開催中のセール・クーポン情報はこちら!

【クーポン有】Topoformerの使い方&レビュー!クールなトポロジーを作成【Cinema4Dプラグイン】

記事内に広告を含む場合があります

こんにちわ!
3D・映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!クールでアーティスティックなトポロジーを非破壊に生成できるCinema4Dプラグイン!
Topoformerをご紹介!

この記事はこんな人におすすめ
  • かっこいいトポロジーを簡単に作りたい
  • Topoformerの使い方が知りたい
  • Topoformerをできるだけ安く買いたい

TopoformerはMerkさんという方が作ったプラグイン。
本記事では使い方、価格、そして最も安く買う方法まで解説します!

この記事を書いた人

デリュージョン飯塚

  • 3Dアーティスト・講師
  • 映像編集者
  • YouTuber
  • ブロガー・Web製作者

Twitter

3Dアート

IzukaEffects

ドラクエ

Game

お笑い

それではいきましょう!

2024年4月15日 速報

現在セール中で40%OFFクーポンを発行中!
40%も値下げはめちゃくちゃ珍しい!!今がチャンス!


クーポンコードはgum40

Merk様が販売中のプラグイン全てに適用可能です!TopowirePoly Greebleなどなど)
全部入りのセット「Cinema4D – All Plugins Pack」なら$220(約29,700円)もお得になります!

購入時、「ディスカウントコード」の欄に入力すれば適用可能です。
クーポンは予告なく終了する恐れがあります。使えるうちにぜひお早めに!

»Merk様のプラグイン一覧

Topoformerとは?

TopoformerはCinema4Dで非破壊にトポロジーを変更できるプラグインです。
冒頭でも書きましたが、Merkさんという方が作成されています。






こんな感じで一つの平面からクールなトポロジー・メッシュを作る事ができます。

Topoformerの使い方

それではざっくりと使い方を解説します。


インストール方法は他のプラグインと同様で、
Cinema4Dのプラグインフォルダに「Toporizer (バージョン名)」をコピペすればOKです。

その後、Cinema4Dを起動し、上部メニューの「機能拡張」から使用する事ができます!


Topoformerはデフォーマとして使用するので、子オブジェクトとして適用します。
例として、平面のプリミティブオブジェクトに適用してみました。

まだ何も変化はありません。








Topoformerのパラメータを見てみましょう。

まずはオブジェクトタブはこんな感じ。
赤枠の「Topology Type」を変えてトポロジを変化させます。








「Topology Type」 → 「AshThorp」
にしてみると、トポロジが変化しましたね。

このように簡単にアーティスティックな形状を実現できます。








それぞれの「Topology Type」には専用のパラメータがあり、
これらを変えることでトポロジーの見た目を調節できます。

また、上の「TOPOLOGY PREVIEW」は、その名の通りトポロジーのプレビューです。

飯塚
飯塚

「Topology Type」はたくさんあるので、
色々試してみて自分の好きなトポロジを見つけましょう!

お次はGenerateタブ。
ここではMoExtrudeを生成し、トポロジーを押し出す事ができます。

「Create」をクリックしてみましょう。








すると、Topoformerと同じ階層に「MoExtrude」が生成されました。
そして、「MoExtrude」の子に3つのランダムエフェクターが追加されています。








基本、「MoExtrude」と3つのランダムエフェクターはあまりいじることはありません。
というのも、Topoformerのパラメータをいじることで、それぞれが変化する設定になっているからです。

なので、基本はTopoformerのパラメータで押し出しの設定をしていきましょう。

ちなみに、「Speed」の値はアニメーションのスピードです。
値を上げるとうにょうにょと動き始めます。








MoExtrudeを生成した後でも、「Topology Type」を変える事はできます!








もちろん、平面だけじゃなく、いろんなオブジェクトに適用できます!

飯塚
飯塚

以上で解説は終了です!色々試してみてくださいね!

チュートリアル動画

冒頭でも載せましたが、Merkさん公式によるチュートリアル動画です。






他にも「Topoformer Tutorial Cinema4D」なんかでYouTube検索したらたくさん出てくると思います!

価格と最も安く買う方法!40%OFFクーポン紹介中



Topoformerの価格は$129.99(約17,500円)です。

ただし!冒頭でもちらっと載せましたが、
限定のクーポンを使えばさらにお安く購入できます。

クーポン情報↓

2024年4月15日 速報

現在セール中で40%OFFクーポンを発行中!
40%も値下げはめちゃくちゃ珍しい!!今がチャンス!


クーポンコードはgum40

Merk様が販売中のプラグイン全てに適用可能です!TopowirePoly Greebleなどなど)
全部入りのセット「Cinema4D – All Plugins Pack」なら$220(約29,700円)もお得になります!

購入時、「ディスカウントコード」の欄に入力すれば適用可能です。
クーポンは予告なく終了する恐れがあります。使えるうちにぜひお早めに!

»Merk様のプラグイン一覧

現状Topoformerを最も安く買える方法はこれですね。

また、単体で買うよりセットで買うとさらにお得にはなります。








というのもTopoformerを作ったMerkさんは
他にもたくさんCinema4Dプラグインを作っているんですよね。

どれもかなり便利なものが多く、サクサク動作するので非常に人気です。








そんなMerkさんが作ったプラグイン全部入りセット、
「Cinema4D - All Plugins Pack」
というものがあるんです。

これを買えば個々に全て買うよりも1万円以上はお得になるのでおすすめです。※価格は変動するので目安です。
「Cinema4D - All Plugins Pack」にもクーポンは適用可能なのでかなりお安くなりますよ。

もちろん、Topoformer単体でしか要らないよ!という方は単体購入でも全然問題ありません!

Merkさんのプラグイン集を見てみて、
「今後他にもいろいろ買いたくなりそうだな...」と少しでも思うのであれば、
損しないように「Cinema4D - All Plugins Pack」を買う事をおすすめします!

飯塚
飯塚

本ブログではMerkさんの全てのプラグインをレビューしているので、ぜひご購入前の参考にしてみてください。
次章でリンクを載せます!

Merkさん作の全プラグイン紹介

上記記事でMerkさんが作ったプラグインを全て紹介しています。

  • Topowire
  • Symex
  • Snowgen
  • Snap To Floor
  • Respline
  • Poly Greeble
  • Toporizer
  • Trypogen
  • Topoformer
  • Line Object

「生産性を上げたい!」
「何かプラグインが欲しい!」
「簡単にモデリングできるツールが欲しい!」
という人はぜひ覗いてみてください!

Cinema4Dのおすすめプラグイン大紹介!

Cinema4Dマニアの僕による、
「Cinema4Dおすすめプラグイン大紹介」

現在記事を作成中なので少々お待ちください!

まとめ

  • TopoformerはCinema4Dで非破壊にトポロジーを変更できるプラグイン
  • 最も安く買う方法は本ブログ限定クーポンを使って購入!

いかがだったでしょうか。
このTopoformerはかなり色々な場面で活躍しています。

海外でも非常に人気のようですね!
シンプル、かつ、UIが優秀なので使いやすいです!

クーポンコードもいつ使えなくなるかわからないので、
ぜひ使えるうちにどうぞー!

それでは今回の記事は以上です。

ブログ以外にも»YouTube»Twitter»オンライン講座など運営していますので
ぜひ一度覗きにきてください!


皆様のお時間をあまり奪わぬよう、短時間でサクッと視聴できる動画作りを目指しています。


以上、デリュージョン飯塚でした。


2024年4月15日 追記
ここまで読んでいただいたお礼として、本ブログのオンラインショップ(講座)で使える
特別クーポンをお贈りいたします。

クーポンコード:blog10off
割引率:10%OFF

以下のショップで使う事が可能です。

»IzukaEffects-Online
クーポンは数量限定(5個)です。

先着人数に達した場合、「クーポンは有効ではありません」と表示されますのでご注意ください。
TurbulenceFD、World Creatorは提携商品のため使用不可となっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です