【2021年8月最新】AfterEffectsの料金まとめ!1番安く買う方法は?セール時期は?【初心者必見】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

本日は、AfterEffectsの料金についてまとめました!
結論から言うと、
社会人の方はスクール経由で購入すべき
学生の方は公式から購入すべき
です!!!

飯塚
購入前の参考にしてください!
MEMO
「AfterEffectsの料金」と書いていますが、この記事ではAdobe Creative Cloud コンプリートプランに焦点を当てて記事を書いています。

AfterEffectsの料金は?どういう買い方がある?

まず、AfterEffectsは月額(年額)制です
買い切りと言う手段はありません
ずっと料金を払い続ける必要があります

現在、AfterEffectsは主に

  1. 公式
  2. Amazon
  3. スクール経由
の3つの方法で購入可能です
そして購入する方法によって料金が異なります

プランや購入場所など比較してまとめましたので、ぜひご参考ください

まず結論:安く買うためには社会人はスクール経由!学生は公式!

社会人はスクール経由!学生は公式

です!

以下、基本料金をまとめた表になります
セール以外での料金です。セール時期だとさらに安くなります。

公式から購入 Amazon スクール経由
社会人 65760円(税別) / 年 65760円(税込) / 年 72000円前後 (税別)
学生 26160円(税別) / 年 35760円(税込) / 年

この表はAdobe Creative Cloud コンプリートプランの場合です
コンプリートプランとはAfterEffectsだけでなくAdobeのソフト全てが使えるプラン
単体購入は公式でしか買えないので比較はなし
AfterEffectsだけほしい!という方は公式から単体購入するしかありません

あれ?スクール経由高いじゃないかよ!と思うかもしれませんが、スクールはセールで半額ほど安くなるのです

コンプリートプラン単体購入の話は次項から説明しますので読み進めてください!

公式から購入する場合


まずはAdobe公式から購入する方法
公式から購入するメリットはやはり安心感でしょうか

社会人の場合 Adobe AfterEffects(単体) Adobe Creative Cloudコンプリートプラン
年間プラン
(月払い)
2480円(税別) 5680円(税別)
年間プラン
(一括払い)
26160円(税別)
(2180円 / 月)
65760円(税別)
(5480円 / 月)
月々プラン 3480円(税別) 8980円(税別)

 

学生・教職員の場合 Adobe Creative Cloudコンプリートプラン
年間プラン
(月払い)
1980円(税別)
年間プラン
(一括払い)
23760円(税別)
(1980円 / 月)

Adobe Creative CloudコンプリートプランっていうのはAdobeの製品全部使えるプラン
他のアプリケーションは要らないって人はAfterEffects単体でOKかと

さてさて

  • 年間プラン(月払い)
  • 年間プラン(一括払い)
  • 月々プラン
この3つのプランがややこしいですよね・・・
まず年間プラン月々プランを選びます
年間プランの場合は1年契約なので、1年間はお金を払い続けなればいけません
その1年間のお金を1ヶ月毎に払うのか、1年分1度に払うのか選択します
もちろん、1年分1度に払ったほうが少しお得

月々プランも1ヶ月に1度払うタイプですが、
1年間払い続けなければいけない決まりはなく、いつでもやめることができます
ただし、割高

学生の場合はコンプリートプランがめちゃくちゃ安く買えます
学生の方は公式から買うと1番安いです

自分に合ったプランを選びましょう!

飯塚
年間プランは安いけど1年間契約!
月々プランは高いけどいつでもやめられる!

Amazonから購入する場合

Adobe Creative Cloud(クリエイティブ クラウド、別名CC)は、アドビが提供する定額制サービス。コンプリートプランは、Photoshop・Illustrator・Acrobatほか、アドビが提供する20種類以上のソフト・アプリを利用できます。

社会人の場合 Adobe Creative Cloudコンプリートプラン
年間プラン(一括払い) 65097円(税込)(5424円 / 月)

 

学生・教職員の場合 Adobe Creative Cloudコンプリートプラン
年間プラン(一括払い) 35760円(税込)(2980円 / 月)

Amazonと公式一緒の値段かよ!って思うかもしれませんが、Amazonは税込価格です
よって公式よりおよそ10%安い
ただし学生の方は公式の方が安い

飯塚
AmazonではAfterEffectsを単体で買えない

スクール経由で購入する場合(社会人にオススメ)

社会人の方はこれが1番安く買えます!

先程の表では72000円と書きましたが、
セール時、1年間のAdobe Creative Cloudが税別36000円ぐらいで購入可能

社会人でもコンプリートプランを学生値段で購入可能です

別記事にまとめましたのでご参考ください
【2021年8月最安値】Adobe CCが約36000円!通信講座「たのまな」で購入&更新する方法

それぞれのセール時期は?

色々書きましたが、それでもAmazonがいい!公式がいい!など色々あるでしょう
そんな人のためにそれぞれのセール時期をまとめましたのでご参考ください!

公式のセール時期

2018年

  • 2/5 ~ 3/2
  • 4/2 ~ 4/6
  • 5/26 ~ 6/1
  • 8/24 ~ 8/31
  • 10/25 ~ 11/2

 

2019年

  • 7/1 ~ 7/5
  • 9/2 ~ 9/6
  • 11/18 ~ 11/29

 

2020年

  • 4/8 ~ 6/30

公式では年に数回あるようですね


平均して20%オフぐらいみたい
単体プランだと41%オフなんてのも見たことがあります

飯塚
公式を時々チェックしよう

Amazonのセール時期

2018年

  • 4/2 ~ 4/6
  • 5/7 ~ 5/11
  • 5/31 ~ 6/1
  • 7/2 ~ 7/6
  • 7/16 ~ 7/17
  • 7/30 ~ 8/3
  • 10/25 ~ 11/2
  • 11/24 ~ 11/30
  • 12/10 ~ 12/11

 

2019年

  • 2/1 ~ 2/3
  • 2/27 ~ 3/1
  • 5/11 ~ 5/13
  • 7/1 ~ 7/5
  • 7/15 ~ 7/16
  • 9/2 ~ 9/6
  • 11/18 ~ 11/29
  • 12/6 ~ 12/10

 

2020年

  • 3/25 ~ 4/10

Amazonは結構頻繁にセールがありますね!
Amazonのも20%オフぐらいでしょうか

スクールのセール

2ヶ月に1回ぐらいの印象。
1回のセール期間は長い事もありますが、一旦終わったら2ヶ月ぐらいはない感じですね
現在セール中なら終わる前に積極的に狙いましょう

【2021年8月最安値】Adobe CCが約36000円!通信講座「たのまな」で購入&更新する方法

余談:プラグインを安く買うには?


Toolfarmでの購入が1番安くておすすめです。


  1. フラッシュバックジャパンで購入
  2. 公式サイトで購入
  3. Toolfarmで購入

プラグインを購入しようとすると、大体この3択になるんじゃないかなと思いますが、
単純に値段が1番安いのがToolfarmなのです。

販売サイト 料金
フラッシュバックジャパン 28,600 円
Video Copilot 199.95 $(約22,165
Toolfarm 189.95 $(約21,056 円)

例えばElement3D。
上記の表はElement3Dの料金表なのですが、Toolfarmが1番安いですよね。


よく出てくるフラッシュバックジャパンは、実は結構割高なので注意したほうがいいです。
たまにセールとかありますが、それでもToolfarmのほうが安い場合が多い。


僕は割高なことに気がつかず結構無駄金を費やしてしまいました涙
何かとお金がかかる映像編集ですので、費用は安くおさえていきましょう!


飯塚
Toolfarmで揃えると結構節約になります。以下のコードでさらにお得にお買い物しましょう!
※Toolfarm Japanというサイトもありますが、こちらは料金が高めなのでご注意!
速報
Toolfarm様より5%OFFクーポンを発行していただきました!
もともと安いToolfarmでさらに安くなるのはありがたい。ぜひご活用ください。
クーポンコード:HIGHFIVE



チェックアウト or カートのページの右下にクーポンコードを打ち込む箇所があります。
ここにHIGHFIVEと入力し、APPLYをクリック








「Saving」と表示されればクーポンコードの割引が適用されます。

※注意
  • クーポンコードは数量限定です。一定の販売数に達しますと、予告なく終了するとの事。ぜひお早めに。
  • クーポンはほとんどの製品で使えますが、「aescripts社」の製品には使えませんのでご了承ください。
  • まとめ

    • 社会人はスクール経由が1番安い!
    • 学生は公式が1番安い!

    今社会人の方ですでに公式で買ってしまった!って人も更新をスクール経由でできます
    僕も今まで公式で購入していましたが、スクールで更新しました
    【2021年8月最安値】Adobe CCが約36000円!通信講座「たのまな」で購入&更新する方法

    同じ機能だったら安く利用したいですもんね!

    それでは今回の記事は以上です。
    このブログではAfter EffectsやPremiere Proなど編集ソフトのチップスはもちろん、
    映像編集の副業やyoutubeが伸びない人のための情報も随時更新しています。



    Twitterでは上記のような明日から使える編集チップスを日々呟いています。(主にAfter EffectsやCinema4Dが中心ですが・・・)
    フォローするだけで仕事で使える実践的な知識が身につくので、ぜひ遊びにきてくださいね。

    ※これまでつぶやいた豆知識は以下の記事に全てまとめています
    【随時更新中】今日から使えるAfter Effectsの豆知識集【Twitterより】

    それでは!デリュージョン飯塚でした。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です