【55部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

Thinkificで「できること」や「講座の事例」を紹介【オンライン講座におすすめ】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!オンライン講座プラットフォーム
Thinkific「できること」や、「実際の講座事例」をご紹介します!

この記事はこんな人におすすめ
  • Thinkificに興味があり、どんな事ができるか知りたい
  • Thinkificを使って作成した講座の例が知りたい
  • オンライン講座を作って販売してみたい
Thinkificについてよくわからない人でも、
この記事を読めば、Thinkificでどんな事ができるのか?
というイメージが沸くはずです。

この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

僕も実際にThinkificでオンライン講座を販売しています。
色々なオンライン講座プラットフォームがある中で、Thinkificがベストだと思い選択しました。

本記事でその講座もお見せしますね!

それではいきましょう!

2022年8月10日 速報
現在Thinkificでは、Proプランを1ヶ月無料で体験できるキャンペーンを開催中!!
Thinkificの機能を一通り体験できる数少ないチャンスです!この機会にぜひ!

※キャンペーンは予告なく終了する可能性があります。ぜひお早めに。

»ThinkificのProプランを1ヶ月無料で体験する


»ThinkificのProプランを1ヶ月無料で体験する
上記リンクにアクセス → メールアドレスを入力
→ I agree to Thinkific's Privacy Policyにチェック
→ 「Claim my offer!」をクリック

これでOKです。

あとは届くメールの指示に従ってご登録をお願いいたします!

Thinkificで「できること」



Thinkific「できること」をざっと紹介します。
よく使われる、重要なものを厳選してまとめました!

こんな事ができるんだ!という参考になれば幸いです。

MEMO
プランによってできることは変わってきます。
詳細に知りたい方は次章の「もっと詳細にできることを知りたい方へ(料金プランによる違い)」も合わせてどうぞ。

オンライン講座の作成

Thinkificではオンライン講座の作成ができます。

まぁこれは言わずもがなですね!
みなさんオンライン講座を作るためにThinkificを利用していると思います。








こちらは実際に僕が作ったオンライン講座の中身。※後ほどリンク付きで詳しく紹介
こんな感じの講座なら誰でも作れます。

飯塚
もちろん、プログラミングの知識とか、Web制作の知識はゼロで大丈夫。
どんな人でも簡単に作れるのがポイントですね!








講座を作る画面はこんな感じ。かなり直感的に作れるのでめちゃくちゃ簡単です。

MEMO
管理画面 → MANAGE LEARNING PRODUCT → Courseから作成可能。
飯塚
オンライン講座は「動画」による講義をイメージする方が多いと思いますが、講義の種類はそれ以外にもたくさんあります。
次で紹介しますね。

講義資料のDL、クイズ、テキスト、プレゼンテーション...etc



オンライン講座内では様々なものを生徒に向けて発信できます。
よく使われるものを例として挙げると、








講義資料のダウンロード








クイズ








テキストタイプの講義








プレゼンテーションタイプの講義

などなど!
動画講義だけでなく、生徒に色々なアプローチができるのは良いですね!

飯塚
オンライン講座プラットフォームでできることなら
基本なんでもできると思ってもらってOK!

ランディングページ(LP)の作成

Thinkificでは、オリジナルのランディングページ(LP)を作成する事ができます。
他のサービスと比べてデザインや機能が豊富なところが良い点です。








»ランディングページの例
ちなみに僕の講座のランディングページ(LP)はこんな感じ。
もちろんこちらもプログラミングの知識や、Web制作の知識はゼロで作れます。








こちらはランディングページ(LP)を作成する画面なんですが、
こんな感じでページをブロック単位で作っていくんですよね。

MEMO
管理画面 → DESINE YOUR SITE → Site pagesから作成可能。








ブロックの種類はかなり豊富で、サクサクと作成することができます。
飯塚
Thinkificはこのランディングページ(LP)が他のサービスと比べても優秀なんですよね。
自由度が高い、かつ、スピーディーに迷わず作ることができます。

アフィリエイト



Thinkificではアフィリエイト機能を使う事が可能です。
宣伝してほしい人にお願いして、売上に応じたマージンを与える、という機能ですね。

飯塚
講座が売れるには宣伝もめちゃくちゃ大事なので、
ぜひ活用していきたいところ
MEMO
管理画面 → MARKET & SELL → Affiliates

※アフィリエイト機能はBasicプラン以上で利用可能です。

買い切り、サブスクなど様々な価格設定



オンライン講座の価格設定に様々な種類を設定できます。

買い切り、サブスク、メンバーシップ、バンドル製品などなど。

飯塚
サブスクは今流行ってますし、定期的に収益が得られる良いシステムですね。

※サブスク、メンバーシップ、バンドルはProプラン以上で利用可能です。

クーポンの作成



Thinkificでは専用のクーポンを作成することができます。
定額か割引率の2種類があります。

飯塚
たまにキャンペーンとかでクーポンを発行することで、
購買欲を促進することができますよね。
普段の生活でもクーポンあったら買っちゃうもんな・・・

※クーポンはBasicプラン以上で利用可能です。

動画の一括投稿・ストック

Thinkificではオンライン講座で使う講義動画を、一括で投稿・ストックしておくことが可能。
これは他のサービスと比較して、とても、とても良い点








ThinkificにはVideo Libraryという機能がありまして、
ここは講義動画をストックできるようなところなんですね。

ここに動画を複数一気にアップロードできるんです。








こんな感じで一気にいけます。
これはかなり便利。

ライブラリーにストックしておく感覚なので、この時点で講座の構築をする必要はまだありません。
とりあえずアップロードだけしておこう!という事ができるわけです。
アップロードした動画を別の講座で使いまわすことも可能。

例えばTeachableだと、その都度1つずつアップロードしなきゃいけないんですよね。
使いまわしもできません。

飯塚
このVideo Libraryはかなり優秀で、
僕がThinkificを選んだ大きな理由の1つでもあります。

生徒の進捗状況確認



Thinkificでは生徒の進捗状況の確認が可能です。

まぁこれはどのサービスでもできることかもしれませんが!

  • 講座の完了率(%)
  • 名前
  • メールアドレス
  • いつ講座を始めたか
  • いつ講座を終えたか
  • などを確認できます。

    MEMO
    管理画面 → SUPPORT YOUR STUDENTS → Progress
    から確認。

    ドリップコンテンツの作成



    Thinkificではドリップコンテンツの作成が可能。

    ドリップコンテンツは講座のスケジューリングができるといった感じでしょうか。
    特定の動画は購入してから7日後から閲覧可能!みたいな設定ができるわけです。

    飯塚
    生徒の進みすぎ防止や、意図的に後半に公開したい講義動画がある場合に便利ですね。

    日本語化

    Thinkificでは、
    販売する講座の言語を全て日本語化することが可能。
    これもめちゃくちゃ良い点です。








    管理画面 → SETTING → Learning content → Language settings
    で「Japanese - 日本語」を選ぶだけでOK

    そもそも海外のサービスなんで、基本は英語になってるんですよね。
    これはThinkificに限らず、KajabiやTeachableもそう。
    なので、言語を日本語にしてあげる必要があるんです。

    例えばこれTeachableだったら、一つ一つ手動でしなきゃいけないんですね^^;
    決済時のテキスト、クーポン催促のテキスト、講座内のテキストなどなど。。
    日本語設定代行サービスもあるようですが、15,000円ぐらいとられるみたいです。

    これがThinkificなら設定一つで一発終了なので超楽。

    飯塚
    日本語訳が気に食わないところは個別に変更もできます。








    ちなみに、先程の設定をしても管理画面は英語のままなので注意。
    さっき紹介したのはあくまでも生徒さんが日本語で受講できる設定です。








    なので、管理画面はブラウザの翻訳機能で日本語にしましょう。(上記画像はChromeで翻訳した例)
    これで英語が苦手な方でも問題なく使えます。
    飯塚
    色々書きましたが、
    「とにかくThinkificは日本語設定が一瞬でできる!」
    と言うことですね。言語の心配はありません!

    Shopifyとの連携



    ThinkificはShopifyとの連携が可能です。
    しかもめちゃ簡単!僕は連携しています。

    ShopifyユーザーはThinkific一択なのではないでしょうか。
    僕もShopifyは愛用していたので、ありがたかったです。

    もちろん、絶対に連携しないと使えないというわけではありませんからね!
    今みてる人のほとんどはShopifyを使ったことないと思います。

    飯塚
    もしもShopify使ってるなら簡単に連携できるから便利だよーというぐらいです。

    もっと詳細にできることを知りたい方へ(料金プランによる違い)

    さて、ざっとThinkificでできることを紹介しましたが、
    さすがに全ては紹介できていないので、もっと詳細に知りたい方はぜひ公式サイトを!

    Thinkific公式サイト - 料金比較ページ
    上記からプランによる「できることの違い」を確認できます。








    下の方にスクロールすると、
    「See full feature comparison」
    とあるので、そちらから全機能の比較も確認できます。

    事例:実際に販売中の講座を紹介

    色々できることを解説しましたが、
    実際にThinkificで作られたサイトを見るとさらにイメージが沸くと思いますので紹介します。








    »Redshiftクルーズ
    僕がThinkificで作成したオンライン講座のページをぜひご参考ください。








    無料で講座の中身も見れるので、
    こんな講座が作れるんだ!と、かなり参考になると思います。

    飯塚
    これはもちろん講座の宣伝とかではないです!
    3Dソフトの講座なのでみなさんには全く興味がない物だと思いますしね^^;
    Thinkificでオンライン講座を作ったらこんな感じになるよーという参考にしていただければと思います。

    また、別の事例で言うと「Greyscalegorilla」というサイトのThinkificで作られていますね。

    Thinkific完全ガイド

    【完全ガイド】Thinkificとは?料金プラン、使い方、日本語化、他サービスとの比較など総まとめ 【完全ガイド】Thinkificとは?料金プラン、使い方、日本語化、他サービスとの比較など総まとめ Thinkificについてもっと知りたい方はぜひ上記記事をご覧になってください。

    • 使い方
    • レビュー
    • 他のオンライン講座プラットフォームとの比較
    • おすすめの料金プラン
    • 日本語化に設定する方法
    などなど、Thinkificに関する全ての情報をまとめています。
    ※本記事の内容も含む。

    これからオンライン講座を販売したい人はぜひご参考ください!

    まとめ


    • Thinkificでできることを紹介
    • おすすめポイントは「ランディングページの豊富さ」「Video Libraryの便利さ」「日本語化の容易さ」
    • 僕の講座をご参考くださいませ!
    いかがだったでしょうか。
    Thinkificでどんなことができるのか?かなりイメージが沸いたと思います。

    Thinkificは現在も僕が愛用している、おすすめのオンライン講座プラットフォームなので、
    ぜひ使ってみてくださいね。

    本記事がみなさまの参考になっていれば幸いです。

    それでは!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です