現在開催中のセール・クーポン情報はこちら!

【マニアが語る】3年使ってわかったMailchimpのメリット・デメリット【レビュー】

記事内に広告を含む場合があります

こんにちわ!
3D・映像編集者 & オンライン講師のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!
3年使ってわかったMailchimpメリット・デメリットについて解説!

この記事はこんな人におすすめ
  • Mailchimpの利用を検討中
  • 実際の利用者の声が聞きたい
  • 自社の売上を伸ばしたい・・・!

この記事を書いた人

デリュージョン飯塚

  • 3Dアーティスト・講師
  • 映像編集者
  • YouTuber
  • ブロガー・Web製作者

Twitter

3Dアート

IzukaEffects

ドラクエ

Game

お笑い

実際に3年以上Mailchimpを愛用している僕が
良い所(メリット)、イマイチな所(デメリット)をまとめました。

これからMailchimpをお使いになる方の参考になれば幸いです!
それではいきましょう!

2024年5月29日 速報

Mailchimp有料プラン30日無料で体験できるキャンペーンが実施中!

対象プラン:Standard、Essentials

条件:Freeプラン加入後、90日以内限定

30日体験できるのはもちろん、
実質30日分がタダになるのでお得なキャンペーンです。

キャンペーンはいつ終わるかわかりません!

気になっている方はぜひお早めに。


Mailchimpにアクセス → Pricing
から、まずはFreeプランに登録。

登録後、ダッシュボード画面にて無料体験のポップが表示されます。
「Start your free trial」をクリック。

するとプランのアップグレード画面に遷移しますので、
Start free trialから無料体験が可能です。

1ヶ月以内にFreeプランに戻せば請求はされませんので、ご安心ください。


3年使ってわかったMailchimpのメリット・デメリット【レビュー】

◎ → 良い所(メリット)
△ → イマイチな所(デメリット)
として解説します!

◎ 使い方がシンプル

まずMailchimpの最大の良い所は、
使い方がシンプルでわかりやすい点でしょう。

連絡先を追加 → メール作成 → 送信!
誰でも分かる簡単な流れでメルマガ配信ができます。

メールの内容は、要素を配置しながら直感的に作成が可能。
ドラッグ&ドロップで作ることができるので、パズルのように組み立てる事ができます。

送信先
送信元のアドレスと名前
※任意のものに変更可能
メールタイトル
送信時間設定
※「今すぐ」か「任意の日時」の2択
メール内容の再編集

上記はメールの送信先やタイトルの設定画面です。

①特定の人やグループにだけ送信ができたり、
④送信時間を設定できたり、
様々な設定ができますが、どれもワンクリックで簡単に構築ができます。

まぁとにかく、使い方がすごくシンプルでわかりやすい。

飯塚
飯塚

Mailchimp難しそう・・・と不安な方もいるかと思いますが、
きっと大丈夫です。

◎ 本格的なメールデザイン

Mailchimpを利用すると本格的なメールデザインが作れます。

例を挙げるとこんな感じ。

先ほども載せましたが、
デザインはパズルのように構築できるので簡単です。

要素も豊富なのでどんなメールも作れます。

複数列を使うこともできます。

また、1から作るのは難しそう...という方のために、
150を超えるテンプレートが用意されています。

最初は好みのテンプレートからスタートし、中身をいじるのが良いかもしれませんね!

「メールのデザインなんて適当で良いんじゃ?」
「テキストだけの普通のメールでも問題なくない?」

と最初は思っていました。

しかし、Mailchimpのデザインを使い出してから明らかに反応が良い方向に変わりました。

受信者の気持ちになると文字だらけのメールよりも、画像とかボタンがあった方がわかりやすいんですよね。
YouTubeの埋め込みもできますし、脳みそにダイレクトに届くようなデザインは必須です!

飯塚
飯塚

画像や動画はテキストよりも情報量が7と言われています。

◎ 特定の連絡先に向けてメールが送れる

先ほどもちらっと話しましたが、
Mailchimpでは特定の連絡先に向けてメールが送れる機能があります。

①の箇所で送信先が選べるんですよね。

Mailchimpでは任意の連絡先に、任意のタグを付与することができます。
また、そのタグの有無から任意のグループを作ることもできます。(※セグメントと呼ぶ)

「特定のタグが付いた人」「指定したセグメント」
に対してメールを送ることができるので、届けたい相手にメールをキッチリと送ることが可能。
これは便利です。

上記はセグメント作成の例。
画像のように様々な条件からセグメントというグループを作ることができます。

飯塚
飯塚

送信先を選定することで、ニーズに合ったメール配信が可能に。

より効果的な宣伝ができるようになるでしょう。

◎ 自動化機能のおかげで楽できる

MailchimpではAutomationという自動化機能があるのですが、これが秀逸です。

上記は自動化機能の作成画面です。
一例ですが、こんな感じの自動メールを作ることができます。

「特定のメール内のリンクがクリックされなかったら、Aというメールを送る」
「特定のメールがオープンすらされなかったら、任意のタグをつける」
「メルマガ登録後、特定のタグが付与されたら、メールを送る」
僕は上記のようなオートメーションを実装しています。

画像引用元:https://www.linkedin.com/pulse/how-use-mailchimp-automation-grow-your-email-list-ash-ahsan

ステップメールを送ったり、購入の催促をしたり、セール情報を購入していない人だけに送ったり、、、
使い方は発想次第で様々です。

とにかく!この自動化機能を使えば「楽」になります。

飯塚
飯塚

メルマガは売上を伸ばすためにやるはずです。
その作業に時間がかかりすぎてしまっては本末転倒!

オートメーションで、「楽」しましょう。

◎ 冗談抜きで売上が2倍に

Mailchimpを使い始めてから売上が2倍以上になりました。

単純に良い商品を頑張って作ったからじゃないの・・・?と思われるかたもいるかもしれませんが、
Mailchimpの力も大きいと断言できます。

これまで話したとおり、Mailchimpのおかげで
適切な連絡先にメールを送れるようになりましたし、
自動で販売の促進ができたり、より興味を惹くデザインを作れるようにもなりました。

たくさんの連絡先を管理できるようにもなったのも大きい。

執筆時点で、僕には835人の購読者がいます。
つまり、いつでも835人に一瞬で営業ができる状態なわけです。

例えば、僕が運営中のオンライン講座で、20,000円の講座ができたとします。
売上を伸ばしたいので、835人に講座リリースのお知らせをメール。

そして、3%の人が買ってくれたとしたら、25人です。
25 × 20000 = 500,000円

このように、一瞬で50万円もの売上を叩き出すことができました。
これはMailchimpで購読者を管理できるようになったからと言えるでしょう。

もちろん、現実はここまで単純にはいきませんが、
自分に購読者がいるというのはこういった状況なわけです。

飯塚
飯塚

Mailchimpで購読者を管理できるようになってから世界が変わりましたね。

これからも増やしていきたい!

◎ サポートが優秀。数日で解決。

Mailchimpはサポートが優秀です。
困ったことがあったら、問い合わせすれば迅速に解決してくれます。

経験上、数日で返信は返ってきますね!

Mailchimpは海外のサービスなので
そのあたりが不安な方がいるかもしれませんが、大丈夫ですよ!

△ UIが英語

さぁここまで褒めてばかりでしたが、ここからイマイチな所(デメリット)も。

Mailchimpは海外のサービスなので、もちろんUIは全て英語です。
これは英語が苦手な人にとっては大変かもしれません。

ブラウザの翻訳機能を使えば日本語にはできますけどね。
それでも慣れるまでには少し時間がかかるかも。

飯塚
飯塚

1ヶ月も使えば問題なく使えるようにはなりますけどね!

UIが日本語対応してくれたら尚良かった!

△ 聞き慣れない専門用語

Mailchimpは聞き慣れない専門用語単語がたくさん出てきます。

「Campaigns」「Audience」「Contacts」
などなど。

初見だとかなり混乱するでしょう。
正直、僕も最初はパニックになりました。

初めて使う人にとってはイマイチな所(デメリット)と言えるかもしれませんね。
もちろん慣れたらなんてことはないのですが。

飯塚
飯塚

ということで以下の記事に「まず覚えておきたい専門用語」をまとめましたので、
利用を検討している方はぜひ一度ご覧になってください!

△ 連絡先が500を超えると有料

Mailchimpは無料でも使えますが、連絡先が500を超えると有料です。

Mailchimp
リンクにアクセスし、上部メニューの「Pricing」から料金プランのページが見れます。

500まではFreeプランが使えるのですが...

500を超えるとFreeプランは選択不可に。
ずっと無料で使いたい人にとってはデメリットになるかと。

ただ、コスパはかなり良い方ですし、
連絡先が増えるにつれて料金が変わる、というシステムなので、
少ないうちはかなり安く使えます。

飯塚
飯塚

かなり安い値段で高機能なメルマガができるので十分コスパは良い方です!

【日本語完全マニュアル記事】Mailchimpのことをもっと知りたい方は…

おそらくこの記事を見ている方は
Mailchimpの情報を集めている方だと思います。

そんな方のために、全ての情報をまとめた完全マニュアル記事を作りました!

  • できること・機能一覧
  • メリット・デメリット(レビュー)
  • 使い方
  • おすすめの料金プラン
  • トラブルシューティング
  • …etc

記事の内容は上記のとおり。
※この記事の内容も含む

3年以上Mailchimpを使っているマニアな僕がまとめました。
Mailchimpで売上を伸ばしたい方はぜひ!

まとめ

  • ◎ 使い方がシンプル
  • ◎ 本格的なメールデザイン
  • ◎ 特定の連絡先に向けてメールが送れる
  • ◎ 自動化機能のおかげで楽できる
  • ◎ 冗談抜きで売上が2倍に
  • ◎ サポートが優秀。数日で解決。
  • △ UIが英語
  • △ 聞き慣れない専門用語
  • △ 連絡先が500を超えると有料

いかがだったでしょうか。
良い所(メリット)、イマイチな所(デメリット)をまとめました。

Mailchimpの総合的な満足度は、100点です。
3年以上使っているわけですしね。

間違いなく売上が上がっています。
商売している人はメルマガは絶対にやった方が良い。

少しでも参考になっていれば幸いです。
それでは!

Mailchimp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です