【AfterEffects】初心者がまず覚えるべきエクスプレッション5選!詳しい解説&使用例も!

こんにちわ!

こんな感じのCG合成動画チャンネルを運営中のファイアー飯塚と申します!

 

 

本日は!超初心者用記事!

AfterEffectsでまず覚えるべきエクスプレッションを4つ紹介します!

飯塚
実用例も一緒に紹介!

まず覚えるべきエクスプレッション4選

結論から書くと以下の4つです

  • time
  • wiggle
  • loopOut
  • value

 

それぞれ解説していきます!

その1:time

概要:時間と共に増加する

用途:永遠に動き続けるものを作成

 

もはや使わない人はいないでしょう

time × 数値

という使い方が一般的です

 

 

使用例を見ていきましょう

 

 

カニ君の回転にエクスプレッションを適用し、time × 30と打ち込んでみました

これの意味は「1秒間で30度回転する」と言う意味です

 

 

ゆっくりと回転していますね

 

 

お次は位置にエクスプレッションを適用してみましょう

現在の位置からゆっくり下がるカニを作りたいと思います

 

 

位置はxとyという2次元からなりたっているので

[960 , 540 + time×50]

のように記入します

 

x軸は960の場所のままで、y軸は540という位置から1秒で50だけ移動する

という意味になります

飯塚
実際に適用してどのように動くか試してみましょう!

その2 : wiggle

概要:不規則に動かすメソッド

用途:うねうね動くものを作成(適当)

 

 

用途の欄思いつかないんで適当に書きました。笑

 

 

wiggle(数値 , 数値)

と記入します

 

 

1つ目の数値は周波数です

動きの速さという認識でOK

 

2つ目の数値は振幅です

動きの大きさという認識でOK

 

 

実際の使用例を見てどのようなエクスプレッションか理解しましょう

 

 

カニさんの位置にwiggle(30,40)を適用しました

1秒間に30回、40の大きさで動きまくる

という意味ですね

さてどのような動きになるでしょうか

 

 

ちょこまかと動いてますね!

このように不規則に動かしたい時に用います

 

 

このwiggleはカメラの手ブレ再現に使われたりもします

 

 

こちらのカメラを使った映像に手ブレを加えたい時

 

 

カメラのx回転に

wiggle(0.4 , 5)

を適用すると、良い感じの手ブレを再現できます

 

 

今回の映像は短い & gifアニメで少しわかりにくいですが、手ブレを再現してみたい時は試してみてください!

飯塚
wiggleは有用なのだ

その3 : loopOut

概要:キーフレームをループさせるメソッド

用途:振り子など行ったり来たりさせたい時に使う

 

 

これもかなり便利なエクスプレッションです

loopOut("文字列")

と記入しましょう

 

 

実際は

loopOut(type = "文字列",numKeyframes=数値)

のようにややこしい書き方なんですが、いろいろ省略できるので最初は

loopOut("文字列")

でOKです

 

 

文字列は

cyclepingpongだけ覚えましょう

他にもありますが、最初はこの2つで十分使えます

 

 

つまりは

 

loopOut("cycle")

loopOut("pingpong")

 

の2つを使いこなしていきましょう!Oは大文字なので注意!

実際の例をみていきます

 

 

右移動するカニをキーフレームで作りました

これにloopOutを適用してみましょう

 

 

上がloopOut("cycle")、下がloopOut("pingpong")

違いがわかりますかね?

 

 

cycleキーフレームをひたすら繰り返します

一方、pingpong再生→逆再生を繰り返します

まさに卓球(ピンポン)のような動きをするわけです

用途によって使い分けましょう

 

 

飯塚
まずはcycleとpingpongをマスターだ!

その4 : value

概要:設定値

用途:値をそのまま用いたい時に使う

 

 

その4にしていますが、このエクスプレッションは個人的にめちゃくちゃ重要やと思ってます

知らないと苦労する場面が結構ある(気がする)

具体例を用いて解説していきます

任意の角度から回転をさせるエクスプレッションを作りたいと思います

 

 

 

160度傾いたカニがあります

このカニを回転させます

 

 

回転にtime×50を適用しました

これで回転します

が!0秒の位置で角度が0度になっています

 

 

先ほど160度が消えて0度から回転するようになってしまいました

160度から回転するためには、どうすれば良いでしょうか

 

 

160 + time×50

こうすれば0秒の位置で160度となり

160度から回転するようになりました

 

 

このやり方ではいちいちエクスプレッションの数値を変えなければならず、結構面倒です

エクスプレッションの数値を変えずに、任意の値から回転させるにはどうすればいいのか

さて、この160度をvalueに変えてみてください!

valueと言うのは「設定値」です

この状態で回転の角度を変えるとその値がvalueとなり、設定値から回転されるようになります

 

 

valueは設定値を用いることができるので便利

value + エクスプレッション

という使い方がポピュラーになるかと思います

さらにエクスプレッションを勉強したい方は・・・

今回の4つエクスプレッションをマスターできた方!

さらにエクスプレッションの知識をつけたくなったかもしれません

 

 

そんな方にはこちらの記事をおすすめします

初心者におすすめ!「エクスプレッションがわからん! はじめてのAfter Effects エクスプレッション奮闘記」レビュー

 

 

記事で紹介されている参考書は全く知識が無い状態で読みましたが、かなり勉強になりました

kindle unlimitedで読めるのでおすすめです

まとめ

  • time
  • wiggle
  • loopOut
  • value

実用的で、色んなチュートリアルにも頻繁に出てくるエクスプレッションです

ぜひマスターしましょう!

 

それでは!

本書はエクスプレッションのコツを優しく明解に解説します。エクスプレッション初心者のみならず、基礎事項を確認したい方にも最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です