300以上のショートカットを登録!作業効率化ツール「Orbital2」をレビュー!【左手デバイス】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

 
さて!今回はタイトルにもあるとおり!
クリエイターを科学する、ミライの左手デバイス「Orbital2」のレビューを行いたいと思います!!!
 
 
飯塚
噂通りの作業効率爆上げツールだった!
 

あらゆるキーボード操作を、Orbital2ひとつで。オービタルエンジン :クリエイティブ作業でよく使うショートカットキーを8つの方向に割り当てることができます。「倒して、回す、押す」この3つの動作の組み合わせで「300以上」のショートカット入力が可能。

Orbital2公式サイト

Orbital2とは?

Orbital2(オービタルツー)は、クリエイターのクリエイティブシーンにおける、
キーボード操作を無くす事を目的に開発されたクリエイターのための入力デバイスです。

独自の機構を採用することにより、過去に類を見ない水準で
高機能性と小型化の両立を実現しています。

マウスやペンタブレットの最高の相棒として、様々なクリエイティブアプリケーションに対応し、
「ショートカットキーを用いる以上の作業時間の短縮」と「疲労の緩和」を実現します。

公式サイトより抜粋

Orbital2はいわゆる左手デバイスですね。

「倒す」「回す」「押す」の3つの動作を組み合わせることにより、300以上のショートカットを登録する事ができます
 
 

キーボードに代わるミライの左手デバイス!とうたってはいますが、
正直キーボードをなくすことは厳しいかなと。
とはいえ!かなり便利であることは間違いなし。

「両手が必須なキーボード操作を任せる」がベストと個人的には思っています。
 
 

飯塚
そんなOrbital2を実際に使ってみたので徹底レビューしていくぞ!

外観・パッケージ内容

パッケージ内容は以下の通り!

  • Orbital2
  • USBケーブル(microB)
  • クイックマニュアル
 
 

Orbital2の大きさはこんな感じ 水・・・笑
後ほど感想でも書きますが、思ったよりコンパクトでした!

飯塚
では早速使っていく

セットアップ方法

Orbital2導入方法のページに沿ってセットアップしました

簡単に流れを書いておきます
 
 

Orbital2ポータルサイトのDownloadメニューから、お使いのOSを選んでSoftware/Driverをクリック

今回は僕のwindowsPCの例をお見せしますね
 
 

ドライバとソフトウェアの2つをダウンロード&インストールします
※Macの方は2つのドライバをダウンロードする必要があるのでご注意を
 
 

Orbital2 Core Settingを起動し、USBケーブルでPCとOrbital2をつなぎました!
そしてタスクバーから接続すると・・・
 

Orbital2が光った!無事接続できました

セットアップは以上です
特に難しくなく、簡単にできましたね
 
 

飯塚
Orbital2導入方法 ← これ見てやるのが1番いいぞう

ショートカットキーを絡めたOrbital2の活用方法

さて!接続もできたことなので早速使ってみます!

今回はAfter EffectsにてOrbital2を活用してみましょう

飯塚
もちろん他のソフトでも使い方は変わらないからね

プロファイルの設定

プロファイルを設定します

プロファイルとはOrbital2へ割り当てを行ったキー設定を集約したファイルのこと

1から設定することもできますが、今回はポータルサイトからAfterEffects用のプロファイルをダウンロードしましょう

今回は我がエコーメンバーのキノモトキリンさんのをいただいちゃいます!
 

プロファイルダウンロードページ-Windows

プロファイルダウンロードページ-Mac

上記URLからキノモトキリンさんをクリック!
 
 

Downloadをクリック

Win_AfterEffects_JIS-Kinomoto.jsonというものがダウンロードされますので、任意の場所に保存してください
 
 

Orbital2 Core Settingを開いて、開くをクリック
 
 

先程ダウンロードしたWin_AfterEffects_JIS-Kinomoto.jsonを開きます
 
 

これでキノモトキリンさんのプロファイル設定になりました
つまりキノモトキリンさんが設定したショートカットキーを使えるようになっています

Flat Ring設定をクリックしてみてください
 
 

ショートカットが割り当てられているのが確認できますね
他の設定ものぞいてみてください

オリジナルの割当をいくつか登録してみる

ただ、全部同じものを使ってもおもしろくないので オリジナルの割当も登録してみましょう

以下の3つを登録したので紹介します

  • プリコンポーズ
  • wiggleテキスト入力
  • ワークエリア変更 → コンポの長さをトリム
 
 

フラットリングの下ボタンでプリコンポーズできるようにしちゃいます
プリコンポーズはよく使うのでね!
設定をクリック
 
 

キーストロークからこのような設定にします

Shift + Control + C はプリコンポーズのショートカットですね
 
「キーストロークを入力」のところでは、タイピングで入力するのではなく実際にショートカットキーを打ち込まなければいけないのでご注意を

OKをクリック!

注意

2020年6月現在、最新版へのアップデートで設定画面のUIが変更され、

右下の「OK」ボタンが「保存」ボタンに変更になり、視認性が向上しています。

 
 

お次はwiggleを登録

Orbital2はテキストの自動入力もできるので、wiggle(10,10)と打ち込んでおけばOK
 
 

飯塚
長いエクスプレッションとかを登録しておけばかなり楽になりそう
 
 

最後は
ワークエリア変更 → コンポの長さをトリム
の一連の動作をマクロで登録します
 
 
プログラムマクロタブを選択し、記録開始を選択

その後、登録したい一連の動作を入力すれば勝手にマクロを登録してくれます
 
今回はショートカットキー
N → F5
という一連の動作を登録しました
 
 
 

設定が終わったら保存をクリック
 
 

飯塚
ではAfterEffectsで使ってみるぞ

AfterEffectsで実践!

まずはクルクル回してみました
映像のほうがわかりやすいと思ったので映像で

まさに左手革命!
 
 

僕が設定したプリコンポーズもしっかりと機能しました!
キーボードショートカットよりも遥かに楽ですな
 
 

wiggleもマクロも問題なく動いてくれました
 
 

飯塚
自分好みのショートカットをカスタマイズだ!

料金

税込価格 35,200円

上の画像は公式オンラインショップより
色んなグッズもありますね
 
 

あらゆるキーボード操作を、Orbital2ひとつで。オービタルエンジン :クリエイティブ作業でよく使うショートカットキーを8つの方向に割り当てることができます。「倒して、回す、押す」この3つの動作の組み合わせで「300以上」のショートカット入力が可能。

感想

ざっくりと感想を書いていきます!

作業効率化を実感

実際に使ってみて、作業効率アップを実感しました
特にマクロ機能が良いですね
 
 

飯塚
いつも同じ操作をする人は間違いなく重宝すると思う。

Joystickのぷらぷらと、ボタンは少し微妙



そこまで気にはならないですが、少しJoystick部分がぷらぷらする印象。
また、ボタンが飛び出ているものではないので、少し押しにくいですね。

飯塚
この辺は改善点かもしれない

コンパクトで場所をとらない

最初に感じたのが
思ったより小さい!
でした
 
 

マウスよりもちょっと大きいぐらいを想像していました笑
コンパクトサイズなのでデスクの場所をとることがなくていいですね

飯塚
あと130gと軽いです

使い方が簡単

こういったツールにありがちな「使うまでの設定が大変」という事は感じませんでした
ドライバと設定ツールをインストールするだけなので簡単ですね
 
 
マクロを登録するとなるとややこしい部分があるかもしれませんが、ひとまずショートカットを登録するだけなら即日でできます

飯塚
色んな人のプロファイルが公式HPからダウンロードできるのも良い

ポータルサイトが親切

ポータルサイトが結構神です
購入してなにをすべきかがすぐわかります

飯塚
こういう購入者への配慮はとても素晴らしい!

お値段は高め

先程料金でも書きましたが税込35,200円とお値段は結構します
他の左手デバイスと比較すると高めですね。

飯塚
値段がネックな人は、他の左手デバイスを検討してもいいかも!
【どっちがおすすめ?】TourBox NeoとOrbital2の違いを解説!数ヶ月以上使用した感想 参考までに、上記記事でTourBox Neoと比較解説をしました。
ぜひぜひ。

まとめ

  • Orbital2で作業効率アップ
  • 親切なポータルサイトのおかげで簡単に使える
 
いかがでしたでしょうか?
 
 
自分の作業を振り返ってみてください
同じ動作を毎日時間をかけてやっているのであれば、Orbital2のような左手デバイスをおすすめします
 
 
AfterEffectsで言うならば
プリコンポーズ、エクスプレッション、トランスフォーム系...etc
色んなところで時短ができそうですよね
 
 
値段が高い!と悩んでいるのであれば、他の左手デバイスでもいいかもですね。
とりあえず左手デバイスというものの良さを共有したい。

左手デバイスであなたも時短生活始めませんか?
ぜひご検討ください
 
 

それでは今回の記事は以上です。
このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

それでは!デリュージョン飯塚でした。



あらゆるキーボード操作を、Orbital2ひとつで。オービタルエンジン :クリエイティブ作業でよく使うショートカットキーを8つの方向に割り当てることができます。「倒して、回す、押す」この3つの動作の組み合わせで「300以上」のショートカット入力が可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です