【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【AfterEffects】起動時テンプレートの設定方法【まずやるべき初期設定の1つ】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回はAfterEffectsにおける新規プロジェクト読み込みテンプレートについて解説します
これで作業効率を爆上げしよう

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

それではいきます。

新規プロジェクト読み込みテンプレートとは?

AfterEffectsにおいて、新規プロジェクトを作る度に読み込まれるテンプレの事

Cursor と Adobe After Effects 2020 名称未設定プロジェクト

通常、AfterEffects起動時は画像のように空の状態のプロジェクトから始まるのですが






DisplaysExtra と AppleBluetoothExtra と AirPortExtra と Item 0

テンプレを設定しておくと任意のフォルダやファイルを起動時に生成させる事ができます

飯塚
毎回同じフォルダを作る手間が省ける!

やり方

今回はmacの画面で説明していますが、もちろんwindowsでも同様に出来ます

テンプレ用のaepファイル作成

起動時に読み込ませたいaepファイルを作ります。
※ aepファイル = AfterEffectsのプロジェクトファイル

AfterEffectsを立ち上げ、任意のフォルダを作ります






適当な場所に保存
名前も任意の名前でOKです

今回は「AfterEffectsテンプレ.aep」としました
これで準備完了です

テンプレートに設定

Cursor と AE MenuID 0160 Title Preferences Preferences と  と Item 0

先ほど作ったファイルをテンプレートとして設定します
環境設定の新規プロジェクトを選択

AfterEffects → 環境設定 → 新規プロジェクト (Mac)
編集 → 環境設定 → 新規プロジェクト (Windows)

環境設定

新規プロジェクト読み込みテンプレートにチェック






先ほど作ったテンプレファイルを選択 → 開く





Cursor と 環境設定

OKを選択

以上です!

動作確認

Cursor

AfterEffectsを普通に起動






「AfterEffectsテンプレ.aep」が読み込まれ、起動時からフォルダが生成されてます!
毎回フォルダを作っていた人にとってはかなり時短になりますね

もちろん、元のテンプレファイル自体を開いているわけではないので
保存しても元のテンプレファイルが上書きされる事はありません

テンプレートサンプル

以下のリンクより僕が使っているテンプレートをダウンロードできます
参考にしてください

AfterEffectsTemplate

After Effectsで他にもやるべき初期設定

今回紹介したテンプレートはぜひAfter Effectsユーザーに最初にやって欲しい設定でした

AfterEffects初心者がやるべき初期設定5つ&プラグイン1つ紹介 他にもやっておくべき初期設定をまとめた記事がありますので、
ぜひこちらも合わせてご参考ください!

まとめ

  • AfterEffects起動時にテンプレートを利用可能
  • 環境設定 → 新規プロジェクトから設定
  • 作業効率アップ!
いかがでしたでしょうか

作業効率アップは単価アップに直結!
是非実践しましょう

フォルダだけでなくよく使う動画ファイルやBGMファイルなどをテンプレの中に入れてもいいかもしれません

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です