【80部突破!!】Cinema4D × Redshiftの日本語オンライン講座リリース!

【使い方】Cinema4DにおけるTourBox Neoの活用例【プリセット無料配布】

こんにちわ!
映像編集者のデリュージョン飯塚と申します!

今回は!Cinema4DにおけるTourBox Neoの活用例を紹介!
実際に僕が使っている設定をお見せします。

この記事はこんな人におすすめ
  • Cinema4DにおけるTourBox Neoの活用例を知りたい方
  • 購入を検討している人
この記事を書いた人
飯塚
  •     映像編集者
        (副業:20 ~ 30万円/月)
  •     youtuber
      (チャンネル登録者数:約25000人)
  •     web製作者
映像編集、3DCG、YouTube、ブログ、Web制作など色々やってる副業バカ。

編集速度が爆上がりしたので皆様に共有します。

それではいきましょう!

2022年10月4日 速報
公式様より本ブログ限定1000円OFFクーポンコードを発行していただきました。
クーポンコードはIZUKA-EFFECTS


公式HPにアクセスし、
「購入する」をクリック


「ご購入手続きへ → 」をクリック


クーポンコード入力欄にIZUKA-EFFECTSと入力し、適用するをクリック


これで1000円OFFクーポンが適用されました!
あとは画面の指示に従い、購入手続きをすればOK!

クーポンは今後予告なく終了する恐れがあります
ぜひお早めに。

関連記事 【限定クーポン有】TourBox Neoを最も安く買う方法を解説!安すぎる商品に注意【最安値】 TourBox公式HP
現在TourBox Neo公式サイトにてクリスマスセールを実施中です。
22,680円 → 17,600円
※公式サイトの表示価格が19,600円となっている可能性がありますが、カートに入れると17,600円になるのでご安心を。

さらに!公式様より本ブログ限定1000円OFFクーポンコードを発行していただきました。
クーポンコードはIZUKA-EFFECTS


公式HPにアクセスし、
「購入する」をクリック


「ご購入手続きへ → 」をクリック


クーポンコード入力欄にIZUKA-EFFECTSと入力し、適用するをクリック


これで1000円OFFクーポンが適用されました!
あとは画面の指示に従い、購入手続きをすればOK!

クーポンは今後予告なく終了する恐れがあります
一定の販売個数に達しますと、予告なく終了します。ぜひお早めに。

関連記事 【限定クーポン有】TourBox Neoを最も安く買う方法を解説!安すぎる商品に注意【最安値】 TourBox公式HP

Cinema4DにおけるTourBox Neoの活用例



こちらが僕が実際に使っているCinema4D用の設定です。








配置が見やすいガイド画面だと、こんな感じ。

飯塚
ショートカットをそのまま書いているのもあれば、機能名を書いているのもある。
ごちゃごちゃで申し訳ない。








トップにはU~Pのマクロを設定。
選択部分を別オブジェクトにするショートカットですね。
サイドにはPoint2Circleのショートカットを割り当ててます。

これらはよく使うので、ワンクリックでできるのは非常に便利









十字ボタンには軸や位置を調節するツールをまとめています。








右側のボタンではシェーディングを変えたり、ライブ選択、長方形選択のショートカットを割り当てています。
9と0はボタンを離した時にツールが切り替わるので、2回押し設定にしています。

N ~ C クイックシェーディング
N ~ D クイックシェーディング(線)
9 ライブ選択
0 長方形選択








スクロール系は何も登録していません。








ただしそれぞれをクリックする動作には、任意のショートカットを割り当てています。








Tourボタンにはガイドを割り当てています。
まさにこの画面が開くボタンですね。

飯塚
ボタンは一回じゃ覚えられないので、このガイドボタンは必須

打ちにくいショートカットを任せることで編集速度爆上がり

今回の設定のポイントは、打ちにくいショートカットキーを実装している点。

U~PやN~Cなど、「左手だけで打つのがめんどくさいショートカットキー」を割り当てています。

TourBox Neoの他の記事でも何度も書いているのですが、
こういった左手デバイスは「キーボードと両立して使う」のがベスト。

例えば頻繁に使うショートカットとして、「Ctrl + Z」や、「Ctrl + S」などがありますが、
これらは左手だけで簡単に押せるので、左手デバイスに登録するのはもったいないです。

色々使って試した結果、「左手だけで打ちにくいショートカット」を割り当てると編集速度が爆上がりしました。

飯塚
みなさんもぜひ真似してみてね。

プリセット配布

For_Cinema4D_IzukaEffects.zip
今回紹介した設定ファイルは、こちらからダウンロード可能です。

実際に僕が使っている「TourBox NeoのAfter Effects用プリセット」を配布 インポート方法は上記記事で詳しく解説しています。

TourBox Neoの情報 総まとめ記事

【完全ガイド】TourBox Neoレビュー!価格やセール、使い方、比較、開封など総まとめ 本ブログでは他にもTourBox Neoについての記事を書いています。
数ヶ月使ってみた感想、開封記事、Orbital2との比較、AEやC4D用プリセット配布などなど。

ぜひご参考ください。

まとめ


  • Cinema4DにおけるTourBox Neo活用例を紹介
  • 左手だけで打ちにくいショートカットを割り当てるべし!
頻繁に使うショートカットキーはTourBox Neoに割り当てることで、かなり効率があがります。
ぜひ試してみてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です