背景素材50個で3000円!「IzukaLoopBG Pack50+」40%OFFセール実施中!

【S24対応】Cinema4Dのアップデート方法を解説【日本語化、プラグイン移行方法も】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!S24対応!Cinema4Dのアップデート方法について!

この記事で学べる事
  • Cinema4Dのアップデート方法
  • 日本語化する方法
  • プラグイン移行方法
  • レイアウトの引き継ぎ方法

結論から書くと、アップデートするには
新たなバージョンのCinema4DをインストールしなおせばOK。
スマホのアプリのようにアプリを更新!というわけではないんですね

この記事を書いた人
デリュージョン飯塚
  •     映像編集者
        (副業:15 ~ 20万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
youtubeやブログ含め副業で月30万円が安定してきた男。
またの名をファイアー飯塚。

After EffectsやCinema4Dを使って映像編集の副業をしています。

それではいきましょう!

Cinema4Dのアップデート方法

冒頭でも書きましたが、Cinema4Dのアップデートは新しいソフトをダウンロードする感覚です。
例えばS23からS24にアップデートするならば、S23とは別のソフト、S24を新たにダウンロードするといった感じです。

それでは今回はS24を例にアップデートをしていきます。


»Maxonダウンロード
まずは、Maxonのダウンロードページにアクセス
Cinema4D → Cinema4D S24をクリック







Application Installers → Offline Installerからお使いのOSを選択します。

飯塚
Windowsなら「PC」、Macなら「MAC」のほうですね。







ダウンロードしたインストーラーのファイルを実行するとCinema4Dのインストールが始まります。







この画面が出ればインストールは完了です。
ラウンチMaxon Cinema4Dのチェックを入れておくと、終了した時に起動してくれます。
終了をクリック。







ログインをしてください。
プチ豆知識
海外ではログインのことを「Sign In」
会員登録のことを「Sign Up」と表記されることが多い







無事インストール完了です。
このようにCinema4Dの大型アップデートは新たなソフトをインストールする感じなんですね。
なので、現在S23とS24のソフトがPCに入っている状態です。

さて、アップデートは簡単にできたと思いますが、
前バージョンのS23で使っていたプラグインやパネルのレイアウトなどはどのように引き継ぐのでしょうか?

結論から書くと、全部手動で入れ直さないとだめです!

飯塚
次章でアップデート後にやることをまとめます。

アップデート後にやること

  • 日本語化
  • プラグイン移行
  • レイアウト引き継ぎ
  • Redshiftインストール
  • 【余談】コンテンツブラウザ
ざっとこんな感じ。

日本語化


日本語化は一般設定(英語:Preferences)から簡単にできるようになりました。
Ctrl + E で一般設定を開いてください。

Interface → Languageのところの「∨」をクリックし
「Install Language...」をクリック。
言語一覧が表示されるので、Japaneseを選択しUpdateをクリックすると日本語化が始まります。

注意
「Install Language...」をクリック後、言語一覧が表示されるまで時間がかかることがあります。
フリーズしたかな?と思うぐらいかかる場合もあるので、気長に待ちましょう。







日本語化してるとなにやら英語がでてきますが、「はい」でOKです。
これは、次から日本語をデフォルトの言語にするけど良い?と聞かれているだけです。







日本語化が終わったらRestartをクリック。
再起動しないと日本語に切り替わりません。

プラグイン移行

【2021年】Cinema4Dのプラグインの入れ方と使い方を解説!~S24【Windows,Mac】 プラグインは上記記事を参考に入れていきましょう。

ちなみに、ライセンスキーがあるタイプは、前のバージョン(今回でいうとS23)で
ディアクティベイト(ライセンス解除)しておく必要があるので注意。

レイアウト引き継ぎ

レイアウトフォルダにコピペするだけでOKです。


レイアウトフォルダは以下の場所にあります。
一般設定(Ctrl + E) → 左下の「一般設定フォルダを開く」 → library → layout

MEMO
この「一般設定フォルダを開く」は割と使うので覚えておくといいかも

前のバージョンから.l4dファイルや.prfファイルをまとめてコピペしましょう。

関連記事
【Cinema4D】レイアウトを好きなようにカスタマイズ&保存する方法!効率化をはかろう!【パレット】

Redshiftインストール

Maxon Oneが登場したのでRedshiftレンダラーをお持ちの方も多いことでしょう。
Cinema4Dのアップデート後はRedshiftもインストールし直さなければなりません。

【Cinema4D】Redshiftを最新のバージョンにアップデートする方法!【GPUレンダラー】 こちらの記事を参考にアップデートしたCinema4D(今回でいうとS24)にインストールしましょう。

【余談】コンテンツブラウザ


コンテンツブラウザはS24からアセットブラウザに変わりました。
赤枠のアイコンをクリックすると開きます。

これまでコンテンツブラウザでは、Maxonが提供する素材を使うには事前に大規模なDLをする必要がありました。
が、S24からは素材を個別にダウンロード可能になりました。







ドラッグ&ドロップで簡単に適用可能に。







こちらの1:54〜からわかりやすく解説されていますので、ぜひ。
飯塚
アセットの引き継ぎが不要になったみたいですね。

まとめ


  • Cinema4Dのアップデートは新しくインストールする
  • プラグイン、レイアウトの移行は手動
  • コンテンツブラウザがアセットブラウザに変わり、便利に

以上です!無事アップデートできたでしょうか。
コンテンツブラウザの仕様変更はかなり嬉しいですよね。

このブログではAfter EffectsやPremiere Pro、Cinema4Dなど編集ソフトのチップスはもちろん、
副業やyoutube運営のコツなどの情報も随時更新しているので
ぜひまた遊びにきてくださいね。

それでは!飯塚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です