【限定クーポン有】Cinema4Dを最も安く買う方法を価格表と共に解説【セール情報も】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!「Cinema4Dを最も安く買う方法」について!
高価な3Dソフトなので、できることなら安く買いたいですよね。

この記事で学べる事
  • Cinema4Dを最も安く買う方法
  • セール情報

結論から書くと、基本はどのオプションでもToolfarmで買うのが最も安いです。
普通に買うと数万円損しますので、絶対にこの買い方をおすすめします。

その根拠を料金表とともに解説しますね。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。
またの名をファイアー飯塚。

それではいきましょう!

MEMO
今回の記事は社会人の方向けの記事です。
学生の方は「学生版」をOnTheHubで購入しましょう。
破格の年間2.99$で購入可能です。

最も安く買う方法(非セール時)


Cinema4DはToolfarmでの購入が1番安いです
ただし、見出しにもあるとおり非セール時の話。

Cinema4Dにはサブスクリプションと永続ライセンスがありますが、
まずサブスクリプションから見ていきましょう






下記は、主な購入サイトであるフラッシュバックジャパン、Maxon公式HPToolfarmインディゾーンボーンデジタル、の料金比較。料金は全て税込価格です。

Cinema4D(単体)サブスクリプションの料金表
販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 84,700 円
公式サイト 84,700 円
Toolfarm 77,000 円(クーポン適用で73,150円)
インディゾーン 80,410 円
ボーンデジタル 80,410 円

料金表で比較するとToolfarmが1番安いことがわかりますね。
フラッシュバックジャパンと公式HPが定価の84,700円で販売しており、他の販売店がそれよりも少し安く提供しているといった感じでしょうか。

そして、Toolfarmでは本ブログ限定クーポンコードを使うと、さらに5%お安くなります。
なので結論 77,000円 × 0.95 = 73,150 円
で購入が可能。
定価よりも1万円以上もお安く購入できます。

クーポンコードはMYCARTです。
Toolfarm様に本ブログを紹介したところ、限定のクーポンを発行してくれました!

飯塚
クーポンの具体的な使い方は、次章で解説します!






Cinema4DのサブスクリプションにはRedshift付やMaxon Oneなどありますが、どれもToolfarmが1番安いです。
一応料金表を載せますね。

Cinema4D(Redshift付)サブスクリプションの料金表
販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 117,700 円
公式サイト 117,700 円
Toolfarm 107,000 円(クーポン適用で101,650円)
インディゾーン 111,760 円
ボーンデジタル 111,760 円
Maxon Oneの料金表
販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 156,200 円
公式サイト 156,200 円
Toolfarm 142,000 円(クーポン適用で134,900円)
インディゾーン 148,390 円
ボーンデジタル(CGiN) 149,600 円

上記はいずれもToolfarm限定クーポンが使えるので、さらに5%OFFで購入できます。
価格が高いとクーポンの効果が大きいのでありがたいですね。






さてお次は永続ライセンス。

Cinema4D(永続ライセンス)の料金表
販売サイト(商品リンク) 料金
フラッシュバックジャパン 414,700 円
公式サイト 414,700 円
Toolfarm 377,000 円(クーポン適用で358,150円)
インディゾーン 393,910 円
ボーンデジタル(CGiN) 407,000 円

永続ライセンスの場合も同様にToolfarmが安いですね。同じくクーポンコードも使えます。
元々の価格が高いので6万円弱は安く購入できますね。。。

とまぁたくさん料金表をのせましたが、どれもToolfarmが安いという結果です。
新規ライセンス購入だけでなく、サブスク更新の場合も1番安いです。

飯塚
クーポン込でかなり安くなりますからね。ぜひコードがなくなる前にご活用ください。
2021年12月14日速報
なんと、MaxonがZBrushのメーカーであるPixologicの資産を買収するというニュースが。
今後もしかしたらZbrushもMaxon Oneで使えるようになるかも・・・?
ただ、そうなると値上げの可能性がありますね。。。
MaxonOneの購入を検討している方は値上げ前にお早めの購入をおすすめします。

Toolfarmでの購入方法・限定クーポンコードの使い方

購入方法とクーポンの使い方を解説します。

まず、Toolfarmで購入の際はMaxonアカウントのメールアドレスが必要です。
まだアカウントを持っていない方は作成しましょう。







Maxonの公式サイトにアクセスし、右上のヒトのマークをクリック。







するとログインページに遷移するので、「サインアップはこちら」をクリック。
サインアップ、つまり新規アカウント作成のことですね。







必要事項を入力し、同意しますのチェック欄にチェックし、続けるをクリック

その後確認メールが届きますので、届いたメールの“メール確認”をクリックすれば登録完了です。
これで準備は完了。Toolfarmにて任意のアイテムのページへいきましょう
参考 : https://flashbackj-general-storage.s3.amazonaws.com/data/maxon/document/subscription/MyMaxon.pdf







Maxonアカウントのメールアドレスを、Toolfarmで購入の際に打ち込みましょう。
そして、「ADD TO CART」をクリック







すると、このような画面が表示されますのでCouponの場所に「MYCART」と入力し、「APPLY」をクリック







その後カートの画面に遷移します。
赤枠で囲ってある表記が出たらクーポンコードの適用に成功しています。

今回の例でいうと、3850円割引されていますね。
あとはクレジットカードなりPayPalなりでご購入ください!

注意
クーポンコードは数量限定です。
一定の使用回数に達しますと、予告なく終了します。ぜひお早めに。

Cinema4Dにセールはないの?


これまで書いてきた安く買う方法は、非セール時の話でした。

Cinema4Dはごく稀にセールを実施しています。
1年ぐらい前に15%OFFセールや30%OFFセールはありました。

ただ元の値段が高い販売店でのセールだったりするので、結局の値段はToolfarmで買った場合とさほど変わらない事も。

さらに!セールは不定期なので時期が全く予想できません^^;
よって、セールを狙い撃ちして買うのはなかなか難しいかと。

毎年セールが決まった時期にあるなら狙ってもいいんですけどね。
去年サマーセールがあったので今年もあるはず!と予想していた人は多かったですが、今年は開催されませんでした。

なので、基本セールは待たなくても良いと思います。
Toolfarmの5%OFFクーポンも数量限定で、いつなくなるかわからないですしね。

飯塚
ちなみに僕はセールを待たない派です。セールを待ち続けて1年経っていたなんてことになるのが嫌なので。
でもまぁその辺はお好みでOKかと!
2021年12月2日 追記
11月30日までフラッシュバックジャパンでブラックフライデーの10%OFFセールがありました。
単体のサブスクが84,700円 → 76,200円

ただ、Toolfarmでクーポンを使った方が安い(73,150円)という結果です。
年1のブラックフライデーでこれなので、今後20~30%OFFのセールは中々ないかもしれませんね。。

【余談】サブスクと永続ライセンスどっちがおすすめ?

【Cinema4D】サブスクリプションと永続ライセンスはどっちがおすすめ?【価格、比較】 上記記事にまとめました。
結論は価格やアップデートを考慮すると、サブスクの方がおすすめです。

まとめ


  • Cinema4Dを最も安く買う方法は「Toolfarmで限定クーポンコードを使用して購入!」
  • セールは基本待たなくても良い
»Cinema4D

こういった高価な製品はなるべく安く買いたいですよね。
調べてもなかなか情報が出てこないのでまとめました。
どれも1万円以上安くなるのでお得です。

【限定クーポン有】After Effectsのプラグインを安く買うなら「Toolfarm」【おすすめサイト】 実はToolfarmはCinema4Dに限らず、クーポンコードを使うとプラグインやスクリプトも安く買えるのでぜひご活用ください。
※記事タイトルがAfter Effectsとなっていますが、Cinema4Dのプラグインでもお安く買えますのでご安心を。

それでは今回の記事は以上です。
このブログでは他にも3Dソフトに関するチップスをたくさん載せています。

特にCinema4Dは現状、日本語の情報がかなり少ないですからね。
なので僕は「Cinema4Dは英語がわからないと詰む」という現状を打破すべく活動しています。
» 他の「Cinema4D」の記事を見る




Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるCinema4Dの豆知識集【Twitterで定期的にツイートしています】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です